スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

効率のいいチーム

リンク: Orlando Magic most financiall efficient team in NBA - Ian Thomsen - SI.com.



サラリー総額を勝利数で割った数字が一番いいチームはマジックらしい。あとはレイカーズ、ナゲッツ、ホーネッツ、ジャズなどが続く。な、ナゲッツ・・・そういえばたしかにサラリーが減って勝ってたな・・・でも意外。



・ホーネッツとジャズは来シーズンからポールとウィリアムズのサラリーが倍以上にアップするから誰か出ていく可能性が高い模様。ジャズはともかく、ホーネッツはペジャやチャンドラーなどトレードしにくい選手が多いらしい。



・レイカーズはバイナムのサラリーが激増する代わりに、オドムとアリーザがFAになるので、サラリー総額自体は来シーズンも7400万ドルと、今とそれほど変わらない。オドムとアリーザを見捨てる、というのが前提ですが。レイカーズどうするんすかね。ベンチが激しく頼りないんですけど。ブヤシッチとかモリソンなどの400万ドルクラスの選手を誰かと交換、って感じなのか。さ来年あたりに改定される労使協定では選手側に何かと不利な内容になるらしいので、その前にコービーは高額契約を結ぶ可能性が高い。



・マジックはサラリー総額が200万ドルしか増えないので、ルーを出してターコルーと再契約って感じでしょうか?ルイスにあんなに大金だしてるのに一番効率がいい、というのが意外。ハワードのサラリーを低めに抑えてるのがすごいです。


スポンサーサイト
[ 2009/04/05 01:06 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/1744-4cb036cb







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。