スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒート(いろいろ)

■Eハウス

Eハウスに関する記事。セルティックスから放出された時のつらさ、この夏の手術をきっかけに心機一転したことなどを語っている。チームと合流したとき、トレードマークのヘッドバンドやハイソックスを身につけておらず、15ポンドも減量してキャンプにやってきたので、周りの人は驚いた模様。

昨シーズンについて、ハウス「ひどかった。ニックスのファンやスタッフはとてもよかったんだが、俺が怪我をしてしまった。・・・セルティックスに対しては、俺をトレードしたことについては怒ってない。ただ、セルティックスのみんなと(マジックにやり返して、優勝するという)目標を達成できなかったことに動揺した。彼らはただのチームメイトではなく、友達だった。・・・去年の夏の間ずっと「打倒マジック」と言ってきて、状況が少し良くなったところで、トレードされた。そこが一番こたえた。人間的な側面で。」

■ビーズリー

キャンプに関する記事。ウェイドは親友のDライトの残留を望んでいた模様。また、ビーズリーのことはもう話したくない模様。

ウェイドは基本的に声を出してチームをひっぱるタイプではないので、Mビーズリーに対してはなるべく優しい態度で接してきたが、昨シーズンのプレーオフでだけは「お前の力がもっと必要だ。熱心に相手を研究してくれ。」ときつく言った模様。セルティックスに負けたあとは、「ビーズリーに要求するのには疲れた。教育係はもうやらない。」と言った模様。

ただ、ビーズリーはチームと縁が切れたわけではなく、師匠役のUハスレムとは仲がいいので、この夏のUハスレムの母の葬式に出た模様。

ハスレムに関して言えば、彼は病気を患っていた母のためにマイアミに残留したという面もあった。マリファナの件などもあって、この夏はつらいことも多かった模様。

■その他

・ニックスのEカリーに関する記事。レブロンが移籍する前、彼はレブロンと一緒にアクロンで過ごしていた模様。

ニックスのことを悪く言ってニックスに行かないようにしたんじゃないか、という意見について、カリー「そんなことするわけないだろ。そう考えている人はおかしいよ。ニックスに関する話はしなかった。彼も秘密を隠すのがうまかった。」

・ボッシュに関する記事。Aモーニングがボッシュの指導係をしている模様。ボッシュに対しては、新人のときにAデイビスが指導してくれたが、それ以降は特にボッシュには指導係はいなかった模様。

あと、ヘッドバンド使用禁止のルールはJオニール獲得の時になくなったので、レブロンはヘッドバンドをしてもいい模様。リーグでヘッドバンド使用禁止しているのは今のところジャズやバックスだけらしい。

・Cアロヨに関する記事。新曲動画など。相変わらずオートチューン乱用。

スポンサーサイト
[ 2010/10/03 02:09 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/3112-739a1796







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。