スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Tドナギー暴露本(ニックス)

リンク: Excerpts From The Book The NBA Doesn't Want You To Read - Tim Donaghy - Deadspin.

Tドナギーの暴露本記事より。アイザイア・トーマスを慕う審判たちについて。

★アイザイア・トーマス

「2007年2月のニックス戦ではスタフォードと私が審判を務めたが、ニックスは39本のフリースローを獲得した。ヒートは8本だった。まるで審判はニックスのためにプレーしているかのようだった。判定もひどかった。当時のニックスの監督はアイザイア・トーマスだった。試合後、シャワーを浴びていたスタフォードのもとにトーマスからの使いが来て、住所を聞いていた。試合前に、スタフォードは子供たちのために、アイザイアにサイン入りシューズとジャージを頼んでいた。これで私は事態のいきさつについて納得がいった。」

「審判のJess Kerseyもアイザイアの仲間だ。まるで親友のように電話で話をしていた。トーマスはカーシーに「審判団の幹部であるRonnie Nunnをやめさせて、カーシーとバベッタが後を引き継いでほしい。」と話していた。こういう話はしょっちゅうだ。当時の私はスタフォード、バベッタ、カーシーが一緒にニックス戦を担当する機会を待っていた。その試合で賭けをすれば、事前に宝くじの当たり番号を知っているようなものだからね。」

スポンサーサイト
[ 2009/10/31 07:13 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/2706-2fab5355







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。