スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロケッツ

自分のファンタジーチームにはブルックスやスコラなどロケッツの選手がいるのでロケッツが気になる。そこでロケッツについての記事をいくつか見てみた。

■ケビン・マーティン
パンプフェイクの特集記事

Kマーティンのフェイクについて、パンプフェイクマスター、Sキャセール「パンプフェイクがとてもうまい選手は、彼だ。すごい。動きは全般的にゆっくりだけど、彼のパンプフェイクはリーグ1だ。」

フリースロー数とスリーの数で同時に1位になれそうなことについて、マーティン「パンプフェイクでファールを誘う事に関して言えば、昔はサム(キャセール)に「あなたの得意技を使わせてもらってますよ」と言っていた。会ったときにジョークでね。・・・コービーのフェイクはクレイジーだが、パンプフェイクではサムが一番だった。」

フェイク大好きのBミラー「サムはフェイクの発明家だった。」

フェイクをするときは最後までやるLスコラ「俺がやる場合は、お前がジャンプするまでフェイクをし続けてやる、というかんじだ。」

バティエ「ケビンのフェイクはゆっくりだけど、彼にはファーストステップの早さもあるからね。やばい。・・・変な意見かもしれないが、最高のパンプフェイクをする選手はコービーか、グリズリーズのサム・ヤングだ。ヤングはそれほどのシューターじゃないけど、フェイクはほんとうにうまい。」

■Tウィリアムズ
Tウィリアムズに関する記事。トレードでやってきたTウィリアムズとブルックスは幼い頃からの知り合いらしい。あと、トレードの理由が情けないのが印象的だった。

ロケッツやDリーグ落ちについて、ウィリアムズ「アーロン(ブルックス)のことは5歳くらいから知っている。彼の父がフットボールチームの監督だったから。アーロンならいろいろ相談できる。・・・ここにはジャージーで一緒にプレーしたコートニー(リー)もいる。・・・ネッツでDリーグ落ちしたとき、母親に泣かれて初めてDリーグ落ちを実感した。・・・きつかったよ。遅刻しすぎだからといってDリーグに送るなんて。俺は大人だ。遅刻は悪いことだと認めるよ。でも罰としてDリーグ行きなんて。」

■ヤオ
・ヤオがオラジュワンに「なんとか復帰する」と語った記事。特にどうという記事ではないが、いにしえの秘術を持つ長老オラジュワンですら、怪我をしない方法だけは教えられない。そんな感じのコメントが少し悲しかった。

・ヤオがNBAに与えた影響の大きさについての記事。彼は単なる怪我がちの人ではなく、NBAの世界戦略に大きな変化を与えた類を見ない人物だ、ということを再確認させるいい記事。

ヤオについて、キャセール「ヤオにはこれまでオフシーズンがなかった。毎年代表の試合をしていたので、3ヶ月の休みなどがなかった。回復の時期というのは必要なのに。俺は、現役の頃はオフに3ヶ月くらい休んだものだ。彼は偉大な選手であるために、常に大きなプレッシャーを背負っている。それでいて彼が不満を言ったことは一度もない。彼が新人のとき、俺は「こんなガキがどうやって(メディアやプレッシャーなど)この全てに対処していくんだ。」と思った。それに、彼には言葉の壁という問題もあったので、あいつには落ち着く場所もなかった。完全にここに溶け込むことは出来ていなかった。無理な話だった。・・・彼はオフに(コービー達がオフに新しい技を身につけるなどの)何かをする余裕なんてなかった。フランチャイズプレーヤーであることを嫌がる選手もいるが、彼はいついかなる試合でも、国を、そしてチームを代表しなくてはいけない、という義務があった。」

■一言
・あと気になったことは、昨シーズンのロケッツの選手はチャージングを誘う回数がリーグトップクラスの選手ばかり(データ)。奴らは何か競っていたのでしょうか。ボストンのGデイビスやJオニールがチャージングを誘う回数を競っていたという話は知っていますが。

・遅刻しすぎの罰としてDリーグ落ちしたせいで母親に泣かれて、最終的にトレードされた男、ウィリアムズ。だらしない自分も顔負けのだらしなさである。

・ヤオのことは特に好きというわけではなかったが、いなくなるのは物悲しい。「まだ俺は死んでないよ。こうやって今(記者の)君の前でフライドチキンを食べているじゃないか。君は、俺が葬式でもやると思っているのかい?」と語っているヤオに怒られそうではあるが。

人間にはやはり休みが必要なのだ。今は休め。そして俺の仕事は週休5日になれ。
スポンサーサイト
[ 2011/01/12 10:24 ] | TB(0) | CM(3)

ヤオはケガのイメージが強いまま引退なんて悲しいですよね。
来シーズンNBA復帰を目指してがんばってほしいです。
(彼が活躍してるオールスターをまた見たいのです!)
キャセールのコメント・・・
彼の本質的な優しさと思いやりが伝わってきました*^.^*
遅ばせながら、明けましておめでとうございます。
マイペースで更新続けてくださいね。
[ 2011/01/13 18:44 ] [ 編集 ]

ヤオはアジアNo1プレイヤーと
中国の看板を背負ってる中よくやってたと思います。
転機は北京五輪を無理して出なければならなくなったことですね。
地道にやってればグラント・ヒルみたいに
もう一花咲かせることができそうですが
[ 2011/01/14 14:08 ] [ 編集 ]

サンズに行けば復活もあり得るかな、という気もしますが、移籍はしないでしょうしね・・・怪我の状態については詳しく知りませんが、30歳なのでまだプレーできそうな気はします。
[ 2011/01/14 21:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/3137-3bc5d294







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。