スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Rアーテスト

リンク: Sports Radio Interviews ≫ Blog Archive ≫ Ron Artest Does Not Live On Planet Earth.



★新しい番組の企画について、アーテスト「だいぶ前に、ジョン・グリーンを探そうと思った。デトロイトの乱闘事件で俺にビールを投げたやつだ。デイブに「あいつにインタビューしたいんだが」と言ったらみんなに「やめとけ、また大ごとになるぞ」と言われた。でも何年かして「みんなは俺とあいつが話してるところを見たいんじゃないか」と思うようになった。別にクレイジーなことじゃないだろう。それどころか歴史的なものになる。喧嘩をしても友達になれる、とみんなに教えることができる。恨み続ける必要なんてないんだ。」



「で、Twitterを通じてついに彼を見つけた。「誰かあいつの電話番号を知らないか、ランチに行きたいんだ。」って書いたら誰かが知らせてくれてね。で、俺は彼の家に電話した。「もしもし、ジョンさんいらっしゃいますか?私、ロンです。ロン・アーテストですが。」って言ったら電話に出た女性に「何をおっしゃってるの!冗談でしょう!?」と言われた。結局ジョンと話ができた。知り合いみたいな感じでね。俺は「やあ、ジョン、そっちはどうだい?」って感じで、彼は「やあ、ロン。そっちこそどうだい。」って感じだった。すぐに気があってね。だからみんなもデイブの番組で生放送で俺たちの会話を聞けると思うよ。いい話し合いだった。話の中身は子供たちを助けよう、ということだ。」



★セリーヌ・ディオンの歌をうたっている動画について、アーテスト「コンテストをしたんだよ。俺の電話番号やアドレスをみんなに教えて、俺が誰かを招待したり、逆に招待されるという企画だ。これは金、土、日にやったときの動画だ。バスケをしよう、などいろいろな意見が集まったが、私の家でフィリピン料理を食べませんか、というコメントに俺は興味を持った。俺の息子はフィリピン人と黒人のハーフだからな。だからフィリピンの人がカラオケ好きというのは知っていた。カラオケだけはしたくなかったんだがな。」



「最初の2日は飯を食ったり笑ったりしていたんだが、結局3日目にカラオケをせがまれた。いやって言ってるのにそこの家のお母さんに「ダメよ、ロン。カラオケしなくちゃダメ。やってちょうだい」なんて言われてね。俺の順番になっても俺は「俺はやらねぇ」と言ってたけど、また彼女に頼まれてね、結局やった。リアリティー番組用にこの動画を使おうと思ったんだが、みんな見たいだろうと思ってネットでアップした。」



「ほかにもバカなことは山ほどしたぜ。大声で笑ってる最中に屁をこいたりな。友達に向かって笑ってる最中にプーー!!だぜ。爆音だった。まぁあのシーンはみんなに見せないけどな。明日からはメキシコ料理を食べにメキシコ人の家庭に行く予定だ。」


スポンサーサイト
[ 2009/09/04 12:30 ] | TB(0) | CM(2)

相変わらずわけわかんないことやってますねw
頭のネジが10本くらい抜けちゃってます。
嫌いじゃない、というか好きだけど。
[ 2009/09/04 05:56 ] [ 編集 ]

レイカーズがどこまで我慢できるのか楽しみです。
[ 2009/09/04 21:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/2481-06d9fcbf







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。