スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シーズンプレビュー(ラプターズ)

Ayoub0_2

バルニャーニ、飛翔の年。

■最高のシナリオ

ブレーカーの落ちたジュラシック・パークにいる恐竜のように、若手は走りまくる。ボッシュはいなくなったが、若手がステップアップする。

The Young Gunz(Dデローザン、Sウィームズ、Aジョンソン)の3人が中心になり、速さで他のチームを苦しめる。 Aジョンソンはホッケー選手のような激しさでプレーし、人気が出る。調子にのりすぎて、Youtube動画を濫造する。クレイザはスタメンクラスの選手であることを証明し、いいときのターコルーのようなプレーをする。バルニャーニはダブルチームに冷静に対処できるようになり、大事な場面で冷静にシュートを決め、女性にもてまくるようになる。

チームはプレーオフには進出しないが、少し前のシクサーズのようにシーズン後半に猛スパートをかけて、まわりをひやひやさせる。

■最悪のシナリオ

さすがにこのメンバーではNBAで勝ち越すことはできない。NBAは世界選手権と違うことを各国代表メンバーは実感する。チームは世界選手権のカナダのように負けまくる。若さ、未熟さが大事な場面で露呈する。マイアミでボッシュが、フェニックスでターコルーがほくそ笑む。

Sウィームズのターンオーバーは多く、控え選手の域を抜け出せない。デローザンも大事な場面ではボールが手につかない。バルボウサは徐々にシーズンの長さにたえきれなくなり、ベリネッリ並のスタッツしか残せなくなる。

The Young Gunzのメンバーの誰か(Aジョンソンあたり)が調子にのりすぎて、銃所持で逮捕され、ユニット名を変更するはめになる。

GMがぱっとしなくても、チームに負けがこんでも、「強いチームをつくる気はないのか、ゾーンディフェンスをもっと使ったらどうだ」というファンの罵声を浴びても、Maple Leaf Sports & Entertainment (チームのオーナーである会社)は冷静にビジネスを続ける。そして例年通り、Ontario Teachers' Pension Plan(MLSEの株主。カナダでトップクラスの投資家グループ)のために着実に利益を積み重ね、献上する。

■参考記事

・MLSEに関する記事。彼らの保持するチーム(メイプルリーフズやラプターズ)は弱いが、収入はそれぞれのリーグで上位をキープ(昨シーズンは1位と10位)。MLSEのチームは勝てないけど、金稼ぎの天才だぜ、という内容。

・MLSEに関する記事。GMのコランジェロは契約最終年だが、MLSEのボスに気に入られているので再契約してもらえる可能性が高い模様。契約について、ボス「シーズン中に、取締役会でブライアンを次のGMに推薦するつもりだ。彼の子供はここの学校に通ってるしね。」

・ラプターズのプレビュー記事。昨シーズン、AジョンソンとRエバンスはホッケー選手のような激しさでファンの間で人気になった模様。ボッシュが抜けたシーズン終盤、バルニャーニはダブル、トリプルチームに苦しんだ模様。

・Sウィームズ特集記事。チームの中心選手になるため、彼は成功率13%のスリーを磨いている模様。ウィームズ「今年はキャリア最高の年になるぜ。・・・アミールとダマーと一緒にThe Young Gunzというユニットを作ったが(アリーナス銃事件のせいで)名前を変えなくちゃいけないかもしれないな。」

・The Young Gunzの動画。3人のダンクを評価してくれ、負けた人はタイツをはいて街を歩く、という内容。特にAジョンソンは最近、かつてのボッシュ並に動画を作りまくっている。そして中国やESPY有名人バスケ大会など、いたるところに出没している。

・バルニャー二がモデルの女性とからみ合っている動画、画像。GQの写真撮影をしている模様。

・バルニャーニに関する記事。筆者「コランジェロはいつも「バルニャーニは大事な場面でも落ち着いてプレーする」と言っている。しかし、私の目からはむしろ、大事な場面では彼は消えている場合が多い。ボッシュが怪我でいなかったときでも。」

・Lクレイザの記事。「カーメロのバックアップをしていたが、それだけの選手じゃないことを証明する」、という内容。

・バルボウサの評価記事。オフェンスパターン分析用のスタッツ上では、オフェンスのパターンがベリネッリと酷似している、という内容。

・ラプターズのアシスタントコーチとのインタビュー記事。コーチ「夏の練習ではウィームズのターンオーバー数に注意したい。・・・デローザンのボールハンドリングも向上させたい。昨シーズンは自信を持っておらず、大事な場面でPGにボールを渡していた。」

・ゾーンディフェンスをもっと使ったらいいんじゃないの、という内容の記事。ディフェンスが最低で、失うものは何も無いからもっと使っていこう、と。

スポンサーサイト
[ 2010/09/18 11:12 ] | TB(0) | CM(4)

恒例のシーズンプレビュー相変わらず最高ですw
トロントは去年より楽しみではありますが
最悪シナリオ前半2段落分がリアルに実現しそうなんでよすね・・・
[ 2010/09/20 20:40 ] [ 編集 ]

メンバーが若くて楽しみですが、不安も多いですよね。でもたぶん、最高のシナリオの中の一つか二つは当たりますよ。
[ 2010/09/20 22:09 ] [ 編集 ]

最高でもプレーオフ出ないってのがまず当たりですねw
いっそのことテオドシッチも入れて世界選抜にして欲しいw
今回の世界選手権で個人的Favoriteでした。
[ 2010/09/22 20:57 ] [ 編集 ]

ラプターズの最高のシナリオ>
最初、本当に何も書くことが思いつかなかったっす。たまたまThe Young Gunzの動画を見つけたから助かりましたが。これでシーズンを乗り切るんすかね。テオドシッチでもだれでもいいからあと1,2人、実力のある選手がいないときつそうですね。
[ 2010/09/22 23:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/3099-8a41a750







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。