スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Dハワード

リンク: The Official Dwight Howard Blog.

Sports Illustrated put me on the cover of its NBA playoff preview edition this week, but they wondered in the article if I could ever be serious enough to lead the Magic to a NBA title.

Trust me, that magazine will be going up on my mirror at home. But it will be there to serve as motivation for me in the playoffs. I want to show people that I can dominate AND have fun at the same time.

I remember three years back someone locally wrote that they hoped that I never lost my smile that I flash from time to time while I’m playing. But now, a few years later, my smiling and having fun on the court is seen as negatives? C’mon man, I just don’t get that.

People who watch the games sometimes take my kindness for weakness, but I don’t think the guys on the floor playing against me feel the same way. I can smile and still get the job done.

I’ve been smiling my whole life and I’m not going to stop. Basketball brings me joy and I’m having fun blocking shots and dunking, so I am going to smile. It’s not going to stop me from being who I am. I’m not going to change it for anybody.

My coach understands that my personality is to smile and have fun. I’m going to smile, but I’m going to get the job done too.

I just can’t play angry. I’ve tried it, but it only works for a couple of minutes. I have to smile, that’s just me. My dad use to try to stop me from smiling when I was growing up, but then he realized that basketball is my sanctuary. I’m going to smile and have fun, but at the same time I’m still going to dunk on you



ブログで、ハワード「今週のSIプレーオフプレビュー版(画像)が俺をカバーに使ってくれた。でも記事では、俺がチームを優勝させられるくらい真剣にプレーできるか疑問視していた。この雑誌は家の鏡の上に飾っている。プレーオフでのやる気のもとにするためだ。」



「俺はいいプレーをすることと楽しむことを両立させたい。3年前は、地元の記事で笑顔を絶やさないでほしいと書かれた。でも今では「俺が笑ったり楽しんだりするのがよく思われていない」だって?なんだよそれ。意味が分からない。俺の優しいところが弱点だ、なんてとらえる人もいる。でも実際の俺の対戦相手はそう思っていないんじゃないかな。俺は笑ってるけど、仕事もちゃんとしている。これまでそうやってきたし、これからもそうやる。」



「バスケットボールをしていると楽しい。ダンクやブロックをするときもそうだ。なんと言われたって今の自分を変えない。監督もこれが俺の個性だと理解してくれている。怒りながらやったこともあるけど数分も持たなかった。結局笑ってプレーしてしまう。これが俺なんだ。父にも昔、「プレー中に笑うのをやめろ」と言われたけど、俺にとってバスケットのコートだけが自分を表現できる場所だ、ということをわかってくれた。だから俺はこれからも楽しくプレーするし、ダンクもぶちかます。」



スポンサーサイト
[ 2009/04/22 10:09 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/1835-60462df5







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。