スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウォリアーズ

リンク: NBA.com: Warriors cut ties with top exec Chris Mullin.



ウォリアーズの球団社長ロバート・ローウェルは、GMのマリンと契約延長せず、新たな人をGMに任命。



ローウェルはマリンと昨年あたりから対立し始めたらしい。Bデイビス移籍に関して、デイビス放出派だった彼は、契約延長派のマリンと対立し始めた模様。Mエリスの事故への対処時も、処罰に関してもめた模様。



ローウェルは就任当時36歳と、相当やり手な人物の模様。


スポンサーサイト
[ 2009/05/13 08:41 ] | TB(0) | CM(4)

まー、デイビスと延長契約しておけば、今シーズン、こんなことにはならなかったでしょう。
状況的にはマゲッティとの契約も、クロフォードの獲得もローウェル絡んでますし、どーなんでしょう。
[ 2009/05/14 14:17 ] [ 編集 ]

オーナーの意見を通す係の人らしいです。
Mエリスへの処罰もBデイビスの放出も、結局ローウェルの主張が通ってるうえに・・・選手の獲得や放出などのGMの仕事に口出し・・・こんなのオーナーが認めてないとできない。
http://dimemag.com/2008/10/the-real-story-behind-baron-davis-la-departure/" rel="nofollow">http://dimemag.com/2008/10/the-real-story-behind-baron-davis-la-departure/
[ 2009/05/14 21:00 ] [ 編集 ]

ならばクリッパーズに来てくれないかなぁ、マリン。
GMいないし、バロンはいるし。
[ 2009/05/15 13:22 ] [ 編集 ]

クリッパーズのGMになるにはダンリービーより格上の人じゃないとなれないんじゃないすかね・・・ダンリービーが解雇になるなら話は別ですが。
[ 2009/05/15 19:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/1957-8287625d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。