スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Tドナギー暴露本(アイバーソンについて)

リンク: Excerpts From The Book The NBA Doesn't Want You To Read - Tim Donaghy - Deadspin.

Tドナギーの暴露本記事より。アイバーソンと審判の軋轢について。

★アイバーソン

「審判のJavieとアイバーソンの間の軋轢はひどかった。あまりにひどいので、GMのビリー・キングがリーグオフィスに対して、アイバーソンに対するJavieの判定について抗議したほどだ。」

「アイバーソンは間もなくナゲッツに移籍したが、最初の古巣対決では、彼はテクニカルファール2個で退場させられた。「これはJavieの復讐だ」とアイバーソンは話していた。彼は試合後こう話した。「ファールだと思ったプレーがあったので、彼に「個人的な感情で笛を吹くな」と言ったら退場させられた。本当に短気だ。どうあがいても何も言えない、それを肝に銘じておけばよかった。リーグに入ったときから彼とはこういう関係だ。彼にとって今日は、俺をおとしめるには最高の舞台だった。」と。」

「リーグはこの発言をした彼に25000ドルの罰金を科した。しかし審判の多くはこの処置を甘すぎるととらえた。出場停止にならないのがおかしい、と。結果、我々は協力して少しばかり正義を実行した。できる限り彼をひどい目に合わせたのだ。」

「この事件の後、私は2007年1月のジャズ対ナゲッツ戦を担当した。審判のBernie FryerとGary Zilinskiと協議して、アイバーソンのダブルドリブルを厳しく取り締まることにした。パーミング(手のひらで一瞬ボールの動きを止める反則)は彼が好んで使う技だ。だが今回は、セーフの場合でも反則を宣告することにした。もちろんこれは彼の発言に対する仕返しだ。そしていつも通り私は「仕方ない」と自分に言い聞かせ、賭けをしている者に電話をした。」

「協議通り、パーミングを宣告し、我々は楽しんだ。ファールは彼の調子を狂わせ、プレーはひどくなっていった。彼はFG5-19で、5TOを記録した。さんざんファールをもらった後、アイバーソンは私のもとに参ったという感じで来てこう言った。「どのくらいJavieの件の罰は続くんだ?」と。」

「何のことかわからないな、と私は答えた。」

スポンサーサイト
[ 2009/10/31 07:18 ] | TB(0) | CM(4)

こんばんは[E:happy01]
また読み応えのある記事をありがとうございます[E:smile]
さすがにここまで晒されると引きますが、半分くらいは事実だと思いますね。権力と金と名誉がからむと人はイカれてしまう、よい事例ですね(笑)
[ 2009/10/31 22:18 ] [ 編集 ]

あの〜NBA熱がさめていくんですが
[ 2009/10/31 22:48 ] [ 編集 ]

最近の記事は密度が濃いですね。和訳ができない人間にとってはありがたい限りです。
で、本題についてですが、かなり衝撃的ですね。
レフェリーも人間ってことはわかるんですけどねぇ
公平であってほしいものです。
[ 2009/10/31 23:10 ] [ 編集 ]

skyboxさん>
俺はもう全部事実だと思います(笑)
アウトレットさん>
Dスターンに言ってやってください。
キセカチさん>
やっぱり衝撃ですよね。個人的に驚いた箇所は、審判にそれぞれひいきの人やチームがいることとか、アイバーソンへの復讐とか、「最初のファール」などです。
ドナヒーの件以来、リーグもちょこちょこ改善らしきことはしてるので、ましになってくれるといいですね。
[ 2009/11/01 15:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/2707-9800175f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。