スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バークリーの悩み相談室

以下、チャールズ・バークリーの記事より。彼が読者からの質問や悩み相談メールに返事をしている。いくつか訳してみた。

フィリーのスポーツについて

読者「私は46年生きてきましたが、地元のスポーツにとって、今年は本当にひどい年です。フィリーズは負け、イーグルスも連敗、シクサーズはプレーすらしていません。どうしたらいいんでしょう。いいチームはフライヤーズくらいです。今年のフィリーのスポーツに関してどう思われますか?」

バークリー「まずですね、私はバスケ以外のことに関する質問が嫌いです。テレビで、自分の専門以外のことについても専門家ぶって話す専門家とやらのようなばかと一緒にされたくありません。私だってバスケを知り尽くしているわけじゃない。でもバスケに関しては、何か知的なことを言う可能性が他の人より若干高いわけです。私はさっき言ったような専門家とやらが嫌いです。虫ずが走る。イーグルスやフィリーズに対する私の考えがどうだっていいじゃないですか。私はただの一ファンです。」

試合観戦について

読者「去年、9歳の娘を連れてイーグルスの試合を見に行きました。試合中、私の後ろの席にいたイーグルスファンの人が、汚い言葉でののしっていました。私はある程度のことは覚悟しており、NFLの試合が、Gレート(誰でも見れる作品)のものだとは思っていませんでした。が、まさか、品のない大人でさえ聞いて恥ずかしくなるような汚い言葉を娘に聞かせることになるとは思っていませんでした。今年も見に行くのですが、彼らのような人がいた場合、注意したほうがいいのでしょうか?」

バークリー「してはいけません。そういう人はたいてい、酔っています。注意されると怒ります。特に、今のように、イーグルスが連敗中ならなおさらです。よくない事態になります。そのままにしておくほうがいいでしょう。娘さんにはこう言ってあげてください。「世の中にはばかな人がたくさんいるんだよ。でもそういう状況でも、試合は楽しまないとね。」と。彼らともめることになっても、一人で何とかしようとしてはいけません。」

公衆トイレについて

読者「常々思っているのですが、公共のトイレというのはある種、神聖な場所ではないでしょうか。つまり、相手が知り合いであれ、用事中は、それほど世間話をすべきでない場所ということです。でも、友達は「話くらいはいいじゃないか」という立場なんです。しかも、彼は、相手が知り合いでなくても話しかけているようなそぶりです。私と彼、どちらのスタンスが正しいのでしょうか?」

バークリー「ずばり、あなたです。私も多くの経験をしてきました。私は、自分のジョンソンを握っているときにシクサーズのことについて話しかけられると、とてもいらいらします。行儀がよくないことですが、よくあります。人の用事中に「あなたのファンです」なんて言うのは行儀がよくありません。有名人を見て興奮する気持ちはわかります。でも、用事が終わるまで話しかけてはいけません。レストランでも同じことです。よくあります。」

犬のふんについて

読者「ご存じかと思いますが、フィリーの南部では、道路の上どころかそこら中、犬のふんだらけです。愛犬家に対し、どういう対策をすればいいのでしょうか?私が町の責任者なら、「愛犬家は犬のDNA情報を市に登録するべし」という法律を可決させます。そして犬のふんが誰かの土地の上にあった場合、DNA鑑定を行うのです。そして飼い主に100ドルの罰金を科します。」

バークリー「そうですね、まず言わせてください。そんなことは忘れてしまいなさい。私と一緒に飲みに行って忘れましょう。気にしすぎです。私も犬を飼っています。名前はマンゴーちゃんとヨーフーちゃんです。犬種はミーキーなんですけどね。確かにふんを片付けない飼い主はダメです。でもDNA鑑定??気にしすぎです。ところで今思いつきましたが、あなたのアイディアはドラマCSIの題材に向いてるかもしれませんね。その回のタイトルは「CSI/犬糞」・・・あたりになりますかね。」

ジムについて

読者「私は30歳で、普段、地元のジムで運動しています。気になることがあります。ロッカールームでは、人は、裸でも全く気にしないタイプの人と、気にするタイプの人に、はっきり分かれるということです。裸でも気にしない人は、ほぼ50歳以上です。彼らはむしろ、裸になりたがっているようにすら見えます。この違いはなんでしょう?私の年代の人は、意識しすぎなのでしょうか?それとも上の年代の人が気にしてなさすぎなのでしょうか?」

バークリー「年のいった人は、何かが見えていることなど、全く気にしないのです。それだけです。あなたも50歳になれば、そうなります。私も気づいたことがあります。私はジムでタオルを腰に巻くのですが、年をとるにつれ、タオルがだんだん小さくなっているのです。」
スポンサーサイト
[ 2011/11/12 03:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/3164-e495368a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。