スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウェリントン・マーラ

NYジャイアンツの元オーナー、ウェリントン・マーラについて軽く調べました。太っ腹な人だ。14歳でジャイアンツのオーナーになったとかすごすぎる。

以下の内容を、記事「NBAの収益分配制度」に補足しました。

■ウェリントン・マーラ
「スポーツファンならよく知っているだろうが、マーラは元ジャイアンツのオーナーで、非情に尊敬されていた。当時のNFLコミッショナー、ピート・ロゼールは「放送関係の収入を全チーム間で平等に分けたい」と提言して、(放送権でも儲けていた)マーラはそれに承諾したことで知られている。この収益分配制度により、チーム間の実力は拮抗し、リーグは32の個別の事業体ではなく1つの事業体となった。以降50年、NFLはアメリカのプロスポーツ界でトップに立っている。」

・以下、この記事より。

「ウェリントン・マーラは2005年の今日亡くなった。知らない方は知っておくといい。というのも彼がいなければ、NFLはこれほどアメリカのプロスポーツ界で圧倒的な人気を得ることはなかった。」

「収益分配制度ができる前(1950年代から60年代頃)、マーラはNFLで最も力のあるチーム、ジャイアンツのオーナーだった。当時、テレビの放送権の契約をしているチームは、当時はジャイアンツを含めて数えるほどだった。当時のコミッショナー、ピート・ロゼールは、このままでは富めるチームとそうでないチームの差が広がると感じた。大都市のオーナー、マーラたちが収益分配制度の案に賛同する必要があった。収益分配制度が成立したおかげで、今のNFLの繁栄がある。スモールマーケットのパッカーズがジャイアンツに対抗できているのはこのおかげだ。この制度がなければ今のパッカーズも、拮抗した力関係も存在してないはずだ。全てはこの1960年の合意のおかげだ。」
スポンサーサイト
[ 2011/01/19 07:42 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/3140-4951c50d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。