スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホークス(いろいろ)

■監督に関する記事

・ホークスに関する記事。今シーズンはアップテンポな試合運びをしたい模様。

・戦術に関する記事。昨シーズン、長所はスクリーンを使ったシュート(ポゼッションあたりの得点が0.93でリーグ上位)。それとターンオーバーの少なさ。短所はトランジションディフェンス。今シーズンは、オフスクリーンのシュートを多用してほしい、という内容。

・戦術に関する記事。今シーズンから、ホークスはモーションオフェンスを多用する模様。プレー動画の作成のため、コーチ陣のおっさんたちが一生懸命プレーしている模様。

ドリュー監督「年のいったおっさんだらけだ。膝が痛いけど、みんな走ったりカットをしている。・・・これからはボールを動かすようにさせる。・・・ラインナップによってはホーフォードがCやSFになる時もあるだろうが、選手の役割自体はラインナップが変わってもそのままだ。」

アシスタントコーチ「このオフェンスを止めるのは難しいぞ。止めるには緻密なスキームが必要だ。どのタイミングでもどのスポットからでも攻められる。NBAのチームは動きの多いオフェンスを苦手としている。」

・ジャマール・クロフォードに関する記事。Lドリューが新しく導入する予定のモーションオフェンス重視のスタイルのもとでは、アイソレーション重視の昨シーズンよりも活躍の機会は減る可能性がある、という内容など。

・昨シーズンのホークスの戦術に関する記事。ホークスはピック&ロールに関して攻守両面でド下手、という内容。攻守ともに、ピック&ロールのPPP(ポゼッションあたりの得点)がリーグの底のほう。ピック&ロールのうまいマジックにプレーオフでボコボコにやられました、という内容。

■その他

・Jティーグに関する記事。司令塔なのにおとなしいタイプなので、「もっと声を出せ」とアシスタントコーチのNバンエクセルにしごかれている模様。バンエクセル「攻撃的な姿勢を「ドッグ」と俺達は呼んでいるんだが、そういう姿勢を彼の中から引き出してやりたい。彼はおとなしいんだよ。普段はふざけたりしているが、怒るときはすごい声で怒る。俺たちは「その姿勢を試合中に出せよ」と思ってしまう。試合前に毎回彼を怒らせてやろうかと思っている。スキルはあるから、あとはその姿勢だけだ。」

・ジャマール・クロフォードは「契約延長の話が進展しないならキャンプに行かない」などと言っていたようだが、普通にやってきた模様。

・ホークスの記事。機会均等の新しいオフェンスについて、パチュリア「オフェンスに関わっている気がするのでやる気が出る。昔みたいにオフェンスで退屈しない。」

スポンサーサイト
[ 2010/10/07 11:41 ] | TB(0) | CM(2)

ドリューはオフェンスに期待されて選ばれただけあって現状ホークスの今後のオフェンスは期待できそうですね
前任のオフェンスのひどすぎたような気もしますが
[ 2010/10/08 18:58 ] [ 編集 ]

ファンだけでなく選手からも不満があったのかもしれないっすね。
ただ昨日の試合ではTOが多かったようなので、新オフェンスがうまくいかない場合は元に戻ったりするかもしれないっすね。
[ 2010/10/08 22:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/3118-2b55293c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。