スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いろいろ

・マブズが前に優勝できなかったのはキューバンがリーグに嫌われているからというドナギーの主張に対して、Mキューバン「君たちはよほど俺を不機嫌にさせたいんだね(笑)コメントはないよ。当時のビデオを見てくれれば答えはわかる。俺はもう対価を払った。」

・今年のNBAファイナルのゲーム3が終わった時点で、ファール数の多さが話題になっていたことについて、Dスターン「ファール数はチェックしている。日曜の試合を見ていたけど、私が審判じゃなくてよかったと思った。選手たちのスピードや激しさは審判として対処するにはきつすぎる。ファール行為があったのにファールを宣告しない場合、選手が危険な目に合う。本当に難しい仕事だ。選手たちは審判のファールの基準を確かめるためにテストをする。ファールを宣告しないとどんどんプレーが激しくなる。逆に、ファール数が増える場合にもリスクがあるのを承知している。しかし狭い場所に大きな選手が大勢いるので、選手を守るのも我々の義務だ。」

・ファイナルのゲーム3まではファールが話題になっていたが、ゲーム4は非常に素晴らしいジャッジだったことに関する記事。Dリバース監督が「やっとプレーさせてくれたよ。」と発言したり、Cバークリーも「やっとまともな審判が見れた。やっとだ。」と言っていた模様。

・レブロンのような大スターは大都市でプレーするべきか聞かれて、Dスターン「今はインターネットやデジタルコンテンツが主流なので、それほど意味がないように思える。何年か前に、大都市のチームが全部弱くなったとき、私は「まだ上海が残っている」と言った。ヤオ・ミンとロケッツの存在があったからね。4000万ものストリームビデオのハイライト、画像、世界中の人、これらの要求する膨大なデータ通信量を見れば、地理的な問題などないことがわかる。しかも今後は更に増える。こんないい話に対して制限はできない。誰がどこでプレーするかは関係ない。」 

・ドナギーのリーグ陰謀論について、Sバンガンディ「ドナギーの発言は胸くそが悪い。ウェイドなどのすばらしい選手のプレーをおとしめている。・・・「リーグに偏見があれば、去年、リーグはキャブズをファイナルに進出させていた」という意見にはみんな賛成してくれるだろう。だから、そういう陰謀論にはたいした説得力はない。私はリーグによる露骨な操作というのを見たことがない。だからドナギーを捕まえるのにあんなに長い時間がかかったんだ。・・・どちらにも転がりうるファールは大変多いということだ。私は監督という立場にいる。だからそのせいでいい判定がされてないと思うときもある。それでも「こんな審判では今日は何をやっても駄目だ。」と思う試合はない。どんな試合でも勝つことはできる。去年のクリーブランドとのシリーズも勝てた。リーグはキャブズの進出を望んでいるといわれていたがね。陰謀論が真実かは知らないが、まず間違いなくリーグに勝者を決める権力はない。」

・大物FA同士の話し合いについて、ボッシュ「正直なところ、みんな静かだ。会ってもつっこんだことは話さない。ポーカーで互いの手を探ってる感じだ。誰も降参したりカードを見せず、というかんじで本音を言わない。でもそれもいいかなと思う。毎日そんなことを考えたくないしね。誰が何を考えてるのか知るために盗聴なんて絶対したくないよ。そのうち話し合う機会はあるさ。」

スポンサーサイト
[ 2010/06/21 11:23 ] | TB(0) | CM(2)

私はスタンの発言に同意です。
あと試合が終わった後にコールが間違ってたなんて誰でも言えますからね。
バスケ部経験者だったら練習試合で審判をやったことあると思いますが
立ち位置や流れでファールの判定なんていろいろ変わっちゃいますよ。
まぁファイナルゲーム2は酷かったですけどね。
98年ファイナルのジョーダンラストショットをオフェンスファール吹ける審判なんていないと思いますし。
[ 2010/06/22 14:12 ] [ 編集 ]

バンガンディの意見はもっともですよね。
ドナギーの意見は無駄に説得力があるんで、読んでるとまさかと思いつつ信じてしまうんですよね。腹立つ。
まぁでも、彼のような人の意見でもとりあえず聞いてみて、いろんな見方を知っていこうと思います。
[ 2010/06/22 23:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/3055-3a828a07







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。