スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

訪れた変化いろいろ(ビラップス、ムトンボ、バティエ)

Cビラップス
ビラップスとのインタビュー記事より。

・移籍について、ビラップス「もしリップが水面下で行われてた俺の移籍話を知っていたら、彼がピストンズと契約延長をしていたかはわからない。彼の契約延長と俺のトレードが同じ日に公になるなんて奇妙な話だ。彼は俺の移籍の3日前に契約延長をしていた。もし俺のトレード発表がもう少し早ければ違ったことになっていただろう。」

・トレードのあった日、空港に行くまでの3時間、ハミルトンとプリンスはビラップスのいるホテルの部屋に行って別れのあいさつをした。その時の様子について、ビラップス「人生で一番長くつらい時間だった。実際は2,3時間くらいだったが。ピストンズの選手ではなくなったことを、彼らはまだ信じることができなかった。その様子を見たときが今回のトレードで一番つらいものだった。もうみんなとプレーすることはない。その時期は終わった。だからあのときは気が狂いそうだった。・・・俺はデトロイトでの6年間を決して忘れない。そしてあの部屋で2人の仲間と過ごした時間も忘れない。」

・監督がソーンダースからカリーに変わったことについて「(チームメイト全員がソーンダース監督に対しては)敬意があまりなかったかって?その表現は正しいと思うよ。監督が代わって、これでやっとプレーに集中できると思った。」

・昨シーズン怪我をしなければ優勝できたか聞かれて「けがさえなければ、フリップが監督であったとしても、優勝できたと思う。怪我をしなければ何もかもうまくいったと思うし、今回のトレードもなかったと思う。」

・2007年に結んだ5年の契約延長について、「あのときトレードされると知っていたら延長なんてしなかった。誰でもそうだと思う。」

・同じ1番の背番号を選んだアイバーソンを見たときの気分について、ビラップス「正直、ショックだった。あれをテレビで見てやっと、トレードされたんだと実感した。」

ムトンボ
ムトンボがやっとアメリカ国籍を手に入れた。そして今回が初めての選挙だった。

・アメリカ国籍を手に入れてから初めての選挙で黒人大統領が生まれたことについて、ムトンボ「最高の体験をさせてもらった。 42歳になる今日まで投票に行く機会がなかったからね。コンゴにいた時は、モブツ(モブツ・セセ・セコ。コンゴの独裁者)政権だったので、だれも投票に行かなかった。彼しか候補者がいなかったから。・・・今回はどちらに投票したかって?からかわないでくれ(笑)彼が大統領になってうれしい。」

・現役を続けるのかについて「シーズンのうち半分くらいはプレーしたい。徐々にプレーするチャンスは減っているが、12月にはどうするか決める。・・・6 チームから誘いが来ているが、ロケッツで復帰するチャンスを待っている。・・・最近は子供を学校に送ってジムで3,4時間練習して、自転車やヨガ、エアロビクスなどをしてコンディションを整えている。」

Sバティエ
・混血である点が大統領と同じであることについて、Sバティエ「白人と黒人の混血という点で、僕と彼はかなり近い経験をしていると思う。白人の友達からも、黒人の友達からも完全には理解してもらえないんだ。自分の子供には差別などを経験してほしくないけど、苦しい状況を乗り越えるようにはなってほしい。でも僕の両親や僕ほどのひどい経験はなければいいと思う。僕の経験は両親ほどつらい経験じゃないけど。」

・昔について、バティエ「黒人には「裏切り者」と呼ばれたり、白人からは変な奴だと思われていた。デトロイトの郊外で育った時の話だ。・・・小学校の時、400人の生徒のうち僕だけがマイノリティーだった。写真を取る日、みんなはくしを持ってきていたけど、僕だけピック(くせ毛用の目の粗いくし)を持っていたりね。マーティン・ルーサー・キング・デーになると、僕のクラスメートは僕に注目するんだ。マーティン・ルーサー・キングに関する専門家と思われていたせいだ。僕だけ感じが違っていたからね。・・・一方、スラム街にバスケをしに行くと黒人からは「郊外から白人が来たぜ」という感じで見られた。」

・オバマについて、バティエ「両親はいつもこう言ってくれた。「人が何を言おうと気にしなくていい。まわりの人の見方に沿って行動してはいけない。自分に誇りを持ちなさい。」と。・・・彼の中に流れる人種の多様性、大統領になったという生きざま・・・これこそまさにアメリカ的なことだ。彼は示してくれた。とても興奮している。」
スポンサーサイト
[ 2008/11/16 05:10 ] 08-09 NBA | TB(0) | CM(2)

 Chauncey達の話は泣きますね。
漫画みたいな連帯感ですよね。
 Mutomboは確かお父様が医師で、半分逃げる様にして米国に来たのではなかったですかね。
Dickも米国籍取得とは感慨深いです。
[ 2008/11/18 00:32 ] [ 編集 ]

この記事ではいい話を紹介してみました。そういえば2人はデンバーの選手でしたね。マクダイスもムトンボもみんな帰ってくれば・・・同窓会みたいになりそうですね。
[ 2008/11/19 00:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/1485-d592e1d6







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。