スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファイナルゲーム5解説(ドナギー)

リンク: Tim Donaghy On Game 5: Why Make-Up Calls Are Necessary.

元審判のドナギーがファイナルのゲーム5を解説している記事。解説対象のプレー動画は上のリンク先に。

今回はドナギーの指摘にあまり納得できん。最後の24秒の判定は、動画で見るとおもいきりボールの回転の向きが変わってるから当たってるのは明らかだし。ロンドのテクニカルファールに対するバンガンディの発言も「小さいロンドが押したくらいで大きなアーテストがあんなにバランスを崩すのはおかしい」というジョークだし。ただ、埋め合わせファールの説明などはよかった。

あと、審判にはランクがある模様。ランクの高い審判はプレーオフのファイナルなどで起用されて、ボーナスがもらえるらしい。記事によるとファイナルの場合、10万ドルほどの模様。これについて、ドナギーは「審判は結局、大舞台で審判をできる権利やボーナスを手にいれるため、地位を上げたがっている。リーグオフィスからの巧妙な指令に従ったり、スター選手が長くコート上にいられるようにファール宣告を操作すれば、そういった恩恵が受けられる。このようにして試合結果を操作する巧妙なシステムが生まれたわけだ。」という記事を書いている。

うわー、その調子でもっと暴露してこのプロレスみたいなリーグを正すきっかけとなれドナギー。

ちなみにゲーム6についてドナギーは「デローサとマウアーは明快なジャッジをして、マカッチェンはアグレッシブにいく」という予想をしているという噂が。文章の意味がわからんし、ソースのおっさんも誰かもわからん。アグレッシブっつーのは、セルティックスにムービングスクリーンとかテクニカルをピーピー吹いたり、フィッシャーを主演男優にするということすか。

■第1クォーター

9:15 [BOS 6-2] ピアースがペイント内でディフェンスのポジションを取っている。半円内でポジションをとってもチャージングを誘うことはできないから、審判の判定は正しい。(注・・・このplay-by-playではRアレンのファールとなっているが、審判は明らかにピアースに対してファールを宣告している)

9:03 [BOS 6-4] Kガーネットはスクリーンをセットしていない。ディフェンダーの進路に侵入している。審判はゲームの序盤、試合を整えるためにこういうファールを宣告する。正しい判定。

6:10 [TIE 10-10] ピアースがバイナムを叩いている。ジャンプボールじゃない。ファールだ。ピアースの手はボールにいっていない。

4:58 [BOS 14-12] Dフィッシャーがフロップをして、叫んで審判を欺こうと試みた結果、フリースローをもらえた。ピアースにファールの宣告。

4:41 [LAL 15-14] ピアースを守っていたコービーに対してファールの宣告。この前のプレーでピアースに対してファールを宣告した審判が、今回はコービーに対してファールを宣告。審判は前の誤審に気づいたので、セルティックスの選手を落ち着かせるために埋め合わせのファールを宣告した。こういうことはよくある。誤審をしてそれに気づいた場合、選手や監督は熱くなっているので審判は埋め合わせのファールを宣告する。通常のことだ。私もやっていた。NBAの審判としては、選手や監督たちに「やりづらい審判」という評判を流されたくないものだ。リーグがその評判を気にするようになれば、審判としてのグレードが下がる。埋め合わせのファールはそうなるのを防ぐためのものだ。

3:59 [BOS 16-15] アレンがボールをキャッチしたあと歩いたが、トラベリングの宣告はない。

:18.6 [BOS 22-20] オドムのオフェンシブファールではない。シュートモーションに入ったオドムの進路にピアースが入ってきた。多くのディフェンダーがいて審判には見づらい状況なので、厳しい。審判は誤った予測をした。

■第2クォーター

11:09 [BOS 24-20] ルーズボールファールの宣告。ボールを確保しているなら、NBAはファール宣告を流すことを望んでいるのに。

9:42 [BOS 26-22] Dリバース監督が審判の前で2回不満を言ったためか、審判はブヤシッチにつまらないファール宣告をした。Dリバースや、Lブラウン、Gカール、Jスローンはこういうことがうまい。「あのプレーにあんなふざけたジャッジをするなんてお前らなめてるのか!もっとましなジャッジをしろ!」といったかんじの発言がね。今回はうまくいった。

7:02 [BOS 32-26] ペイント内でアレンに対してプッシングが宣告されたが、ファールとは言えない。

4:42 [BOS 34-31] Rアーテストの激しいファール。アーテストを押したロンドに対してテクニカルファールが宣告された。Jバンガンディは「テクニカルファールにすることはない」と恥ずかしい発言。ロンドはアーテストを押して「お前、何をやってるんだ」と言ったのに。さらにバンガンディはロンドにフロップをするようにすすめた。Dスターンはこの解説が気に入ってるんじゃないかな。

1:37 [BOS 43-39] ロンドのオフェンシブファールではない。コート外にいた審判がファールを宣告したが、彼は良いポジションにおらず、誤審をしている。ロンドはボールを転がして審判を侮辱したので、ロンドのテクニカルファールが0なら、テクニカルファールが宣告されていただろう。

1:19 [BOS 43-39] 直前の誤審に対する埋め合わせという意味で、アーテストにファール宣告。ファールされたのはむしろアーテストにみえるのだが。

■第3クォーター

11:27 [BOS 47-39]
ガーネットがガソルの足にボールを当てたが、レイカーズが攻撃権を確保。リプレー判定を使いたいが、第4クォーター終了2分前しか使えない。

11:20 [BOS 47-39] Kパーキンスがドライブをしたガソルにファール行為をしたが、ファール宣告はない。

7:47 [BOS 58-49] コービーにファールが宣告されたが、ファールとは言えない。

7:07 [BOS 60-51] アレンがフィッシャーを叩いたが、ファール宣告はない。このあとダブルテクニカルファールに。

5:06 [BOS 64-56] ガソルへのつまらないファール宣告。ガーネットがバランスを崩していた。審判はいいアングルを確保していない。

4:55 [BOS 67-56] ガーネットのブロックに対して、ゴールテンディングが宣告されていない。

1:24 [BOS 71-61] ファール宣告しなかったが、これはいい判定。

■第4クォーター

6:41 [BOS 81-73] ダブルファールが宣告されたが、違う。アレンのオフェンシブファールだ。フィッシャーのファールにしようと、アレンのほうが先に接触を起こした。NBAではダブルファールは好まれない。それなりの理由がある。ファールというのはどちらかが先にするものであって、全く同時というのはありえないためだ。リバウンドを取るときに両者がつかみあっている状況は別だが。

3:24 [BOS 87-75] ロンドのフロップ。Kブライアントのファールではない。レイカーズが負けている状況で、こういうファールが彼に対して宣告されるのは奇妙だ。

1:39 [BOS 87-79] アレンはファールをとられずにすんだ。

1:41 [BOS 87-79] Kパーキンスに対してルーズボールファールの宣告。彼の行為はファールとは言えないが、NBAでは得点差が広がっているときは必ずこういうファールを宣告しないといけない。

1:30 [BOS 87-79] アレンにファール宣告。いい判定。

1:05 [BOS 87-82] これは24秒バイオレーションにすべき。ボールはリムにあたっていない。影響の大きい判定だ。5点ビハインドのレイカーズに攻撃権を与えるべきだ。

スポンサーサイト
[ 2010/06/16 01:46 ] | TB(0) | CM(4)

ドナギーのコメントは毎度「ナルホド」と頷けるものが多いですね。特にリアルタイムで見た試合だと違和感を覚えていたところを悉く説明してくれていて、色々な裏事情が理解できて楽しいです。レギュラーシーズンでもこうした抜き打ちチェックをやってくれれば、もっと審判に対する周りのチェックが正確になりそうですよね。
アレンのシュート、向こうのメディアでもあれは24秒だということになっていますが…リムに当たっているようにしか見えませんよねぇ
[ 2010/06/16 09:24 ] [ 編集 ]

こういうチェックをするのはいいことに思えますね。特にプレーオフでは。
24秒の件>
ドナギーはFacebookで「ボールの回転の向きと軌道が変わっているのはバックボードに当たっているため。ボールはバックボードに当たるまでは軌道も何も変わっておらず、どこにもあたっていない。」と書いてます。
上から見たシーンでは確かにリングを通り過ぎた直後にバックボードに当たってます。彼の言うとおり、ボールの回転の向きの明らかな変化はボードとの接触が原因です。僕はバックボードとの接触を見逃してたんで、僕の判断は明らかに誤りです。やっぱり彼はよく見ている。
それでもボールがリムに当たっているかをこの動画で判断するのは無理に見えます。
[ 2010/06/17 20:03 ] [ 編集 ]

バックボード…に当たる前にリムに当たってませんか?う〜ん、まぁでも私が見るよりドナギーが見たほうが遥かに正確なのは間違いないですし…やはり元記事の動画からの判断は無理っぽいですねぇ。何回見ても当たっているように見えてしまいます。
この試合の戦犯は間違いなく2本FT外した挙句にロンドにファールしなかったアーテストだと思ってましたが、これがなければ運命は変わっていたかもしれませんね〜
[ 2010/06/17 22:57 ] [ 編集 ]

24秒の件>
改めて見ると、上から映しているシーンではボールの軌道がテュルッと変わってるように見えます。
試合>
俺はあんまり戦犯という言葉が好きじゃないんすよね。勝ち負けの原因がたった一つ、たった一人の責任ということはありえないですから。でも確かにアーテストはぬぁー・・・もうちょっとうまくシュートを決めれるだろ、とは思います。フリースローも含めて、フリーの状態で打ってることが多いし。
[ 2010/06/18 00:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/3050-763edd14







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。