スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Tウィリアムズ

リンク: At Home With Terrence Williams - Terrence Williams Wears Memories of His Childhood Home in the N.B.A. - NYTimes.com.

ネッツの新人、Tウィリアムズの特集記事。シューズマニアであること、昔は貧しくて苦労したこと、ワシントン州の仲間などについて語っている。

ニュージャージーの新居について、ウィリアムズ「シューズを収納するウォークインクローゼットがほしかった。彼女は見晴らしを重視していたけど、俺はこれさえあればどこでもよかった。・・・最初の2週間くらいは、2階の部屋しか使ってなかった。狭い部屋しか慣れてなくてさ。・・・物件を選ぶときは最高の気分だった。やっと自分の住みたい場所を選べるようになったからね。」

93年、ウィリアムズの父親は、出所してきた数時間後にギャングに射殺された。当時20歳で、ウィリアムズが6歳。ウィリアムズの母親は服役中だった。ウィリアムズの一家はおばの家でお世話になっていたが、母親の出所後、彼女は出産したのでおばの家は満員になった。

ウィリアムズ「おじさん2人、おばさん2人、いとこ、ばあちゃん、で、俺たち一家が3部屋の家に住んでいたから、スペースなんてなかった。自分のものなんてなかった。くつはあった。でも、俺の足はでかかったので、おじさんは靴下を2枚重ねて、俺の靴を履いたりしていたな。・・・家族といたあのときは最高だったが、最低でもあった。満員だったからね。いっぱいになったので俺はどこかに行かないといけなかった。」

家が狭かったので、ウィリアムズはよく近所のネイト・ロビンソンの家に泊まっていた。彼らはセクション8、もしくは8ブロックと呼ばれる場所に住んでいた。そのため、彼らや周りの友達は腕に8という文字のタトゥーを入れている。これはウィリアムズの背番号でもある。ウィリアムズ「これは俺たちの絆を表しているんだ。」

高校のときは友達の(現在スパーズ在籍で、ワシントン州出身のほうの)マーカス・ウィリアムズの家で過ごした。当初は気付かなかったが、2人は遠い親せきだった。「おばが様子を見に来てくれたんだけど、そのとき、実はマーカスともつながりがあったのがわかったんだ。」

ウィリアムズの彼女はニューヨーク州立ファッション工科大学(カルバン・クラインなどが通った学校)の卒業生。現在、2人の間には、6歳と2歳の子供がいる。ウィリアムズは中学時代からシューズを集め続けてきたが、それを収納できるスペースのある自分の家をやっと手に入れた。

新居について、ウィリアムズの彼女「家はともかく、彼はこの街が好きじゃないの(笑)渋滞と人混みが大嫌いなのよ。」

スポンサーサイト
[ 2009/10/30 09:34 ] | TB(0) | CM(2)

6歳の子供ってどーゆーコトっすか、6歳って。
[ 2009/10/30 23:37 ] [ 編集 ]

だから・・・そういうことっすよ(笑)
[ 2009/10/31 19:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/2695-74e75c55







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。