スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Rジェファーソン

■特訓

ジェファーソンに関する記事。オフにしっかり特訓した、という内容。

筆者「昨シーズン、ジェファーソンの平均得点は最低だった。だからこの夏、ポポビッチは彼に選択肢を与えた。一つ目の選択肢は、オフにコーチ陣と特訓をすること。そしてこの数年の間に失われた彼の基礎的な技術を取り戻す。サンアントニオ、ニューヨークで特訓をして、8月のベガスのキャンプに行くという選択肢だ。そしてもうひとつの選択肢はそれを拒否して夏を満喫すること。彼はどちらも選ぶことができた。」

「名将といえど、ジェファーソンがどう答えるかは監督にもわからなかった。インタビューでポポビッチはこう言った。「もし彼が特訓を拒否すれば、トレードするつもりだった。拒んだら必ず何とかして放出する、とリチャードに言った。ポテンシャルを開花させたいか、適当に契約期間を過ごして金を貯めるか、どうしたいんだ、とリチャードに言った。彼は特訓を選んだ。・・・率直に話せるタイプの人間で助かった。バカなやつか頭のきれるやつだったら、話し合いで手の込んだやり方を使わないといけなかった。」」

「ジェファーソンは特訓を選んだ。特訓で、基本的なオフェンスの技術の練習、スパーズのディフェンス方針の再確認を行った。ベースライン側に相手を追いやったり、ガードのペネトレイトを防ぐといった基本的なことではなく、より詳細なことについての確認だ。先週、彼は体脂肪率を7%に絞った状態でチームに合流した。」

■その他

・Rジェファーソンの記事。スパーズに入団したときにダンカンに言われたことについて、ジェファーソン「最初ここに来たとき、ティムは「最低なプレーだけはしないでくれ。それさえ守ってくれればOKだ。」と言った。要は「お前はあんまり良くない」と言われているようなものだった。今では俺が並のプレーをすると、彼は「今日はしょぼくなかったぞ。」と声をかけてくれる。とにかく今は最低なプレーをしないようにしている。チームをダメにせず、普通であれば俺はOKのようだ。」

・サンズ戦でスリーを4本決めたことについて、ジェファーソン「俺が活躍するたびにこの夏に何があったのかみんなに聞かれ、そしてジノビリに笑われる。」

ジェファーソン「スパーズに加入した選手は2年目に良くなる、とずっと言われていた。昨シーズンの間ずっと、今シーズンが本当に待ち遠しかった。」

■分析記事

・Rジェファーソン分析記事。彼を最も効果的に使うには、カットさせることだ、という内容。

筆者「昨シーズン、彼がカットをしたときのPPP(1ポゼッションあたりの得点)は1.61。これはリーグ6位だった。ただ、カットは彼の全プレー中8%だけ。約33%はスポットアップシュートで、PPPは0.91とひどかった。・・・彼のカットからの得点はたいてい、PGのキックアウト、ダブルチームからのパス、リバウンドなどからうまれる。スパーズは彼のカットを使うために2つのセットプレーを用意している。1つ目はアリウープで、彼に得点させるプレー。・・・2つ目は彼をフリーにさせていくつかの選択肢を与えるプレー。・・・昨シーズン、スパーズはマブズと対戦したときにこのプレーを多少変化させて何度か使っていた。マブズは当然このプレーを知っているが、スパーズがパスの出所などを多少変化させていたので、やられていた。」

■一言

・スパーズでの一年目は相当に厳しいものなんすね。かつてDスタウダマイアーも1年目に苦しんだ、とか言っていたし。

・最近、選手の評価にPPPなどポゼッションあたりの成績を使うことが多いです。なじみのない人は、以下の内容が現在のAPBRmetricsの流れであることをおさえておくといいでしょう・・・僕もつい最近知りましたが。「平均得点など平均の成績は、出場時間に左右されるので選手を評価するときには使えない→じゃあ成績を48分あたりに換算したものを使おう。→いや、チームごとに試合のペースが違うのでそれもだめだ。ウォリアーズのような攻撃回数の多いチームにいる選手の平均10点と、他のチームの選手の平均10点は重みが違う。→じゃあポゼッションあたりの成績で選手を評価しよう。」

Mキューバンの言うように、こういう数字での評価方法は限定的にしか有効でないですが、記事を書く記者やブロガーにとっては意見に説得力が出るので現在よく使われている・・・そんなかんじがします。

・最近は私、スパーズとかレイカーズのような賢いチームを軽く応援しています。

スポンサーサイト
[ 2010/11/05 10:59 ] | TB(0) | CM(3)

賢いチームの試合って面白いですよね。
戦術とか試合展開とか選手の使い方とか、
色んな要素を最大限に上手に活用して
相手を負かす様は見てて痛快です。
[ 2010/11/06 02:55 ] [ 編集 ]

試合の面でも賢いんですが、チーム作りも非常にうまくやっているので感心します。Dリーグの使い方やスカウティング、あと、地域との関わり方なども素晴らしいので非常に好感が持てます。
[ 2010/11/07 02:49 ] [ 編集 ]

駄目な奴をすぐに切らずに再生するのはなかなかですね
[ 2010/11/13 05:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/3126-a61ddfa0







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。