スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Bロイ

リンク: Brandon Roy: The Portland Trail Blazers' undisputed leader | The Blazers Beat - OregonLive.com.

ロイが真のリーダーへと進化している、という記事。

練習中のちょっとした接触でブツブツ言ったり、「なんでこんなきつい練習をするんだ」と言っている選手たちに対して、ロイ「もう10月なのになぜさっさと練習を切り上げるんだ。・・・こんなもの、優勝候補のチームがする練習じゃない!優勝したいなんて言ってるだけではだめだ。高いレベルで練習しないとだめだろ。」

ロイ「ちょっとした接触で「ファールだ」なんてみんなは言っているが、それを見て俺はヒューストンとのシリーズを思い出した。むこうはつかみまくってきた。だから俺はみんなに言ってやった。「みんなが今口にしてることは、あのシリーズで言っていたことと同じだ。」って。」

みんなに向かって、ロイ「夏の間に忘れたのかは知らないが、プレーオフはきついものだ。で、今、みんなは練習であの時と同じことを言っている。ファール?いんちき?もうあんなことは起こらない、なんて油断するな。」

ロイについて、オーデン「前はああじゃなかった。急にかわった。きつい練習をしてるのに、それでも彼には物足りないんだ。リーダーとして成長している。ブランドンの言うことは絶対だ。彼のチームだからね。」

ロイについて、Mウェブスター「とうとう本物のリーダーがこのチームに現れた、って感じがした。前は監督が話の最後に「誰か何か言うことは」と言っても誰も何も言わなかった。だから彼がああいうことを言ってくれるのは大きい。」
 
ロイ「監督とはとてもいい関係を築けるようになった。だが「ロイは監督の手下だ」なんてみんなに思われないよう、チームメイトにも誠実に接するようにしている。」

昨シーズン、マクミラン監督の練習があまりに厳しかったので、選手の間ではもっと休息がほしいという不満があった。ロイ「監督に「そんなにきつく選手に接しないでください」と言って、みんなの不満を伝えるのは本当にきつかった。・・・部屋にいた彼は「不満がないなら黙ってプレーしろ」みたいな感じでさ。・・・で、結局試合中に全力でプレーすれば褒美に休息がもらえることになった。その後、みんなは全力でプレーした。シーズンが進むにつれ、監督も少しやさしくなり、練習にも混じるようになった。・・・俺はチームの代表のような感じになった。みんなは「B(ロイ)は俺たちの言いたいことを分かっている。」という感じだった。俺が監督との話し合いから帰ってきたら「どうだった?」と聞いてきたりさ。」監督とロイはともに信頼しあう仲になった。

今シーズン、監督はAミラー、プリジビラ、フェルナンデスをセカンドユニット(控え)のメンバーに選んだ。もし彼らが不満を言うことがあれば、まずロイが対処することになる模様。

今シーズンについて、ロイ「シーズン中、いつかもっと真のリーダーとしてふるまう時が来るだろうね。」

スポンサーサイト
[ 2009/10/27 11:41 ] | TB(0) | CM(2)

初コメントです。
毎日チェックさせてもらってます[E:happy01]
この記事は私が今までみた中でも最高の部類に入ります!素晴らしい記事を訳して頂いて感謝です。
これからも期待しています[E:happy01][E:happy01]
[ 2009/10/28 00:41 ] [ 編集 ]

ありがとうございます。
基本的にはバカな記事専門のブログですが、たまにこういう記事も訳しています。今回はロイのかっこよさに負けて訳してしまいました。
[ 2009/10/28 23:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/2684-019af7ae







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。