スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒート(Pライリー)

・Pライリーのインタビュー記事

主力選手の成長は見込めるか、という質問について、ライリー「私の監督時代、マジック・ジョンソンは7年目にしてようやくピック&ロールを始めた。それまで彼がやっていたことといえば、走ってカリームやウォージーにパスをするだけだった。スリーがうまくなり始めたのもリーグに入って7年たった頃だ。その頃から急にベビースカイフックも打ち始めた。・・・つまり、毎年、選手は相手に研究されたプレーを改善しなくてはいけない。主力の3人も昔はできなかったことをやれるようになると思うよ。コーチ陣もアドバイスをする。」

主力選手のディフェンスについて、ライリー「通常、監督としては、スコアラーにはずっとコート上にいてほしいので、ファールトラブルや体力切れにならないように彼らに楽なディフェンスをさせる。しかしここではオプションが多いので、もうそんなことをする必要はない。彼らは「ディフェンダー」になれる。」

選手の健康管理について、ライリー「私は選手とあいさつするときいつも、彼らのわき腹をつねる。嫌がられるが、テストのようなものだ。・・・現在のスポーツ界では、世界最高クラスのコンディション管理をしない限り、目標は達成できない。・・・だから我々は、選手が基準を満たしていない場合、ペナルティーを与える。・・・ドウェインはオリンピックに出場した頃からコンディションにしっかり気を使い始めた。いいコンディションを維持している。」

・Bスコットのインタビュー記事。スリーピートという言葉はライリーの会社が商標登録しているが、実はこの言葉を考えたのはバイロン・スコットだ、という記事。

・ヒートに関する記事。レブロンの体について、ライリー「この前、レブロンがゾー(Aモーニング)と並んで立っていたがね、レブロンはゾーと同じ幅で、同じ身長だったよ。」

・Pライリーのインタビュー記事。マジックのGMが「偉大な選手はずっと同じチームでプレーすべきだ」と言ったことについて、ライリー「彼がRルイスと契約したとき、彼はそんなこと言ってなかったがね。」

・Pライリーのインタビュー記事

移籍してきたボッシュやレブロンについて、ライリー「コートに立ったとき、彼らはまるで背中に緋文字(裏切りの印)をつけられたかのように感じ、とてつもない気迫で相手に向かうだろう。そして試合が終われば「これを82試合もやるのか」と思うだろうな。しかしそれがプロだ。最高のプレーをしてほしいね。」

3人のスターを手に入れたことについて、ライリー「プランBを作るな、という題名の本でも書こうと思っている(笑)・・・予備のプランなど作らなければ、切羽詰まり、考え方が変わり始める。・・・この夏はとても不安だった。オール・オア・ナッシングの状況だった。スターを2、3人取れる機会があるなら、それに全力を注がないといけない。彼らを全然取れなくて、それ以下のクラスの選手を集める結果になれば、勝てないチームになっていた。」

スポンサーサイト
[ 2010/10/02 06:09 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/3109-9c09446d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。