スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

黒人の国歌(Lift every voice and sing)

マブズのジョシュ・ハワードが「国歌(The Star-Spangled Banner)が流れてるが俺は歌わない。黒人だから。」と言ったことが問題になっているが、問題なのだろうか。

このページ
ウィキによると、「Lift every voice and song」という歌が黒人にとっての国歌のようなものらしい。「The Negro National Anthem」とも呼ばれている。アメリカに無理やり連れてこられた黒人の気持ちや歴史、そして未来への希望などがこめられている。Youtubeの映像も黒人だらけ(Youtube)。

黒人にとってみればハワードの意見は普通の意見なのでは。「白人の作った歌なんか歌ってられるか」ということでしょ。あと、このニュースはいちいち記事にするような出来事なのか。ハワードがこの発言をしたシーンも、黒人だらけの場所で、しかもリラックスムードだったし。

個人的には「ほっといたれよ」というかんじです。

あともう一つ思うのは、「白人でシステマチックな戦術重視のリック・カーライル監督と典型的な黒人アスリートのハワードは、本当に合わなさそうだな」ということ。2人のうちどちらか(特にハワード)は1年以内にマブズを出ていくと思う人、挙手お願いします。



スポンサーサイト
[ 2008/09/19 03:18 ] 08-09 NBA | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://airball2.blog.fc2.com/tb.php/1398-915c7906







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。