スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Dハワード・・・3

リンク: Super human: Howard, Magic's man of steel, has joy for life - USATODAY.com.

Last year, he became a father. The mother, Royce Reed, a former Magic dancer, and Howard share custody of their 15-month-old son, Braylon, he says.





The sudden news shocked many because Howard was quite vocal when he entered the league preaching a no-street image and the word of God. At the dunk contest two years ago, Howard slapped a sticker to the backboard with the phrase, "All things through Christ. Phil. 4:13."





"I was a little hurt about some of the decisions I made," he says. "I was kind of hurt about some of the things that were said about my character ? what I said when I got into the league and what I did. Then I realized, 'I'm not perfect.' Even though the situation might have been a mistake, I got a blessing out of it. I would never take that back."



Before turning pro in 2004, the scope of his life largely had been limited to home, church, a private Christian school and AAU hoops. With the NBA lifestyle exerting more of an influence, "I was wondering who my son was becoming," says his father, Dwight Sr., a former Georgia state trooper.

"Something had to happen," he says. Braylon "was almost like a wake-up call. Dwight recognized, 'Hey, I stepped outside my boundaries.' "

Howard says he doesn't worry about his image because "I try to stay away from bad situations."

"With the type of life we live, I'm real proud of myself for not letting the things of the world ? the money, the fame ? get to me," he says. "Every day, I think about how all this can be taken away."



Nevertheless, critics piled on ? often in public forums such as blogs.

"People might say I'm Superman, but at the end of Superman is 'man.' I'm still human," he says. "I still have feelings. I don't fly to the moon at night. I sleep in a bed, see the same stars, breathe the same air. I said I can't read this anymore. Not only did it hurt me, it hurt the people around me."



ハワードは敬虔なクリスチャンというイメージで売っていたのに、去年、ダンサーとの間に子供ができてスキャンダルになった件について。



「昨年、彼は父親になった。元マジックのダンサーとの間にできた生後15カ月の子供の養育権を彼女と共に持つことになったのだ。このニュースは多くの人を驚かせた。というのも彼はギャングっぽいイメージではなく敬虔なクリスチャンというイメージを強調してリーグに入ってきたからだ。2年前のダンクコンテストでもダンクのときに使ったステッカーの裏には「All things through Christ」という聖書の一句が書かれていた。」



「この件について、ハワードは言った。「自分の決断のせいで傷ついたこともあった。自分についての意見などにね。リーグに入ったときの自分の言葉と実際に自分の取った行動との違いについてとか。俺はその時やっとわかった。自分は完璧なんかじゃない、と。状況はともかく、そのおかげで子供に恵まれた。これについては後悔してない。」」



「プロになる前の彼の行動範囲は家、教会、私立のクリスチャン系の学校、アマチュアバスケクラブに限られていた。そこにNBAのライフスタイルが多大な影響をもたらし始めた。ドワイトの父は「息子はどうなってしまうんだ」と感じた。」


「ハワードは言った。「変化が必要だった。息子の件がきっかけになった。もう俺は今までの(まじめという)イメージ通り振舞うのはやめる、という感じでね。もうイメージは気にしない。今は良くない状況にならないように気をつけている。こういう世界にいながら、金や名誉に溺れないところは誇っていい点だと思っている。・・・スーパーマンといわれるが、スーパーマンも結局は人間だ。感情もある。別に月で寝ているわけじゃない、みんなと同じようにベッドで寝る。批判に関する記事は読まないと当時の俺は言ったが、結局あれは自分だけでなく周りも傷つける結果になった。」」



スポンサーサイト
[ 2009/02/17 11:46 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/1579-94b64559







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。