スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウィザーズ(アリーナス、ウォール)

・ウォールに関する記事。アリーナスの特徴をつかんだことについて、ウォール「練習で彼がPGをしないといけないときがあるんだけど、そのときの彼はPGをやりたくなさそうなんだ。つねにSGをしたがっている。それがわかったので、俺はことを進めやすくなった。・・・彼は、俺の仕事がチーム全員にパスをすることだと分かっている。だから、俺がパスを誰に出しても彼は気にしてないよ。」

監督は「このチームで一番コミュニケーションを取るのがうまい選手は、ウォールとハインリック」と感じている模様。アリーナスにはそういう所が欠けてるんすかね。

・ウィザーズに関する記事。ウォールについて、監督「これまで偉大な選手を何人か教えてきたが、ジョンのように、若いのに声を出してチームを指揮できる選手は見たことがない。理解力はガーネット並に素晴らしい。ああいうPGがいると、チームバランスは別の次元になる。」

・Jウォールの記事。心がけていることについて、ウォール「大学時代、カリパリ監督は「チームメイトといい関係を築け」と言ってくれた。みんなとうちとけておけば、コート上でもそれがいきて、良いプレーが出来る。」

・アリーナスの記事。プレシーズン初戦後、ウォールについて、アリーナス「俺の役割はジョンにプレーのやり方を教えること。そして次のステップに進むこと(彼にスターの座を譲る、ということ)。・・・NBAでは同じチームにずっととどまる選手はほとんどいない。今、このチームは彼のものだ。俺はチームメイトと争いをしに来てるんじゃない。彼と一緒にプレーするためにいる。彼がバットマンで、俺がロビンだ。俺がこのチームに来たときは、ラリー(ヒューズ)が主役の座を俺に渡してくれた。今は俺がその座を譲って、ジョンをスターにする。・・・俺の時代はもう終わった。・・・俺は契約が終わるまでプレーするだけだ。トレードを要求したりはしない。」

ウォールについて、監督「彼がショーを指揮した。彼が闘争心を出してプレーをすると、チーム全体もそういう状態になる。その点が素晴らしい。」

・アリーナスの記事。ここ10年のアリーナスのメディアデー画像まとめ。今年はなんというか・・・おつとめごくろうさまでした、的なかんじで・・・メディアデーでもすごい生気のない感じで、質問時間30分のところ3分くらいで切りあげた模様。

メディアとはこんな感じの接し方をする予定のようですが、ウォールとの新しい儀式のときとかチームメイトがブザービーター決めたときは楽しそうにしてます。

スポンサーサイト
[ 2010/10/07 10:13 ] | TB(0) | CM(4)

はじめまして!ペイサーズファンのものです。
若いものに道を譲るのは素晴らしい事だと思いますが、
読む限りではなんとなく前向きな印象が受け取る事ができませんね。
怪我とか色んな問題もありましたが、まだ28歳ですし
頑張ってもらいたいです。
[ 2010/10/08 11:01 ] [ 編集 ]

アリナスのメディアデー画像まとめ糞ワロタw
今年生気なさすぎだろw
死んだ魚の目だ
[ 2010/10/08 15:24 ] [ 編集 ]

前向きではない>
譲る、と言わざるをえない状況なんじゃないすかね。ウォールは確実にチームの将来の計画に入ってますが、アリーナスは放出されてもおかしくない立場ですから。
魚の目>
彼は、メディアの前では反省の色を出しつつビジネスライクにふるまおうとしてるんじゃないかと。ちょっと態度が極端すぎる気がしますが。
[ 2010/10/08 22:07 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/12/17 10:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/3116-89178b8b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。