スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NBAシーズンプレビュー(ダーティーバージョン)・・・MEN

★今シーズンのグリズリーズのイメージ画像
Ginga少し前にロゴが変わったけど、どうせならこれくらい迫力のあるものにしてもらわないと。

★最高のシナリオ
「バッドボーイズ時代のピストンズを目指す」というオーナーの言葉通り、荒々しいスタイルでリーグを驚かせる。Qロスは「劣化版Bボーエン」というレッテルを払しょくするかのように、対戦相手をシャットアウトしていく。ミリチッチは文字通り対戦相手を血祭りにあげていく。Aウォーカーもがんばって昔のようにシャカシャカと妖しいディフェンスを披露する。シュート力の上がったMコンリーはIトーマスのように相手を支配する。ゲイはオールスターになり、ガソルとメイヨーは新人王をダブル受賞する。今年一番のサプライズチームになり、プレーオフに行く。

★最悪のシナリオ
Dアーサーが高校の卒業資格を満たしていないことが発覚し、大事件になる。3ptシューターがいないので、選手が次々にゴール下に突っ込んでいき、けが人が続出する。ミリチッチはまたベンチウォーマーになり、「国に帰りたい」とメディアに話す。やっぱりZランドルフが来る。Kオニールの影響で、汚い言葉遣いがチームに蔓延し、テクニカルファール数でリーグ1位になる。オーナーの希望通り、グリズリーズはリーグ一番の「バッドボーイズ」になる。うつ病になったオーナーはチームを売却する。メンフィス大学に心を奪われている地元の住民は、マーチマッドネスが終わってからそのことを知る。

★ネタ補足
・劣化版ボーエン(Poor Man's Bowen)・・・Qロスはそういう評価をされているらしい。

・Dアーサーの事件・・・先週そういうニュースがあった。現在捜査中らしい。

・ミリチッチの国に帰りたい発言・・・ピストンズ時代、2位指名されたのにずっとベンチだったため、そういう発言をした。

・Kオニール・・・今年からのアシスタントコーチ。ディフェンスの専門家。気性がめちゃくちゃ激しいことで有名らしい。大学の監督時代、1試合で30回以上、放送禁止用語を使ったことが確認されている(記事)。

・3ptシューターがいない・・・監督はそのことを心配している(記事)。

・シュート力の上がったコンリー・・・まわりも認めていて、もっと打てと言われている模様(記事)。
スポンサーサイト
[ 2008/10/14 03:46 ] 08-09 NBA | TB(0) | CM(4)

アーサーくんの事件、5月の半ばくらいにも話題になってて、ドラフトエントリーが取り消されたりするのかしら、とか思ってたんですが、そんなコトはなく。
http://www.wfaa.com/sharedcontent/dws/wfaa/localnews/investigates/stories/wfaa080515_jh_gradechange.1047fd860.html" rel="nofollow">http://www.wfaa.com/sharedcontent/dws/wfaa/localnews/investigates/stories/wfaa080515_jh_gradechange.1047fd860.html
ちゃんと読んでないんですが。(汗)
例えば、実際に不正がありましたよってなった場合、何が起こるんでしょう?
高校のタイトルが無効になる、もしかしたらカンザスの優勝が無効になる、あとは不正に奨学金受け取ったとか、そんな感じですかね。
と、マジメな質問しちゃいましたけど。(^^;
[ 2008/10/14 20:41 ] [ 編集 ]

以下、その記事からわかったこと・・・
★記事より
・2002年、彼は数学で不合格だった。数学の教師は校長とバスケ部顧問に「彼に合格を与えるように」と頼まれた。数学の教師はそうしなかった。が、2005年、成績書には許可なしに70点(合格点)と書き換えられていた。
・2003年、またもや数学で不合格だったが、2005年に校長が72点に書き換えることを認めた。理由は「採点ミス」。ただ、採点ミスの訂正は10日以内でないと無効。
・校長はすでに辞職。
・もしこれらの成績訂正行為が不正だと判断された場合、2005年の高校の州大会優勝の成績は無効になる。
・2006年も同校はアーサーを軸に州大会で優勝している。が、Kendrake Johniganという選手の同じような成績不正行為の発覚により、タイトルを剥奪されている。
・NCAA側は「これらの不正が事実なら、その生徒がかかわった試合の勝利取り消し(NCAAタイトルのはく奪も)の可能性はpossible(90%くらい)」と。
・カンザス大学側は「それはあくまで高校側の問題。我々は成績に不正があったことを知らなかった。」と主張。
★感想
記事のいうとおり、どうなるかは調査次第かと。でもこれだけいろいろ明らかになってるのなら、タイトルはく奪はほぼ決まりじゃないか、という気が。僕は、高校タイトルもNCAAタイトルも全部だめになると思います。
これだけの事実が分かっていながら、なぜ現在も「調査中」なのかが不明ですが。しかし校長はひどいっすね。
NBAにどういう影響が出るかは書かれてませんが、ドラフトされる資格もなくなるはずだから、契約も無効になるのかな・・・という気が。
[ 2008/10/14 23:06 ] [ 編集 ]

まとめていただいて、ありがとうございます。m(_ _)m
この期に及んで、何を調査してるんっすかね。(笑)
それにしても、ケリがついたもんだと思ってました、この件。
ところで、NBAって、高校「卒業」してないと(もしくは高校卒業と同等の資格がないと)ダメなんですかね。
アタシは年齢制限だけだから、ドラフトエントリーは撤回になんないのかなーとか、思ったりしてたんですが。
[ 2008/10/16 00:14 ] [ 編集 ]

何を調査してるのか>
校長にはなんか余罪がありそう。芋づる式に選手名がぞろぞろ上がってきたりとか(汗)大物による必死の隠ぺい工作中とか(怖っ)
ドラフト資格>
すみません、ルール知りませんでした。第六感で適当に書いてました。で、ちょっと調べてみました。
★資格
http://en.wikipedia.org/wiki/NBA_Draft" rel="nofollow">http://en.wikipedia.org/wiki/NBA_Draft
http://en.wikipedia.org/wiki/Prep-to-pro" rel="nofollow">http://en.wikipedia.org/wiki/Prep-to-pro
ウィキによると、以下の2つを満たす必要がある、と。
・ドラフト日の時点で19歳以上。
・アメリカの高校でバスケットをする条件を満たしたものは、国籍に関係なく、高校卒業日から少なくとも1年以上たっている必要がある。
★意見
専門家じゃないんでよくわかんない、というのが正直なところ。でも彼の場合、「アメリカの高校でバスケットをする条件を満たしたもの(Players who completed basketball eligibility)」ってところがひっかかるかも。
というのも、リエさんの紹介してくれた記事に「アーサーが実際に秋学期の数学の試験で不合格であったのが事実なら、プレー資格が失われていた(If, in fact, Arthur had failed math that fall, he would not have been eligible to play basketball)」と書いていたので。
よくわかんないすけどね。なんか僕の書いた最高&最悪のシナリオって無駄にリアルで嫌ですね。
[ 2008/10/16 03:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/1435-e76670e9







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。