スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イラン対イスラエル

リンク: Iranian and Israeli Players Could Face Off For First Time -- NBA FanHouse.

グリズリーズのイラン人、ハダディと、キングスのイスラエル人、Oカスピの対決が月曜に行われる。このイラン対イスラエルというのが、ちょっと問題に。

イランはユダヤ人の国イスラエルを国家として認めてない。だから、イランは代表チームが国際大会でイスラエルと試合をすることを許可していない。2005年のFIBAの大会でも、イスラエルとあたる可能性があったので、イランは代表チームの出場をやめさせた。

この件について、ハダディ「イスラエルの選手と対戦するのは初めてだ。でもただのスポーツだ。国の間に何があったかは知らないが、どうでもいいよ。俺は仕事をやる。政治なんて知らないね。・・・握手するかって?してもいいじゃないか。いいことだと思うよ。・・・政治とスポーツは別であるべきだ。・・・ロシア代表の監督はイスラエル人で、彼と握手をしたことがあるけど、俺は何も思わなかった。スポーツはスポーツだ。・・・国の人がこの試合の放送をどう思うかって?わからないよ。国は嫌がってるだろうね。」

カスピ「問題ない。対戦したことがないから彼のことは知らないけど。」

イランのバスケコラムニスト「アラブとイスラエルの紛争といっても、嫌い合ってるのはリーダー同士だ。もう長い間、多くのイラン人がイスラエルに移住している。トルコなどのクラブじゃみんなで踊っている。NBAには中東の対立感はない。ハダディはアメリカナイズされていて、イランの敵であるアメリカのクラブでプレーしている。」

「2004年には優勝候補のイラン人の柔道家がオリンピックを辞退した(体重過多で棄権となっているが、実際には国家の指示によるものとみなされている)。イスラエル人選手と対戦の可能性があったからだ。これはイランの国家としての方針なんだ。」

スポンサーサイト
[ 2009/11/02 10:31 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/2716-fe624c57







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。