スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Dネルソン

リンク: SLAM ONLINE | ≫ Exclusive Don Nelson Q + A.

ウォリアーズのDネルソンとのインタビュー記事。

速攻を武器にしていることについて「(速攻を生み出したといわれる)Rアワーバックの影響だろうな。現役時代は彼から多くを学んだ。・・・当時のセルティックスはランニングチームだった。当然影響は受けていると言える。」

バックス時代はディフェンシブなスタイルだったことについて「NY時代もディフェンシブだったよ。どういう方針をとるかはチームの個性次第だ。そのチームで最高の選手がディフェンスのうまい選手なら、それは他の選手にも影響を与える。バックス時代のモンクリーフは素晴らしいディフェンダーだったから、ディフェンシブなチームになった。・・・エースがディフェンスのうまくない選手なら、その逆の結果になる。Cマリン、そしてナッシュやノウィツキーはいいディフェンダーとは言えない。チームはその影響を大きく受ける。彼らにいいディフェンスを要求してもそれは無理だ。だから監督として、彼らをできるだけ長くコート上においておくためにチーム方針のアジャストが必要になる。」

Pプレッシーなどのポイントフォワードと呼ばれる選手を起用したことについて「どのポジションの選手でもチームを指揮するという姿勢は必要だ。センターでもね。・・・ドラフトのときは一芸にひいでた選手ではなく、なんでもできる選手をとるようにしている。」

Sカリーについて「彼は生まれながらのリーダーだ。今はまだ新人として扱っているが、彼のまわりのものは彼についていく。そのうち自然にリーダーになるさ。・・・リーダーは作ろうと思って作れるものじゃない。リーダーシップとは生まれながらの資質だ。資質のないものをリーダーにしようとしても無理だ。」

スポンサーサイト
[ 2010/05/07 10:53 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/2952-fbf642ff







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。