スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Dハワード・・・2

リンク: Super human: Howard, Magic's man of steel, has joy for life - USATODAY.com.

"Basketball brings me a lot of joy. Just knowing that I'm alive, and I have a reason to be here, brings me joy. Basketball is one place where I know I can be myself. I'm most peaceful on a basketball floor."




His mother, Sheryl, who played basketball at Morris Brown College, suffered five miscarriages and lost seven children, including two sets of twins, before Dwight was born prematurely in 1985, joining his older sister, TaShanda.

Before his son's birth, his mother was so ill, "Doctors told us, 'Don't have a baby shower. Don't paint the room,' " Dwight Sr. says.



To this day, Dwight Jr. thinks hard about that.

"I was supposed to be number eight," he says softly. "My dad always told me that I was a blessing ? that I was called upon to do something in life."



"I ask my friends, 'If you had one power, what would it be?' They wish
they could fly or see into the future," he says. "I've always wanted to
touch peoples' lives in a Midas-like way. I guess I wanted the ability
to make everybody's life better."



"I make sure I put a smile on somebody else's face," he says.



「ハワードは言った。「バスケットボールは楽しい。生きていることを実感できる。生きている理由も知ることができる。楽しさもくれる。コートは俺が自分自身になれるたった一つの場所だ。コート上が一番落ち着く。」」



「彼の母、シェリルも大学でバスケットボールをしていた。ただ、5回の流産を経験し、7人の子供を亡くしてきた。その中には2組の双子もいた。ドワイトが未熟児として生まれた1985年よりも前の話である。彼を出産する前、母は病気であったため、医者に「お祝いをしないようにしてください」と言われたのだ。ドワイトの父親はそう語っている。」



「今でも、ドワイトはそのことについて深く考えている。「俺は8番目の子供になるはずだった。・・・父から言われた。「おまえは神に祝福されている。・・・何かを成し遂げるために生まれたんだ」って。」」



「ドワイトは言った。「特殊な能力がもらえるとしたら何がいい、って友達に聞くと、たいていは空を飛ぶ能力だとか未来に行く能力と答える。でも俺は他人を幸せな気分にしたい。神話に出てくるミダスのように手で触れたものがパッとお金に変わる、ああいう感じでさ。・・・人を笑わせる自信はあるよ。」」



スポンサーサイト
[ 2009/02/17 11:06 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/1578-afe308f7







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。