スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピック&ロールに対するディフェンス

ピック&ロールに対するディフェンスについて、あいまいにしか理解してなかったので調べてみた。

調査の結果、ディフェンス方法は大きく分けると6種類あることがわかった。その中のショーは、ボールハンドラーとスクリナーのシュートのうまさに応じて細分化されていることがわかった。

以下、この記事の内容を軽くまとめてみた。ダイアグラムや詳しくはそこで確認を。

(便宜上、この記事ではボールハンドラーをガードするディフェンダーをボールハンドラーDFと呼び、スクリナーをガードするディフェンダーをスクリナーDFと呼びます。)



6種類の主なディフェンス方法

1…ショー(スクリナーDFが一旦ボールハンドラーの動きを止める。)
2…トラップ(ボールハンドラーをダブルチームして、パスをさせるのが目的。)
3…スイッチ(同じサイズの選手同士でのP&R時に使う。)
4…スクイーズ&アンダー(シュートのうまいスクリナーを外に押し出す)
5…サグ(インサイドを守る。外から打たせる。)
6…ファン(ボールハンドラーを片方のサイドで囲む。)


1.ショー(=ヘッジ)

ボールハンドラーがシュート力のある選手の場合に使い、彼の動きを止めるために使うディフェンス方法。ショーにはハードショーとソフトショーの2種類がある。

ハードショー(=ハードヘッジ)は、スクリナーDFがベースラインに対して直角のスタンスで(=サイドラインに対して平行なスタンスで)ボールハンドラーの進路に体全体が見えるほど飛び出すディフェンス方法。スクリナーDFが大きく移動するので、スクリナーがシュートの下手な選手の場合に使う。ボールハンドラーDFの進路が3種類あるので、ハードヘッジは3種類ある。ショー&リカバー、ショー・ハイ・ロー、ショー&アンダーの3種類。

ソフトショー(=ソフトヘッジ)は、スクリナーDFが軽くヘッジして、ボールハンドラーをペイントエリアに進入させないように横に(=ベースラインに対して平行に)ドリブルさせるディフェンス方法。スクリナーDFはそれほど移動しないので、スクリナーがシュートのうまい選手の場合に使う。ボールハンドラーDFの進路が2種類あるので、ソフトヘッジは2種類ある。ソフトヘッジ&スルー、ソフトヘッジ&オーバーの2種類。

以下、ハードショー3種類、ソフトショー2種類について。

ショー&リカバー

ハードヘッジの一種。ボールハンドラーDFはファイトオーバーしつつ、スクリナーDFのオーバー(彼の前)を通る。スクリナーDFはボールハンドラーの進路を防いでドリブルのスピードを落とさせてから、ボールハンドラーDFがオーバーを通った後に、スクリナーをディフェンスするために戻る。ボールハンドラーがシュートのうまい選手の場合に使う。

オフェンス側の対抗策としては、ボールハンドラーがチェンジ・オブ・ディレクションでスクリナーのいないほうにドライブする、などがある。ディフェンス側はそうされないように、ボールハンドラーDFがボールハンドラーにプレッシャーをかけてスクリーンを使わせる。

show and recover kobe

[ショー&リカバー図解説]ボールハンドラーのコービーは赤の矢印方向に進もうとした。スクリナーDFのノウィツキーはそれを見て黄色の矢印の方向に飛び出してハードヘッジをして、今リング方向に戻ろうとしている。ボールハンドラーDFのキッドはノウィツキーのオーバーを通ってコービーに追いついた。ボールハンドラーのコービーはハードヘッジを見て一度止まったが、ヘッジが甘かったのですぐに再びドライブしてペイントエリアに進入し、得点した。

ショー・ハイ・ロー

ハードヘッジの一種。ボールハンドラーDFはファイトオーバーしつつ、スクリナーDFのアンダー(彼の後ろ)を通る。スクリナーDFはボールハンドラーのドリブルのスピードを落とさせてから、ボールハンドラーDFがアンダーを通った後に、スクリナーをディフェンスするために戻る。ボールハンドラーがシュートのうまい選手の場合に使う。

余談だが、ラリー・ブラウンは、ピック&ロールに対しては、ショー・ハイ・ローで対処するのを好む。また、彼はサイドピック&ロールではヘッジを好まず、ファイトオーバーで対処するのを好む。

show high low collison

[ショー・ハイ・ロー図解説]赤の矢印方向に進むボールハンドラーのダレン・コリソンを止めるため、スクリナーDFのボッシュが黄色の矢印方向にハードヘッジをした。ボールハンドラーDFのレブロンはファイトオーバーしつつ、スクリナーDFのアンダーを通って青の矢印方向に進んでいる。ヒートは、スクリナーのハンズブローより、コリソンを警戒したのかもしれない。

ショー&アンダー

ハードヘッジの一種。ボールハンドラーDFは、スライドスルーしつつスクリナーDFのアンダーを通る。ピック&ポップを警戒するときなどに使う。あまり使われない方法らしい。

show and under ellis wade

[ショー&アンダー図解説]ボールハンドラーのモンテイ・エリスは赤の矢印方向に進んだが、ボッシュのハードヘッジを見て止まった。ボールハンドラーDFのウェイドはスクリナーのデビッド・リーのアンダーを通って、青の矢印方向に進んでいる。この画像ではわからないが、ウェイドは左腕でリーを抱きかかえるように触っている。シュートのうまいリーの動きを制限してリングから遠ざけているのだと思う。

ソフトヘッジ&スルー

ソフトヘッジの一種。スクリナーDFは軽くヘッジする。ボールハンドラーDFはスライドスルーしつつ、スクリナーDFのオーバーを通る。スクリナーがシュートのうまい選手の場合に使う。

オフェンス側の対抗策としては、チェンジオブディレクション、もしくはアングルを変えてスクリーン。

soft hedge through rondo

[ソフトヘッジ&スルー図解説]ボールハンドラーのロンドは赤の矢印方向に進んでいる。ボールハンドラーDFのローズは青の矢印方向にスライドスルーしつつ、スクリナーDFのブーザー(黄色)のオーバーを通っている。この画像はサグのように見えるので例としてはあまり良くないかもしれない。ソフトヘッジ&スルーの映像自体が少ないので勘弁。

ソフトヘッジ&オーバー

ソフトヘッジの一種。スクリナーDFは軽くヘッジする。ボールハンドラーDFはファイトオーバーしつつ、スクリナーDFのオーバーを通る。

soft hedge over rose wade

[ソフトヘッジ&オーバー図解説]ボールハンドラーのローズは赤の矢印方向に進みペイントエリアに進入しようとしたが、スクリナーDFのマイク・ミラーが黄色の矢印方向にソフトヘッジをしたので、コートを横切るようにしか進めなかった。青の矢印のウェイドはファイトオーバーをしている。



2.トラップ(=ブリッツ)

ボールハンドラーにスクリーンを使わせ、ディフェンスの2人がボールハンドラーをダブルチームのように囲み、パスをさせるディフェンス方法。ボールハンドラーがスター選手の場合に使う。トラップ後はパスが予想されるので、ローテーションが大事。オフェンス側の対抗策は、スクリナーのロールなど。ディフェンス側がロールに対抗するには、スクリナーDFが両手を挙げながら戻るか、他の選手がローテーションで守る。

トラップの種類には、スクリーン成立前に囲むアーリートラップ、スクリーン成立後に囲むトラップなどがある。アーリートラップではスクリナーがよくフリーになるので、スクリナーがシュートの下手な選手の場合に使うほうがいい。

ハードヘッジと違う点は、こちらは基本的にローテーションをする点。ハードヘッジではスクリナーDFがスクリナーをガードするのが基本で、ローテーションはその次。

後述するファン(アイス)と違う点は、こちらはピック&ロールさせる場合もあるという点。アイスでは、ボールハンドラーDFがボールハンドラーに対してピック&ロールさせないように進路をふさぐ。

trap kobe

[トラップ図解説]わかりにくいが、ボールハンドラーのコービーがウェイドとダンピアに囲まれている。スクリーンを使った後に囲まれた。その後、矢印の方向にパスを出そうとしてターンオーバーになった。この画像を見ていると「すぐそばにいるフリーのスクリナーにパスをすればいいのに」と思ってしまうが、コービーはプレッシャーがきつくて混乱したのかもしれない。



3.スイッチ

ガード同士やフォワード同士など、似たような選手同士でのピック&ロールのときに使うディフェンス方法。ガードする選手を交換する。

ケビン・オニールコーチは、ショットクロックが8秒以下のときなどにスイッチを使う。ボールハンドラーDFをスクリナーDFのアンダーに行かせ、ロールをさせないようにする。また、スクリナーDFをスクリナーの横に行かせ、ボールハンドラーのドライブを防ぐ。



4.スクイーズ&アンダー

スクリナーDFがスクリナーをリングから遠ざけるように押すディフェンス方法。スクリナーのシュートがうまい場合に、ピック&ポップを防ぐために使うディフェンス方法。ボールハンドラーDFはスクリナーとスクリナーDFのアンダーを通る。そのため、ボールハンドラーがシュートの下手な選手の場合に使うほうがいい。

sq and under

[スクイーズ&アンダー図解説]サンズのスクリナーDF(黄色)がスクリナーのガーネット(緑色)を押してリングから遠ざけている。サンズのボールハンドラーDFはスクリナーとスクリナーDFのアンダーを通っている(青の矢印方向に)。ボールハンドラーのロンド(赤色)にシュートを打たせても良いが、ガーネットをペイントエリア内に入れないようにする、というかなり極端な守り方。



5.サグ(=シャドー、ソフト)

インサイドを守って、外は捨てるというディフェンス方法。スクリナーやボールハンドラーがシュートの下手な選手のときに使うディフェンス方法。スクリナーDFは引いてインサイドを守る。ボールハンドラーDFはファイトオーバーしてもスライドスルーしてもいい。トランジション時によく使われる。

sag.jpg

[サグ図解説]赤の矢印方向に進むボールハンドラーのルビオに対して、スクリナーDFは青の線の位置まで下がって守っている。ルビオはこの後ジャンプシュートを決めたので、作戦は失敗。キャブズ側は、ルビオのシュート力を甘く見ていたのかもしれない。



6.ファン(=アイス)

ボールハンドラーを中央に進入させないよう、片方のサイドに追いやるディフェンス方法。サイドピック&ロールから中央に展開されると外のシューターがフリーになるかもしれないので、ストロングサイドだけでプレーさせるために使うディフェンス方法。ボールハンドラーDFは、スクリナーとボールハンドラーの間に立って中央に進入されないようにする。スクリナーDFはウィークサイドに展開されないように守る。スクリナーがフリーになりやすいので、スクリナーがシュートの下手な選手の場合に使う。トラップの場合のようにローテーションが大事。サイドピック&ロール時によく使われる。

ice1.jpg

[アイス図解説]セルティックスのボールハンドラーDFが、赤の矢印の方向に進もうとしたネッツのボールハンドラーの行く手を防いでいる。この後、ネッツのボールハンドラーは、スクリナーにパスをした。ボールハンドラーにすばらしい突破力があれば、スクリナーDFのベースライン側のスペースにドライブしたり、スクリナーの下を通って中央に進入することができる。



その他

プッシュアウト

ボールハンドラーをスクリナーに近づけないようにして、ピック&ロールをさせないようにするディフェンス方法。ボールハンドラーDFがボールハンドラーの前できつくプレッシャーをかける。

ウィーク

ボールハンドラーにウィークハンド(ドリブルが苦手なほうの手)でドリブルさせるためのディフェンス方法。ボールハンドラーDFはボールハンドラーを誘導するようなスタンスをとる。また、ストロングハンド側サイドの他のディフェンダーはヘルプに行くようなフェイクをかける。ストロングハンドで強烈なドライブをする選手に対して使う。


参考資料
Hoopsplaybook
スポンサーサイト
[ 2012/01/14 13:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

とても詳しくかつ分かりやすい、素晴らしい記事ですね!
これからはディフェンスにも注目してNBAを観ていきたいです。

一つ質問があるのですが、「ファイトオーバー」ってどんなアクションですか?
「くっついておいかける」って感じかな?

[ 2012/01/14 21:00 ] [ 編集 ]

サンズのモリス君にも読ませたい解説ですね。まぁ、彼の場合はピック後のローテーションに問題がありそうですが。
こういうDFのシステムやローテーションを勉強したらNBAをもっと面白く観れるかもしれませんね。あ、サンズの場合は粗探しにしかなら…
スパーズやらロケッツのDFは心が洗われそうで、ファンの方が羨ましい。まぁサンズはあの危なっかしさが魅力なんですが…
[ 2012/01/15 19:22 ] [ 編集 ]

numbskullさん>
そんなかんじです。ボールハンドラーDFがスクリナーのオーバーを進むことです。

gophxsunsさん>
ピック&ロールに対する守り方を調査した後に試合を見ると、いろいろわかるようになりました。ボールハンドラーとスクリナーのどちらが警戒されているのか、とか。同じ方法でも監督によって使い方が違うんだな、とか。クリス・ポールはアイスを攻略して得点するのがうまいな、とか。ロンドはスライドスルー系の方法でよく守られているな、とか。自分はちょっと楽しみが増えました。
[ 2012/01/16 00:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/3206-2ea261fd







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。