スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シーズンプレビュー(キャブズ)

Lebronjpg51eac8ea7e98ff5c

新たな時代の始まり。

■この夏に得た主なもの

Rセッションズ、Rホリンズ、Bスコット、大きなトレードエクセプション

■この夏に失った主なもの

レブロン、シャック、Zイルガウスカス、Dウェスト、Sテルファー、Dフェリー、Mブラウン、町の活気

■最高のシナリオ

親愛なるキャブズファンの皆さんへ

ご存知のように、かつてのヒーローは、もはやキャブズの一員ではありません。彼のナルシストさが存分に表現されたあの番組で、みなさんがご覧になったとおりです。ずっと応援してきた選手があのような形で出ていくということは、本当に残念なことです。

私は以下の内容を保証します。クリーブランド・キャバリアーズが、あの男並の実力、人気、経済効果を持つ選手を獲得できる可能性は、少なくとも今後10年、ありません。どれだけの指名権を得ようと、ありません。私は、保証します。

あの男の利己的な理由による行為により、オーナーはかつてない復讐心に燃えています。それでも、無理です。

しかし、いいニュースもあります。あの男の冷淡な行為により、クリーブランドにかかっている呪いが解けることになるでしょう。クリーブランドの町のスポーツチームとファンを何十年も苦しめてきた「呪い」は、あの男がオーナーのケツにキスをする日まで、彼につきまとうでしょう。そのおかげで、遠くない未来、キャブズはファイナルにまぐれで1回くらいはいけるでしょう。オーナーは復讐心に燃えています。積極的に補強をするでしょう。この夏より最低な夏はもう来ません。クリーブランドの皆さん、明日という日を常に楽しみにしていてください。

■最悪のシナリオ

親愛なるキャブズファンの皆さんへ

ご存知のように、かつてのヒーローは、もはやキャブズの一員ではありません。彼のナルシストさが存分に表現されたあの番組で、みなさんがご覧になったとおりです。ずっと応援してきた選手があのような形で出ていくということは、本当に残念なことです。

私は以下の内容を保証します。クリーブランド・キャバリアーズが、あの男並の実力、人気、経済効果を持つ選手を獲得できる可能性は、少なくとも今後10年、ありません。万が一、再び彼のような選手を獲得できたとしても、彼と同じように出ていきます。私は、保証します。

あの男の利己的な理由による行為により、オーナーはかつてない復讐心に燃えています。それでも、これは確実です。

クリーブランドにかかっている呪いが解けるのか、私には疑問です。クリーブランドのスポーツチームとファンを何十年も苦しめている「呪い」は、異常な強さです。私には原因が何であるのかわかりませんが、解明され、解決されることを望みます。クリーブランドの皆さん、別の楽しみを見つけ、今日という日を有意義に過ごしてください。

■参考記事(マネジメントについて)

・オーナーのインタビュー記事。オーナー「レブロンがいたときは長期的視野にたった計画というものにはそれほど目を向けていなかった。・・・レブロンと共に優勝することはできなかった。これまでのやり方ではワンマンショーになる可能性がある。優勝にはチームアプローチが必要だ。」

・Bスコットのインタビュー記事。ネッツ時代、監督とキッドの間には確執があったことについて、スコット「当時の私は若くて、彼とは問題があった。私は古風な監督だから。若い選手は、そんな監督とうまくやれないことがある。」

■参考記事(選手について)

・Rセッションズのインタビュー記事。バックス時代の師匠役であり親友であるMウィリアムズとポジション争いをするのが楽しみだ、という内容。

・Mウィリアムズのインタビュー記事。最後にレブロンと話した時の様子など。

・Mウィリアムズに関する記事。ウェイドの「プレーオフでは、レブロンは諦めてなかった。チームメイトが助けなかったどころか彼のプレーを悪くしていた。」という発言に対して、ツイッターで、Mウィリアムズ「おい、記事を読んだぞ。発言に気をつけろ。」

・Dギブソンに関する記事。昨シーズンは出場すればいい成績を残していたのに機会が与えられなかったこと、ファンも彼の出場を望んでいた、という内容。

ファンに向けての手紙で、ギブソン「俺たち、キャブズはどこにも行ってないことを忘れないでくれ。ピースがひとつなくなっただけだ。今もこのチームは勝つ気でいっぱいだ。」

・Aジェイミソンのインタビュー記事。監督について、Aジェイミソン「彼は僕がこのチームのリーダーになることを期待している。僕も喜んでやる。彼のアップテンポなシステムは僕にあっている。オフェンス面では、ウィザーズ時代に近くなると思う。」

・バレジャオのインタビュー記事。レブロンの移籍はしかたない、という内容。

・Rホリンズに関する記事

■参考記事(その他)

・プレビュー記事

・プレビュー記事。レブロンが出ていったということ以外、何か記事にするべきことはあるのかい、という内容など。

スポンサーサイト
[ 2010/09/26 06:06 ] | TB(0) | CM(2)

今まで優秀なPGのおかげで勝ってきた(と言われてる?)スコットの実力がどうかわかりますね。
個人的にはヒクソンの将来性に期待ですが。
[ 2010/09/30 13:02 ] [ 編集 ]

監督の選手起用も気になりますが、Dギルバートが本当に勝ちたがっているなら必ずトレードか何かがあると思うので、どんな選手を補強するのかも気になります。トレードエクセプションもありますし。
[ 2010/09/30 20:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/3105-e1b6f1fb







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。