スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日記

★株式(現物/特定預り)合計
評価額 含み損益 含み損益(%)
41,525 +810 +1.99

ふふふ・・・もうフォーチュンテラーと読んでください。4万円投資して2%の利益をたたき出しましたよ。2週間そこそこで。年利に換算するともうすさまじいことこの上なし。

ただ、投資額を見ると切なくなりますね。投資額4万は悲しすぎますね。・・・俺は社会人なのか。

★スキャナ
このスキャナはすごいぞ。今日一日かけて作業したところ、NFL雑誌、MLB雑誌、サッカー雑誌合計30冊を全て飲み込みやがってくれました。おかげで本棚が一段あいた。NBA雑誌は・・・なんかね・・・いきなりザクザク切るのは気がひけるというか。切る前に、儀式のようなものがしたいですね。しかもスキャナし終わったあとに捨てるのもなんかね・・・感謝の念をこめて一枚一枚、川に流したいですね。

とりあえず今日やってみて気付きましたが・・・生成物の出来を確認するときに普通に読んでしまいますね。経験者のサイトに書いてあったとおりでした。実感した。

生成物を外付けのHDに流し込まないと、大変なことになりますね。本体のHDに流し込んだところ、一気に5ギガも容量を食ったせいか、僕の非力なアンティークパソコンは次第に超スローな動きに。あせった。

生成物をJPEGにするべきか、PDFのまま残すべきか、それが問題だ。

★ノート
ノートパソコン買う。メモリが2Gって楽しみですね(嬉泣)今の10倍ですからねっ(嬉泣)

Vistaでもかまうもんか。Office 2007でもかまうもんか。HDにデータを一気に5ギガ流し込んだだけであえぐようなパソコンにはもううんざりなんですよっ。

★どちらでもない第三者
もう城島を代えることにした。Cスズキか、JRタウルズを取るか散々悩んだ挙句、Cスナイダーを取ってしまった。なぜだ!?どこから現れた?なぜお前を?・・・あ、ファンタジーの話です。

まぁ、アリゾナは絶好調だから。打点くらいはあてに出来そうだから。・・・でも気がつくとチームにはアリゾナの選手が5人も。

さんざんAかBか悩んだ挙句、Cというどこからともなく出てきた選択肢を選んでしまうのはなぜですかね・・・人生の謎ですね。
スポンサーサイト
[ 2008/04/30 12:51 ] 日記・コラム・つぶやき | TB(0) | CM(0)

600万ドルの男(Sナッシュ動画)

★動画


どうやらNikeのコマーシャル動画らしい。そして元ネタは600万ドルの男という、サイボーグが主人公の昔のドラマらしい。アマレとかラジャ・ベルも博士っぽい格好でゲスト出演している。シューズがリサイクルされた廃棄物からできているから、こういうふうにサイボーグがテーマになってるんすね。

まぁ、それはいいんだけど・・・サンズがプレーオフで0−3の今、ナッシュがばらばらになる場面を見ると、なんかドキッとする。
[ 2008/04/28 01:28 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

日記

今日から11連休じゃー!!11日ネットするどー!!(それはだめだよ!)

★MLBファンタジー
Bフェンテス取ったどー!!このチームは無敵じゃー!

★このブログ
累積アクセスが30万突破したどー!!(ココログのカウンターでは)

トラックバックとか宣伝とか全然してないのに・・・なんだこれ。

★スキャナ&裁断機
とりあえず岩波書店の文庫本、ジュリアス・シーザーを裁断機で切って、スキャナしてみた。30分もかからずに全ページをスキャナできた。なんという切れ味。なんというスピード。

自由だ!開放だ!本の山は倒れた!誰か広場に行って「自由、開放、万歳」を叫ぶのだ!!

諸君!ひざまずいて刻まれた本の山に両手を二の腕まで浸し、そして朱にそまった裁断機をかざしながら「平和、開放、自由」を一斉に叫ぶのだ!!

さあ、ひざまずいて手を浸せ!この崇高な場面は今後万世の後までも必ずや繰り返し演じられるに相違ない!いまだ生まれぬ人々によって!未知の言葉によって!

「そのとおりだ!今この部屋の床に、紙切れ同然で倒れている本も、今後幾度、狂言の血を舞台上で流すことか!!」

われらこそがこの家にスペースを与えた!志士の名をもって呼ばれるにきまっている!われらは最も馬鹿な本好きとして、前に進もうではないか!
[ 2008/04/27 12:16 ] 日記・コラム・つぶやき | TB(0) | CM(0)

ウィザーズ対キャブズ・ゲーム3(動画)

ゲーム3の馬鹿な動画がいくつか見つかった。



・上はソウルジャ・ボーイのダンス、プレーオフバージョンの動画

・ソウルジャ・ボーイはこんな動画まで作る始末。自分のオフィシャルサイトにまでアップする始末。何をしゃべっているのかよくわからないけど、ソウルジャ・ボーイが暇なことはわかった。

・試合中、踊りまくるウィザーズファンの男性(推定80歳)の動画。楽しみすぎ!そしてキレありすぎ!
[ 2008/04/27 08:17 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(4)

ウィザーズ対キャブズ・ゲーム3(I can't feel my face!)

ウィザーズはゲーム2で30点差のぼろ負けをした。で、その後日、ウィザーズはホームでのゲーム3で30点差のぼろ勝ちをした。どんなチームだよ。

ソウルジャ・ボーイが観戦に来たからなのか、ウィザーズの選手4人がモヒカンになったからなのか、ファンがみんなWhite outのシャツを着ていたからなのか、90年代のニックス並のありえないほど強烈なディフェンスのせいなのか、何が原因かよくわからないけど、ぼろ勝ちした。

★画像
Captbdddc06125fd4548ba50b3ddee42921DスティーブンソンのこのジェスチャーはI can't feel my face(顔の感覚がなくなるほど気持ちがハイ)という意味があるらしい。WWEのレスラー、ジョン・シナのYou can't see me(お前は俺の足元にも及ばない)というジェスチャーとは違うらしい。なんにせよゲーム3はレブロンの前でこれをやりまくってました。のってるデショーンは楽しいぜ〜。

Img_0265Cバトラーも頭の後ろに、Tough Juiceという自分のあだ名を入れて参戦。

★デショーン対レブロン
・Dスティーブンソンとの関係について聞かれて、レブロン「俺とデショーンは別に敵対関係なんかじゃない。俺はどの選手も尊敬している。・・・そもそもデショーン・スティーブンソンなんて知らない。」

・ウィザーズのファンに「過大評価!(Over-rated)」という大合唱をされたことについて、レブロン「もっときつい状況でプレーしたことがある。デトロイトでのイースタンカンファレンスファイナルだ。過大評価だ、と叫ぶここのファンよりはるかに敵対的だった。合唱が起こったときは笑ってしまった。たいしたことじゃなかった。」

ソウルジャ・ボーイ
8019212ff4c1c73af9cbfbaef91b4051getなんでこの人のCrank thatがあんなに人気があるのか、アメリカ人の携帯の着信音によく使われているのか不明だけど、とにかく勝利の女神。


・約束どおり、試合に来たソウルジャ・ボーイ「俺は、応援してくれる人を応援しなくちゃいけない。つまり、ウィザーズだ。俺はレブロンのファンだ。でもこうなってしまった以上、俺は彼らを応援しないとだめなんだ。」

・ソウルジャ・ボーイが観戦に来たことについて、レブロン「俺の息子がこの試合を見ていたら、すごく楽しんだんじゃないかと思う。息子はソウルジャ・ボーイのダンスも歌も全部知っているから。」

・ソウルジャ・ボーイが来てくれたことについて、スティーブンソン「彼が来たから勝った。俺とギルは迷信家だ。彼にはまた来てもらわないと。」

白い服
・White out(修正液で書き直す)という意味で、ウィザーズのファンは白い服で応援することが求められた。パウエル国務長官もウィザーズ応援用の白いTシャツを着て観戦していた。それについて試合前日、Aブラッチェ「俺は白のスーツで行く!」

Bヘイウッド「俺は絶対嫌だ。」

Aジェイミソン「白のスーツなんて、5年生のとき以来着ていない。母に着せられたんだ。イースターサンデーとかにさ。」

★モヒカン
・スティーブンソンはゲーム3の前にモヒカンにした。なぜプレーオフの初戦からモヒカンにしなかったのか聞かれて、スティーブンソン「後になってから思いつくことってよくあるだろ。それに俺はホームのファンの前でしたかったんだ。もしアウェーでやったらやじり倒されるだろ。」

★ヒューズ
・キャブズとウィザーズでプレー経験のあるLヒューズも観戦していた。ヒューズ「俺はいつもDCにいるよ。彼らともまだ連絡を取っているし。みんなを応援しに来た。ただいい試合を見にきただけだ。」

どちらのチームに勝ってほしいか聞かれて、ヒューズ「厳しい質問だ。それは選べないよ。」

★一言
・アリーナスのいるウィザーズは、超アップテンポのオフェンスを展開するチーム。しかし、彼が抜けると90年代のニックス並みのファードファールをしまくる超ディフェンシブなチームに変身。一人メンバーが代わるだけでこんなま逆にスタイルが変わるチームなんて見たことねー。

・NHKのBSで試合を見た。ウィザーズの強烈なディフェンスを見るたび笑ってしまった。あれはなんなんすか!(笑)

・うちのロジャー・メイソンなめんなよ。がばがばフリーにしやがって。3ptの能力はアリーナスより上やぜ。
[ 2008/04/27 08:01 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

バラック・オバマ(最高の司令塔)

★動画


オバマ氏がバスケをしている動画。PG!?左利き!?ノールックパス!?ブロック!?

・・・万能じゃないか。こりゃ円安になるな。
[ 2008/04/27 06:04 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

レイヴン(オオガラス)

今日は、英語の豆知識というページを見てました。それがきっかけでおもしろいことがいろいろ見つかりました。

ボルチモア・レイブンズの名前の由来
愛称の由来はボルチモアにゆかりのある作家エドガー・アラン・ポーの「ザ・レイヴン(大烏)」で、チームマスコットは3羽のワタリガラス。名前はそれぞれエドガー、アラン、ポー。

レイヴン(ワタリガラス)
イギリスではチャールズ2世の勅令で、最低6羽のワタリガラスがロンドン塔で飼育されており、「ロンドン塔からワタリガラスがいなくなるとイギリスは滅びる」というジンクスがある。2006年には鳥インフルエンザから保護するためにロンドン塔から一時避難させられた。ビーフィーターの中には、ワタリガラスの世話をする「レイヴンマスター」という役職がある。(画像

「大鴉」(エドガー・アラン・ポー)
・あらすじ・・・主人公は、恋人レノーアを失って嘆き悲しんでいる。大鴉はパラス(アテーナー)の胸像の上に止まり、「Nevermore(二度とない)」という言葉を繰り返し、主人公の悲嘆をさらに募らせる。

・2000年、レイブンズが記録的なデフェンスでスーパーボウルを制しようとした時、ESPNの番組『NFL Primetime』のクリス・バーマンはその日のチーム結果のハイライトの間に「Quoth the Ravens, Never score!(レイブンスが言いました、ネヴァースコア!)」という言葉を連呼した。

フギンとムニン
フギンとムニンは、北欧神話に登場する神オーディンに付き添う一対のワタリガラスである。フギンは「思考」、ムニンは「記憶」を意味する。フギンはアイスランド語の hugsun 「考え」に対応する。

フギンとムニンは、オーディンへさまざまな消息と情報を伝えるために、世界中を飛び回っている。

Hugin is "thought" and Munin is "memory".

★スウェーデンのVendel時代のヘルメット(レイヴンの模様つき)
Vendel era helmet with raven noseguard, at the Swedish Museum of National Antiquities.(画像

ヴァルキリー
「ワルキューレ」は「戦死者を選ぶ者」という意味である。英語では Valkyr(ヴァルキアー)、Valkyrie(ヴァルキリー)という。

水曜日
水曜日(Wednesday)は「オーディンの日"Wodan's day"」という意味。
[ 2008/04/22 12:34 ] 英語 | TB(0) | CM(0)

いろいろ(あの彼、あの世など)

プレーオフって明日というかもう半日後じゃん。

あの世で
キャブズ対ピストンズ戦は、両チームが主力を休ませたのでプレシーズンゲームみたいになった。そのことについて、ピストンズのFソーンダース監督「最初は、ネイスミス博士(バスケの創始者)があの世で泣いていると思ったね。」

ハーフタイム中のソーンダース監督の指示「今から勝てるメンバーでいく。だからスタメンのやつらは使わない。」

At halftime, Saunders had some fun with his team. He told them, “We’re going to go with the best team that we think we can win with, so we’re not going to play our starters.”

“Early on, I think Dr. Naismith was rolling over,” Pistons coach Flip Saunders said.

あの世から
・今年のファイナルがレイカーズ対セルティックスという古豪同士の戦いになる可能性について聞かれて、フィル・ジャクソン「何人か、墓の中からよみがえってくるんじゃないかな。昔を思い出すカードだね。」

・ちなみにファイナルでのこのカードは、8勝2敗でセルティックス勝ち越し。

・コービーの娘たちは、父親がMVPだと思っているらしく、この前の試合中“Daddy for MVP.”というカードを掲げていたらしい。

Asked about a potential Lakers-Celtics matchup in the NBA finals, Jackson said: “Maybe some people would roll over in their graves and reappear. It is a nostalgia thing, of course.” The Celtics have an 8-2 record when the teams have met in the finals. It hasn’t happened since 1987. … Bryant’s two young daughters, with an assist from his wife, held up a sign saying: “Daddy for MVP.”

あの彼のことか
Pライリーは、82試合出場したRデイビスを賞賛しているらしい。監督「彼は怪我をおしてプレーを続けてくれた。いまどきの選手はそうしないものなのに。」

あの彼が
ケガがちだったHターコルーは今季82試合も出たらしい。そしてなんとあのAフォイルまで。

今度はあの彼でいこう
スパイク・リーはコービーをテーマにしたドキュメンタリー映画を撮る予定らしく、先週から撮影を始めている模様。おそらくプレーオフでは、レイカーズの試合につきっきりになるんじゃないかと。

Lakers guard Kobe Bryant is taking his A-game from the court to the screen in an upcoming Spike Lee documentary.

The famed director will be filming the NBA star for an upcoming ESPN Films project. Lee reportedly began shooting yesterday, following Bryant for a day-in-the-life style documentary.
[ 2008/04/20 12:47 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

今日のプレーオフ(全部オッズどおり)

スパーズ対サンズ
ダンカンがなぜか3ptを決めて延長に持ち込んだ。それについて、ダンカン「正直、俺も何が起こったのかわからなかった。」

ゲームについて、ダンカン「ファイナルみたいだった。一回戦の初戦なのに。気合を入れなおさないと。」

ウィザーズ対キャブズ
しょうもない舌戦に気を取られず勝ったことについて、レブロン「93対86・・・俺が言いたいのはそれだけだ。」

デショーン・スティーブンソン「もうしゃべりは終わりだ。試合中、俺はレブロンに何も言わなかったし、彼も何も言ってこなかった。シリーズが始まれば、もう言うことなんてない。俺が言うべきことはもう言った。俺はコートの外だろうが中だろうが、彼をいらいらさせるために、できることをする。」

ホーネッツ対マブズ
試合前について、クリス・ポール「今日は練習のあと、昼寝できなかった。キャブズの試合とスパーズの試合を見て、激しさを実感した。わぁ、すごいな、って思ったよ。」

3Qに絶好調になったCポールについて、Aジョンソン監督「3Qは彼がゲームを支配した。」

ジャズ対ロケッツ
負けたマグレディー「ああ、ラファーがいないのは残念だ。彼のロングレンジからのシュートが、彼のゲームのコントロール力が・・・ゲーム中、彼の力があれば、と思った。」
[ 2008/04/20 11:56 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

プレーオフ・プレビューより(マジック、ホークスなど)

マジック対ラプターズ
・友達であるボッシュと対戦することについて、ハワード「プレーオフでは、俺たちは敵同士になる。スーパーマン対レックス・ルーサー(スーパーマンの宿敵)だ。」

“We’re going to become enemies,” Howard joked. “It’s going to be Superman versus Lex Luther.”

・戦い方について、ボッシュ「俺たちのチームは3ptを多用する。だがそれに頼りすぎてはいけない。ペイント内での得点、ディフェンス、オフェンスリバウンドが勝敗を分けるんだ。3ptに頼っても1試合か2試合しか勝てない。プレーオフは7試合のシリーズなんだ。」

・マジックはボッシュ対策と、ラプターズのピック&ロールへの対処法が見つかってないらしい。別にそんなこと発表しなくていいのに。いや、これは作戦なのか。

ピストンズ対シクサーズ
イグドラについて、Tプリンス「彼がエースだ。だから俺のディフェンスがキーになる。」

ホークス対セルティックス
・ホークスがプレーオフに出てしまった。それについて賭けをしていたので、昨日あたり、Mウッドソン監督はスキンヘッドになった。それについて、アフロ仲間だったJチルドレス「ピカピカしてる点を除けば、それほど悪くないと思うよ。もっとひどくなると思っていたからね。あのピカピカがもうちょっと収まればいいんだけどね。でも彼は約束を守ってくれた。」

"Other than the glare I felt like it didn't look that bad," Josh Childress said, "I expected a lot worse. Once his head tones down in the shiny department, I feel like it will look fine ... he made a promise and he kept it."

・ジョシュ・スミスの「世界を驚かせてやる」というコメントや、ジョシュ・チルドレスの「ホークスにいい面子がいないなんて、言えないじゃないかな。」というコメントに対して、Pピアース「やる気を高めるために彼らが何をしようと気にしない。俺たちのほう?俺たちは特にそれに関して問題は無い。とにかくやるだけだ。」
[ 2008/04/20 11:20 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

日記

★スキャナ
もういよいよ本がいっぱいになってきた。だんだん寝る場所がなくなってきた。ということで、全部パソコンに取りこむことにした。今日、裁断機とドキュメントスキャナを注文した。もうあとにはひきかえせない。雑誌も漫画も文庫も全部やってやるぜ。やり方はこのページにのっとってやります。買っといてなんですが、何だよ裁断機って。何だよ10キログラムって。おっかねぇ。

今月の頭に買ったスキャナとタブレットは最近全く使ってねーな・・・ミスった。

★toto
なんか予想が難しくなってきたので一旦待機。京都と川崎がまじでわからん。Jリーグのファンタジーも今年は全然100ポイントに届かない。

★株
初心者なのででしゃばらず、知ってる会社の株だけ買ってみました。もちろん単位未満で。ローソン2株、ツタヤ10株くらい、ブックオフ10株くらい。あとドル建てMMF1000ドル。あとグローバル・ソブリンの投信4万円くらい。ブックオフの株は、買った次の日くらいに7円くらい上がって100円の利益。ククク。ブックオフで本が1冊買えるぜ。

20万円の軍資金をなんとか今年の間減らさないように運用してみる。早く円安になるんだ!がんばれドル。

★MLB
アストロズの松井がやっと復帰した。切れ痔を治すために1ヶ月も休んだんすね。外国人ははっきり書きよる。

Matsui, who has been on the disabled list since before the season started after undergoing a medical procedure to repair an anal fissure, completed five rehab games for Double-A Corpus Christi.

一方、ネットの日本語ニュースではどこも「でん部の手術」、NHKの放送ではつねに「体調不良」が原因と報道されてる。こういう優しさは果たしてありなのか。

★ファンタジーMLB
げへへ。開幕3週目にして1位だぜ。もう悔いは無し。不振の城島をJPタウルズにかえてぇー。Mデローサほしー。ピッチャーほしー。というかCグランダーソンが帰ってきたら外野は7人である。バランス悪ぅー。
[ 2008/04/20 10:51 ] 日記・コラム・つぶやき | TB(0) | CM(0)

ウィザーズ対キャブズ・プレビュー(ウィザーズは文明の歴史の中で最もバカなチームだ)

アリーナス対レブロン
3年連続でウィザーズと対戦することについて、レブロン「他のチームとやりたい。・・・でも、相手がワシントンなら俺はハッピーだ。」

アリーナスが最近のブログで「俺たちはクリーブランドと一回戦でやりたい」と書いたことについて、ジョー・スミス「願いがかないそうじゃないか。かなえてやるよ。・・・一線を越えるようなことを言ったら、大変なことになるぜ。」

デショーン対レブロン
1ヶ月前くらいのキャブズ対ウィザーズ戦で、レブロンが決勝点を狙ったが失敗した。後日、それについて、デショーン・スティーブンソンが「レブロンは過大評価されている」と言った。その後日、それを聞いたレブロンが「デショーンはJay-Zに喧嘩を吹っかける若造のソウジャ・ボーイみたいだ。」と言った。

この記事は、そのつづき。以下、わけのわからない騒動に巻き込まれたことについて、17歳のラッパー、ソウジャ・ボーイのコメント。

ソウジャ・ボーイ「Interscope Recordsの人が、彼らのことについて教えてくれた。・・・レブロンが「俺はJay-Zでデショーンがソウジャボーイだ」という感じのことを言ったんだよね。それは失礼だと思ったよ。」

「最初、俺があの曲を出したとき、フットボールの選手やバスケの選手、サッカーの選手までが俺のダンスを真似してくれた。自分が重要な人物になった気分だ。そして今では俺はプレーオフの論争の中心人物だ。いい気分だ。あの歌を出したからスポーツの世界では俺の名前が出てくることになるだろうな、と思ったけど、まさかこういう論争で俺の名前が出てくるなんて思ってもなかったよ。」

デショーンは、ソウジャ・ボーイを招待した。だから彼はワシントンでの3試合目と4試合目にいくらしい。ソウジャ・ボーイ「俺はOKだ。俺を応援してくれる人なら誰でも応援するよ。俺に向かってくる人の応援は無理だけど。」

ソウジャ・ボーイはレブロンどころかバスケをろくに見たことがないらしい。地元アトランタのチームはずっと不振だから。

Jay-Z&レブロン相手に、デショーンとコンビを組んで2−2のチャリティー試合をする可能性について聞かれて、ソウジャ・ボーイ「いいね、やろうぜ。俺はバスケできないけど。でもみんな金はあるしね。俺もトレーニングはすぐにできるし。」

★おまけ
昔、ソウジャ・ボーイはレブロンのジャージを着てたのに。(画像

このシリーズに関する、最も素晴らしい一言
このシリーズについて、Cバークリー「ウィザーズは文明の歴史のなかで、最もバカなチームだ。リーグで2番目に素晴らしい選手をバカにするなんて・・・バカだ。前までは、ウィザーズがキャブズに勝つチャンスはあると思っていた。でも今はそう思わない。」

Ever-opinionated Hall of Famer Charles Barkley criticized the Wizards for trash-talking James. “The Washington Wizards have got to be the dumbest team in the history of civilization,” Barkley said in a conference call. “For them to rile up LeBron, who’s the second-best player we’ve got in the NBA … that’s just stupid. I thought (the Wizards) had a chance to win that series. I don’t think that anymore.”
[ 2008/04/20 02:22 ] 06−07NFL | TB(0) | CM(0)

プレーオフ・プレビューより(とりあえず今日のぶん)

ホーネッツ対マブズ
ダラスの選手たちが「一回戦の相手がレイカーズにならなくてよかった」と言ったらしい。それに対して、Tチャンドラー「彼らの願いがかなって、よかったじゃないか。ときには、だれかののぞみをかなえてやることも必要だ。」

ホーネッツが勝つと思っている理由について、ボンジ・ウェルズ「(ホームコートアドバンテージのある)俺たちはホームで4試合できて、相手は3試合だ。計算すれば、俺たちの勝ちだ。この台本どおりにいってくれるといいね。」

Aジョンソン監督はニューオーリンズで生まれ、ニューオーリンズ・セインツの監督と友達。このシリーズはマブズの勝ちと予想している人たちについて、Aジョンソン監督「それは相手に失礼だ。多くの人は自分の言ってることがわかってない。俺たちは7位だ。一方、彼らは素晴らしいシーズンを送って、ホームコートアドバンテージまで持っている。だからこちらは全力で戦わないとだめなんだ。」

見所・・・クリス・ポールへのダブルチームなど。あとは、とにかくニューオーリンズの人たちのやる気。セインツのやる気。セインツじゃねーや、ホーネッツか。まだ地元になじめねーホーネッツがなじむチャンス。セインツに続いてミラクルを起こすのはお前らだ!がんばれ、セインツ!いや、ホーネッツ!

サンズ対スパーズ(またかよ)
シャックいわく、シャックはここ何年かの中で最も調子がいいらしい。マイアミ時代も含めて。

スパーズ戦について、ダントーニ監督「長く激しい戦いになるだろう。乱闘にはならないだろうが、相当激しい試合になる。プレーオフの試合だからそれは覚悟のうえだ。むこうはアグレッシブにくるだろう。こちらも同じようにいくよ。」

見所・・・誰が見てもシャック。またファールトラブルになるんじゃないか、とか。あと、アマレがキレるかキレないか。今回は、ボーエンは誰を挑発するのかとか。あと、カート・トーマス先生。そういえばプレーオフと言えばオーリーだよね、とか。

ロケッツ対ジャズ(またかよ)
マグレディーは、またジャズと一回戦でやることになってしまった。そしてまた、一回戦を突破できない男になるかもしれない。そういうことについて、マグレディー「プレーオフで勝ち上がりたい。過去のことは気にもしてない。また俺はこの舞台に来た。結果はそのうちわかるさ。」

ロケッツは、Rアルストン、Sバティエ、Yミンを怪我で欠くので若手が奮闘しないといけない。若手に対しておこなったペップトーク(試合前、選手の士気を上げるためにする話)の内容について、アデルマン監督「今シーズン、私は全ての選手を大事な場面で使ってきた。いいプレーができなかったこともあるが、全員が何回かは私の期待にこたえてくれた。私は言ったよ。「今からプレーオフだ、これまでとは違う。君たちはこの舞台でプレーしたことがない。だが、だからといって、君たちが活躍できないとは思わない。今シーズン、君たちは私の期待にこたえてくれたのだから。」とね。」

一方、ジャズのCブーザー「去年の俺たちは無名だった。俺たちもどうしていいかわからなかったが、今年は違う。去年よりは自信もついた。」

見所・・・悪いんだけど、マグレディーに一回戦くらい勝たしてやれよ、とか。尾てい骨あたりを負傷しているデロン・ウィリアムズのできとか。ムトンボ様のクライマックスとか。ロケッツって20連勝くらいしてたよねとか細かいことはいろいろあるのかもしれないけど、一言で表すならこれはマグレディー・シリーズ。
[ 2008/04/20 01:36 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

NBAのMVP定理(完成)

管理人「これを見てくれたまえ!MVPの定理がついに完成したのだよ。これに数字を当てはめれば、NBAのシーズンMVPが誰でも、一瞬で導き出せるのだ。これまでシーズンMVPの選考に関しては選手やファンから疑問の声が多く、多くの専門家や雑誌編集者は苦しんでいた。しかしついに、だれもがのどから手が出るほどほしがっていた理論が完成したのだ。」

編集者「まじっすか。」

管理人「これがMVP定理だ!」

★MVPの定理(クリックで画像を拡大せよ)
Img3

編集者「最初のほうはともかく、中盤からめちゃくちゃ怪しいんすけど・・・」

管理人「何が怪しい?」

編集者「''NCAAで優勝してない''とか・・・数字で表せないじゃないすか。」

管理人「じゃあNCAAトーナメントに出場したけど負けた回数、にしておこう。」

編集者「監督の白髪の本数ってどうやって数えるんすか。つーか、なんでこんなの入ってるんすか。」

管理人「私のデータによるとMVPのいるチームの監督は白髪であることが多いのだ。本数に関しては問題ない。検査を実施してもらうから安心しろ。」

編集者「あなたが数学できないのがはっきり表れているんですけど・・・」

管理人「進研ゼミで培った力に間違いがあるわけないだろう。」

編集者「・・・で、これを使うと今シーズンのMVPは誰になるんすか?」

管理人「ガーネット、コービー、Cポールがトップ3だが、ここに載っているあらゆる変数が大きいコービーが1位になった。」

編集者「普通・・・」
[ 2008/04/14 02:18 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(4)

歴代ピストンズ(微妙なオールスターチーム特集など)

ピストンズは今年50周年らしく、ニックス戦で歴代ピストンズオールスターチームが発表されたらしい。

セレモニー
ニックス戦での50周年セレモニーでは、アイザイア・トーマスが大人気だった模様。以下、彼のコメント。

みんなが大集合したこのセレモニーについて、トーマス「家族と一緒にすごす感謝祭のディナーのようなものだ。毎回、同じことについて話して、毎回、みんなが同じジョークを言うのさ。」

セレモニーに来なかったロドマンに対して、トーマス「ワーム、家には帰らないとだめだぞ。」

"Worm," he said, "wherever you are, you've got to come home."

Thomas said that the guys got together Monday night and fell into old roles.

"It's very similar to Thanksgiving dinner with your family," he said. "You rehash talk about the same things. Everybody tells the same jokes. It's good."

★動画
ニックス戦で、アイザイア・トーマスが大声援を受けている動画。すごい大歓声っすね。ニックスの監督なんてしなきゃなぁ・・・。誰か彼にタイムマシンを。

歴代オールスター
ピストンズの公式ページでは、50周年をネタに微妙なオールスターチーム特集をしている。以下、その微妙なオールスターたち。詳しくはリンク先で。

・NCAA Tournament MOP Team(NCAAトーナメントで大活躍したことのある、元ピストンズの選手)

・All-Mustache Team(歴代ひげチーム)

・All-Starbucks Team(ほんの一瞬(10試合以下)しかピストンズに在籍しなかった元ピストンズの選手たち)

・The Ron Behagen All-Stars(1分しか出場しなかった元ピストンズの選手Ron Behagenのように、わずかな時間しか出場しなかった元ピストンズの選手たち)

・Lindsey Hunter All-Stars(リンジー・ハンターのように、女性のような名前を持つ元ピストンズの選手たち)

・All-Broadcast Team (解説者として活躍したことのある元ピストンズの選手。Dick Vitaleって選手だったのか!)

・High Socks Team(ハイソックスで知られている元ピストンズの選手)

・The Jim Rowinski All-Stars(元ピストンズの無名選手Jim Rowinskiのように筋肉もりもりの元ピストンズの選手たち)

・All-Teal Team(1996年から2001年まで、ピストンズがティール(深緑)色のユニフォームを使っていた時代にピストンズで活躍してくれたものの、その後はさっぱりだった選手たち)

・NCAA Coaches Team(ピストンズの選手としてはさっぱりだったものの、NCAAの監督として活躍した人たち)

[ 2008/04/13 12:45 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

ギルバート・俺たちの・アリーナス(最近のブログより)

あぁ・・・なんか久しぶり。

アリーナスのブログより
ブログをしばらく更新しなかったことについて「チームに集中するためだ。プレーオフ争いの真っ最中だから、チームの目標を達成するためにできることをしようとしているんだ。お前はベンチからの出場だといわれればそうする。」

何度も怪我の調子を聞かれることについて「俺が先週言ったコメントを使えばいいのに。同じ質問に答える時間はないんだよ。だから「もうそれはいいだろ」って言ってしまう。もう今年はメディアに話さない。来シーズンまで話さない。」

セルティックスについて「俺はシーズン序盤にセルティックスに勝つっていう予想をした。で、負けたんでみんなが笑った。でも長くは続かなかったな。あのときみんながくすくす笑ってくれたんで、今、俺は嬉しい。なぜって、このオフの間、ずっと俺はくすくす笑ってられるから。セルティックスに3回も勝ったチームっておれたちだけだろ。笑い返してやる。クククククククク。あのとき、すぐにみんなは馬鹿にしたけど、5ヶ月たった今じゃ俺の勝ちだ。4回やって3勝だぜ。HA!」

I remember when I made the prediction at the beginning of the year that we would beat Boston, everybody laughed at me after we lost. They had their little short giggles. I’m glad you guys giggled, because I’m going to be giggling the whole summer now.

I think we’re the only team in the league to beat them three times this season. So, giggle giggle giggle back. You all were so quick to kill me, but five months later I got the last laugh.

Three out of four.HA!
[ 2008/04/13 11:34 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

ギルバート・俺たちの・アリーナス(女の人とはこういう感じ)

引き続き、アリーナスとのインタビュー記事より。

「月に1回、年に3回クラブに行く」ってなんだよ、よくわかんねー(笑)

女性について
アリーナス「嘘をつくつもりはない。俺は女性のどこを触ったらどうなるか、ということをわかっている。だって女が、その、・・・Woo! Woo!ってなるから。ワシントンDCにいるハエみたいに俺に群がってくるんだ。・・・俺は彼女たちにとって必需品なんだ。クラブには行く。月に1回、年に3回くらいかな。クラブじゃ俺はすごいぜ。顔見せ程度に行くのが好きなんだ。俺はまだ健在だぜ、ってのを見せにさ。有名人の女性を見かけたらもちろん狙いに行く。ハル・ベリー、どこだ?次は俺な。」

Arenas on females

I ain't even gonna lie, I know how girls feel when guys grab on them and stuff. Because the girls... Woo! Woo! They over me like flies in D.C.! I have this thing where if you don't go out as much, people want you more. You're a hot commodity. I go to the club, once a month, three times a year, and I'm like a wildfire in there! I like to just to go sometimes to put my face out there and show people I'm still here.... If I see a celebrity women I'm going at them. Halle Berry where you at? I'm next.

★外出時について
アリーナス「400000ドルの宝石をつけてクラブに行く場合、それはもちろん注意する。でも俺はそういうのをつけない。金も持ち歩かない。だからDCの人はみんな知ってるよ、俺からなにかとろうとしても練習にしかならないって。だって何も持ってないからな。」
[ 2008/04/13 10:44 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(5)

ギルバート・俺たちの・アリーナス(フリースローの邪魔をしてくれ、いや、俺じゃなくて相手に)

このタイトルで記事を書くのって今年初めてのような気がする・・・

スポーツに関する小ネタ本を書いている著者が、アリーナスにインタビューしたらしい。その本に載せれなかった分が、ワシントンポストに提供された模様。みんな、彼の本Beat Me with a Frying Panを買ってあげよう。この本で、彼はスポーツに関するみんなの疑問を解決しているらしい。「力士はアメフトのディフェンスラインマンとして活躍できる?」とか「普通の男はWNBAでスタメンになれる?」とか「ファンでもメジャーの投手相手にヒットを打てる?」とか。

以下、インタビューでのアリーナスのコメント。

FTを妨害する人について
アリーナス「ロビン・フィッカー(やじを叫ぶことで有名な弁護士)を復活させようと思ってるんだ。アリーナが新しくなってから席の値段が高くなっただろ。だから今、彼はやろうとしてないんだ。」

「妨害は好きだ。クリエイティブだから。クリッパーズ戦で、俺がフリースローを打ってたとき、彼はトレード期限がどうのこうのとか、「お前はニックスに移籍だ、マーブリーと交換だ」とか言って、ニックスの12人の選手の名前を叫んでいた。観客は笑っていたよ。俺は2本とも決めたけど、笑ってしまった。」

「で、そのあとイタン(トーマス)がフリースローの番だった。審判は彼のやじを不快だと思っていたけど、チームメイトはおかしがっていた。彼はイタンに向かって「シャカ・ズールー(ズールー王国の初代国王)だ!」なんて言った。イタンは2本ともエアボールして、みんな笑ってしまった。あれをやりたくて彼らは来てるんだ。怒る人たちもいるけど、うちのファンは敵にあれをやってほしいね。あれをやられたらチームのことなんて忘れてしまうんだ。」

Arenas on heckling

I'm trying to get Ficker back. When they moved to the new arena the seats got changed and they moved up the price and he didn't want to do that anymore.

I love heckling because they do get creative. We were playing the Clippers and I'm shooting free throws. This guy starts yelling about how it's the trade deadline and I just got traded to the Knicks, saying I was being traded for Stephon Marbury, and he just named like 12 other players. The crowd started laughing. I made both of them and I started laughing.

So the next player got up there and it was Etan Thomas. The ref thought it was offensive but our whole team thought it was funny. He starts going "Shaka Zulu!" He airballed both of them and everybody just started laughing. It's entertaining. That's what they came there for. Some guys get pissed off, but that's what I want my fans to do is start heckling the opponent. Because as soon as they start interacting with you, they forget about the team.
[ 2008/04/13 10:34 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

Gカール監督(俺もうシアトルで祝ってもらえねーじゃん)

ソニックス・・・
ナゲッツのジョージ・カール監督はソニックス戦に、ド派手なネクタイをつけてきた。シアトルの名物、スペースニードルをあしらったもの。自身が監督として活躍したシアトル・スーパーソニックスの本拠地移転がほぼ確実で、これがシアトルでの最後の試合になるかもしれないから。

ソニックスが移転した場合、Gカール監督ならびにシアトルで活躍した選手はこれ以降、シアトルで永久欠番のセレモニーなどを開いてもらえそうにない。そのことについて、Gカール監督「もう私にはどうしようもない状況のようだ。悲しいよ。私を永久欠番にしてもらえそうな唯一の場所はここだ、なんて冗談を言っていたが。もうそれも実現することはなさそうだ。オクラホマシティーでしてもらえるとは思えないしね。」

★ソニックス時代の名場面
Gカール監督はソニックス時代の名場面について語った。

・April 30, 1992・・・ペイトンがロブパスをして、ケンプがなんとかキャッチをしてファールをもらって、決勝FTを決めた場面。このシリーズ、ソニックスが最初に勝利した試合。監督「私も含めて皆が、あのパスは観客席の10列目にいくと思った。」

・Oct. 1997-May 1998・・・ソニックスでの最後のシーズン、61勝したのに、シーズン終了後解雇された。監督「俺たちのまわりはみんな敵、いや、球団社長Wally Walkerは俺たちの敵、みたいな雰囲気が当時はあった。とても楽しかったよ。チームはベテランだらけだった。Jerome Kersey、Dale Ellis、Vin Bakerたちがいて・・・でも61勝したんだよ。」

・Jan. 25, 1992・・・スペインから戻って、ソニックスの監督としての最初の試合。監督「スペインから戻ったばかりで、私はサイドラインでスペイン語をしゃべっていたんだ。「フフ、こいつら俺を賢いやつだって思ってるだろうな」なんて思っていたものだ。」

1. April 30, 1992: Gary Payton throws a lob pass to Shawn Kemp, who somehow catches it, throws it down and is fouled. That play is the turning point in the 119-116 win that gives the Sonics their first playoff series victory in three years.

"Everyone, including me, thought that pass was going to be 10 rows into the stands," Karl said.

4. Oct. 1997-May 1998: With the relationship between Karl and team president Wally Walker deteriorating and Karl's coaching future in jeopardy, the Sonics win 61 games and beat Minnesota in a five-game series, before losing in five to the Lakers. It isn't enough to save Karl's job.

"We had kind of an 'us-against-the world, us-against-management' mentality," Karl said, "and that was a pretty fun coaching year. We took a lot of older guys like Jerome Kersey and Dale Ellis, got Vin Baker and won 61 games."

5. Jan. 25, 1992: Karl's first game as Sonics coach, a 104-103 loss to Utah.

"I was just back from Spain and I was speaking Spanish on the sidelines," Karl said. "And I was thinking to myself, 'Wow, these guys are really going to think I'm smart.' "

★一言
今シーズンのうちに、ペイトンとGカールくらいは永久欠番にしてやりなよ。
[ 2008/04/13 09:14 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

MVPっぽい人たち(MVPってなんだかよくわからないけど選ばないとシーズンが締められないでしょーが)

MVPをオープンにしちゃだめでしょーが
マブズがジャズに勝った。のこり1秒で決勝3ptを決めたノウィツキーについて、Jテリー「MVPをワイドオープンにするなんてな。信じられない。」

残り数秒で、ファールをもらおうとして打った3ptが入ったことについて、デロン・ウィリアムズ「少しフロップをしようとしたようなところはあるかもね。」

3月上旬、ノウィツキーはキリレンコを病院送りにした。でも二人の間にわだかまりはない模様。

“How do you leave the MVP wide open? It’s unbelievable,” teammate Jason Terry said.

“I think I was just trying to flop a little bit,” Williams admitted.

MVPに肘を入れちゃダメでしょーが
スパーズの負けが濃厚になってきた時間帯、ボーエンに肘を入れられたことについて、スタウダマイアー「ブルースが最初、俺の胸に肘を入れてきた。どう見てもバスケのプレーじゃなかったからやり返したんだ。あんなものは絶対許せない。だから彼にそう言ったんだ。」

去年のプレーオフでもスタウダマイアーはボーエンを「汚い選手だ」と批判していた模様。

MVPの活躍は見ずにいられないでしょーが
最近、Cアトキンスがタイガー・ウッズの勝利に夢中なのを知って、アイバーソン「お前、ゴルフ見てんの?」

"You watch golf?" Iverson asked.

MVPを挑発しちゃだめでしょーが
ジャズが地区首位になった。シーズン前、カーメロに「今年はナゲッツが地区首位になる」と言われたことについて、デロン・ウィリアムズ「カーメロ、悪いな。」

Williams then smiled in the locker room when he was reminded that Carmelo Anthony had told him during the summer that Denver was going to win their division.

“Carmelo, I’m sorry buddy,” Williams said.

MVPになるにはいい子じゃないとだめでしょーが
MVPを取る可能性について聞かれて、Cポール「MVPはこのチームだという気がするよ。今年は素晴らしいシーズンだからね。」

こやつ、隙がねー。
[ 2008/04/13 08:37 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

いろいろ(早撃ち名人、大黒柱、欧米か、など)

そういえば妙にしっくりくるコンビ
祖父あたりがドイツ人であるCケイマンは、ドイツに市民権取得申請をした結果、もうすぐ取れるらしい。で、夏にオリンピックでノウィツキーとコンビを組むつもりらしい。

Yet it appears that Kaman is on the verge of having his German citizenship granted and setting himself up for a busy summer, which would seriously improve Dirk Nowitzki's chances of realizing his dream this summer by taking his country's national team to the Olympics.

そういえばなんか似ている先輩後輩
Sバティエはサンズ戦を怪我で欠場した。大学の先輩のGヒルとの対戦がなくなったことについて、Sバティエ「彼は「お前はヒル恐怖症か」なんて言うかもしれない。俺が彼を避けてるっていう意味で。・・・実際、そうかもね。」

The injury cost him a chance to go against fellow Duke alumnus Grant Hill.

"He's going to say I have Grant Hill-itis, that I'm dodging him," Battier said. "Maybe I am."

試合も見てあげてください
殿堂入りの記念に、ロケッツのアリーナに大きな像を建ててもらったことについて、オラジュワン「これを見るためだけに、ここにドライブに来ることがあるだろうな。」

"I'll tell you what," he said with that familiar giggle, "I think I will be driving my car here and parking on the street just to look at it."

早撃ち
"Sports Science" という番組で実験した結果、Jカポーノは、ボールをもらってからシュートするまでの動作を、0.22秒でできるらしい。

どこでも大黒柱
今年のドラフトにエントリーすることについて、OJメイヨー「よく考えた結果だ。僕は選手だから今シーズンの終わり方には満足していない。もっといい結果が残せたと思っている。だけど僕には家族がいる。7人の兄弟がいる。今回の決断は自分のことはあとまわしだ。家族を優先するための一番いい方法だと思っている。」

あなたは正直な人です。ごほうびに、この金のドラフト1位指名権をあげましょう。
ヒートがグリズリーズに負けた。最近のヒートの試合の意味について、Rデイビス「ドラフトのために戦ってるんだろうな。」

“We’re working on a pick, I guess,” Davis said after a 96-91 loss to the Memphis Grizzlies ensured Miami will finish with the worst record in the NBA.
[ 2008/04/13 08:09 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

コービー先生(作戦通り、俺はチームメイトを成長させましたよどうだこの野郎、美男子と野獣など)

作戦通り
レイカーズは地区首位になった。シーズン前の移籍要求騒動は結果として成功かと聞かれて、コービー「ある状況の中心にいるなら何らかのアクションを起こさないといけないときがある。そういうことをせざるをえなかった。どうやらうまくいったようだ。」

あの、もちろん、冗談ですよ。このあと「たまたまだ」って言ってますから。

"Sometimes when you're front and center in a situation you've got to shake some trees, and that's something I had to do," Bryant told HOOPSWORLD. "It seemed to work out pretty well."

MVP
MVPを取れるかどうか聞かれて、コービー「今では、MVPは個人のための賞ではない。受賞者は、チームメイトを成長させて、チームを進化させなくてはいけない。その賞の候補者と見られるのはとても光栄なことだ。コービーはチームメイトを成長させられるのか、という批判がこれまでずっとあったから。そういう点で、僕はすでにそれをもらったような気分なんだ。」

When asked about the possibility of winning the MVP award, Bryant said: “The MVP nowadays is not an individual award, you really have to make your teammates better and elevate your ballclub. I think for me to be nominated in that race is a tremendous honor because that’s really been one of the criticisms people have had of me, how well I make my teammates better. From that standpoint, I feel like I have already won.”

いろいろ
・車を跳び越えるCMに出演したので、コービーは自分に"The Cape"(マント)というあだ名をつけた。ちなみにあれは実写ではない模様。俺は、わ・・・わかってましたよ。でもさ、あの人なら普通にできそうやん?

・優勝すると歌手デビューできる番組、アメリカンアイドルに出演するか聞かれて、コービー「あの帽子をかぶったら、俺は歌えるよ。」

・最近、コービーはシャックとCMで共演した。コービーはあのCMを"Beauty and the Beast."(美男子と野獣)と呼んでいるらしい。

- Kobe Bryant declared his new nickname as "The Cape" in reference to his car jumping commercial. Again folks . . . not real. I couldn't believe how many fellow media members were trying to debate it.

- I asked him about his appearance on American Idol. Bryant said "once I put that hat on, I can perform."

- Finally, Bryant joked that he didn't know that he would be paired with Shaquille O'Neal in the NBA commercial. He said it's "Beauty and the Beast." He continued that he loves the concept and it's great for the game.
[ 2008/04/13 07:47 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

シャック先生(シャキーノの呪い、私はサボテン、スーパーマン争いなど)

最高の36歳
サンズがスパーズに勝った。スパーズにダブルチームされなかったのを侮辱と思って奮起したことについて、シャック「俺がもしダブルチームされなかったら仕返しをさせてくれって、試合前にチームメイトに言っておいた。俺はまだ現代最高の36歳だ。」

ちなみに、the baddestという言葉はマイク・タイソンのあだ名。baddestなんて文法的にはおかしいけど、そんなことを言ってはいけない。かっこよければいいんです。

“I played through everything,” O’Neal said. “I told them that if they play me single coverage, let me make them pay. I’m still the baddest 36-year-old ever created.”

O’Neal said he took it as an insult that the Spurs didn’t double him late.

スーパーマン争い
・最近、シャックは砂漠の町フェニックスに移籍したため、Big Cactus(巨大サボテン)ならぬ''Big Shaq-tus''というあだ名がつけられた。その名前について、シャック「俺は好きだよ。・・・俺におかしな感じで触れてみろ、けつを刺してやるぜ。」

・最近、Dハワードに''スーパーマン''というあだ名を奪われそうなことについて、スーパーマンのタトゥーを入れているNBA初代スーパーマン、シャック「スラムダンクコンテストは誰でも優勝できるものだ。・・・本当のスーパーマンは死んだ。パット・ライリーに暗殺されたんだ。今から、俺はBig Cuctusとして再始動するぜ。」

・シャックは練習に、カスタムメイドのスーパーマンシューズをはいて登場した。記者に「それはドワイト・ハワードのシューズじゃないの?」とからかわれて、シャック「(彼がスーパーマンの称号を名のるためには)あいつはシャキーノの呪いを破らなくてはいけない。」

シャキーノの呪いとは、バンビーノの呪いのもじり。レッドソックスがベーブ・ルースをヤンキースに放出してから低迷したように、マジックがシャックを放出してから低迷していること。シャックの主張は、要は俺並にプレーオフで勝て、ということ。Curse of the Bambinoについて詳しく知りたい人はこちらで。

"I like Big Cactus. Why? Because I'm old and because nobody really knows what type of cactus I am. But I will prick your ass if you touch me the wrong way."

Suns center Shaquille O'Neal, delving into the truly important stuff -- now that his new team has its on-court business flowing so nicely -- by explaining why he sees no need to amend his latest nickname, as you might have expected, to the Big Shaq-tus.

O'Neal, furthermore, is not dropping his latest inflammatory assertion that Orlando's Dwight Howard has not earned the right to associate himself with Superman, as Shaq has done for years. "Anyone can win a slam-dunk contest," O'Neal said last week. "The real Superman is dead. He was assassinated by Pat Riley. I'm the Big Cactus now and ready to roll again."

That quote popped into my head when I saw Shaq on Monday wearing a pair of custom-made Superman sneaks on his way out of practice. When I jokingly asked him what he was doing with Dwight's shoes on, Shaq promptly (and sternly) informed me (after a few unprintables) that Howard still has to "get past the Shaquino" in the playoffs for such a privilege.

If you're losing track -- not hard when it comes to Shaq and all of his monikers -- "Shaquino" is a reference to what is known among Magic fans as the "Curse of the Shaquino," which blames O'Neal's abrupt free-agent defection to the Lakers in the summer of 1996 for Orlando's subsequent decade-plus of woe.
[ 2008/04/13 07:38 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

Rアーテストの日常など

修行スーツ
Rアーテストは練習中、30ポンドから40ポンド(16キロ前後)あるベストを着て練習しているらしい。セウス監督「彼はいつもしているよ」

ドラゴンボール?

Long after practice, Artest was still going. He made jumpers and practiced free throws while wearing a blue vest with 30 to 40 pounds of weight.

"He does that, he gets his workout," Theus said.

Rアーテストのお世話係
Rアーテストは昔からの友達を自分の世話係として雇っているらしい。そんな世話係の最近の仕事は、アーテストがこの夏に北京でバスケキャンプを開くための準備、4歳の娘のために腎臓腫瘍の専門家を見つけること、アーテストのために深夜にクッキーを買いに行くこと、アーテストの家の裏庭にあった巨大な蛇の卵を除去すること、など。ちなみに、その卵は実はきのこだった模様。

関係ないけど、アーテストの家の庭っていろいろハプニングが起こってるよね。犬が死んだり暴れたりとか。

図解!ビビーのお世話係
MビビーやCアンソニー、ボクサーのFメイウェザーも昔からの友達に、ボディーガードの仕事や身の回りのことを管理してもらっているらしい。わざわざこんなしょうもないことのために、こんな図解ページを作らなくても。さすがウォールストリートジャーナル。まじめだぜ。

おまけ
肘を怪我したBミラーのために、キングスの選手はみんなヘッドバンドをして試合をした。試合後、スタメンの中で一人だけヘッドバンドをしなかったことについて、ウードリック「したことがなかったから。するつもりなんてなかった。・・・ここに3つもヘッドバンドがある。みんなが投げてきたんだ。「ほら、つけろ」って。」

Udrih was the only Kings starter who didn’t wear a headband. “I never wear it before so I’m not going to do that,” he said afterward in the locker room. “Look, I have three headbands in my locker because they kept throwing them at me, saying ‘come on wear one, wear one.”’
[ 2008/04/13 06:34 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

クリス・ボッシュ(失態を見せて申し訳ございません。お願いですから応援してください)

ブーイング&しかと
ラプターズは先週の試合で、ホームの観客にブーイングされた。ボブキャッツに負けたからなのか、ここ20試合で14敗もしたからなのか。しかも、その次の試合では歓声がほとんどなかった。

トロントの市民は、MLBのブルージェイズと、NHLのメイプルリーフズに対してはかなりさめてるけど、ラプターズに対してはそれにくらべると熱狂的らしい。それって熱狂的って言うのか。とにかく、ラプターズはその熱狂的な人たちにブーイングされたりしかとされたりした模様。

それについて記者に向かって、Cボッシュ「会場は静かだった。自分の声が聞こえなかったか?・・・ダラス、ユタ、デトロイト、クリーブランドはとても活気がある。あれは本当にアドバンテージになるのに。」

Fans booed the Raptors after their last home loss and didn’t make much noise Wednesday night.

“It was quiet. Could you hear yourself talk?” Bosh asked reporters.

Bosh said a loud building makes a difference.

“When you go to places like Dallas, Utah, Detroit and Cleveland it’s loud,” Bosh said. “It really gives them an advantage.”

後日
後日、ボッシュはラプターズのファンに、もっと声援を送るように要求した。Youtubeで、ボッシュ「去年のエアカナダセンターでみんなの歓声を聞いたが、あれはリーグのアリーナの中でも最高クラスの熱気だった。君たちはその気になれば毎試合ああいうことができるんだ。俺はあれがほしい。・・・相手チームにブーイングしたり、騒いだりと、みんながクレイジーになってくれれば、チームも自然とクレイジーになる。俺もクレイジーになるから。そうすればきっとその試合は素晴らしいものになる。・・・プレーオフが近いので、俺のやる気はみなぎっている。準備もできている。俺は勝ちたい。ファンの声が聞きたい。ダンク、3pt、ファーストブレークを見たい。それがラプターズのバスケだ。俺はそれが見たい。これを見ているみんな、一致団結しよう。」

その動画
[ 2008/04/13 06:25 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

マンバ動画(ところで、いつからコービーのあだ名はマンバになったのかな)

★ピュ〜と飛ぶマンバさん
コービーが車を飛び越える動画。これはCGなのか実写なのか。最近のシューズがすごいのか、コービーの跳躍力がすごいのか、最近のCG技術がすごいのか・・・おじさん、もう自分の''メディアを判断する目''とやらに自信がもてない。

★マンバ1/2
コービーとシャックが共演している動画。恐れから逃げず、それを受け入れるぜ、という内容のプレーオフCM。共演・・・というのか、なんというか・・・もう共演でいいや。
[ 2008/04/12 11:17 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

怪物王子(ドワイト・ハワード)

今シーズン、Dハワードはパワーアップして、ダンクコンテストなどで大ブレイクした。ただ、彼のチームメイトは多くの代償を払っている模様。以下、この記事より。ほんのり怪物王女風味で。

★破壊王子
最初の犠牲者は、マジックの元スタメンセンター、Tバティー。彼はシーズン序盤、練習でハワードを一対一で守っているとき、伸ばした左手にハワードが当たって、肩を故障してシーズン絶望になった。バティーはそのディフェンスのテクニックでNBAのセンター相手に数え切れないほど対処してきたのに、ハワードのパワーにはかなわなかった模様。

★昏睡王子
先月、Jネルソンが脳震盪のような症状になったのはハワードのひじが口のあたりに当たったため。

★暴走王子
最近、Bクックが右手を骨折してプレーオフ出場が無理っぽくなったのは、Dハワードがボールを奪おうと、彼の手を叩いたから。

★殺戮王子
先週、アシスタントコーチのPユーイングは歯が取れそうになったので歯医者に行くはめになった。原因は、練習中、Dハワードの手が彼の口の辺りにあたったため。

★報復王子
最近、ルーキーのMarcin GortatのひじがDハワードの口に当たって、ハワードは唇を6針縫うはめになったらしい。フガ。

Howard, the all-powerful Magic center, left practice early Tuesday after getting elbowed in the mouth by little-used rookie teammate Marcin Gortat, causing a bloody cut that required six stitches to close.

Battie was the first of several Magic players this season who were injured playing against, or practicing with, Howard, who has become the most powerful center in the NBA, sometimes dominating games with his combination of strength and athletic ability.

Battie was trying to defend Howard in a one-on-one drill just before training camp, using his left arm extended, to keep him out of the lane. It was a technique Battie had used hundreds of times against NBA opponents. But against Howard and his strength, the shoulder popped.

It was an elbow from Howard that caught Jameer Nelson in the mouth in a game last month, causing him to miss the next two games with concussion-like symptoms. It was Howard who broke a bone in the right hand of forward Brian Cook when he tried slapping the ball away from him.

During a drill before a game in Miami, Howard accidentally hit assistant coach Patrick Ewing in the mouth, sending him to the dentist with a loosened tooth.
[ 2008/04/12 10:51 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

ウェストいろいろ(寝れなかったり、やることがなかったり)

MVP
Aスタウダマイアーが41点とった試合で、観客が彼に向かって“M-V-P, M-V-P”の合唱を送ったらしい。41点について、スタウダマイアー「たった41点か・・・もうちょっといいと思ったんだけどな(笑)」

As Amare Stoudemire stood at the foul line with 1:42 remaining, chants of “M-V-P, M-V-P” reverberated from the sellout crowd at US Airways Center.

“Only 41 … I could have played a little better,” Stoudemire said, jokingly.

とくにやることがないので
今のキングスの目標は、プレーオフを狙うウェストのチームの邪魔をすることらしい。セウス監督「西地区で役を演じれるなんていいものだ。・・・我々の役割が邪魔係なら、それをやるよ。」

“It’s nice that we can play a role in the Western Conference,” coach Reggie Theus said. “The guys understand we have a role to play. If our role is to muck it up, that’s what we’ll do. It gives us something to play for and it’s a big win for us down the stretch.”

アリーナスのコメントかと思った
サンズとの2連戦の2試合目で勝ったことについて、アイバーソン「昨日の夜は寝れなかった。負けたからな。テレビも見たくなかった。試合のハイライトを見てしまうかもしれないから。スポーツチャンネルは見ないようにした。夜はスポーツを見ずに映画ばかり見て過ごした。」

“I love playing back-to-back games, especially after a loss,” said Allen Iverson, who led Denver with 31 points. “You get a chance to get at it again and try to make sure you don’t have the same nightmares from the night before. All I was thinking about was the loss yesterday until we started playing today.

“I couldn’t sleep all last night because of that loss.”

“You don’t want to watch TV because you might see the highlights from that game. You stay away from the sports channels,” Iverson said. “I woke up and tried to watch movies and tried to stay away from sports.”

皮がむけました
プレーオフに出れることについて、ホーネッツのCポール「とてもいい気分だ。リーグに入って3年目になるけど、プレーオフには出たことがなかった。でもとうとうやった。これからが大変だ。」

“It’s a great feeling,” Paul said. “It’s my third year in the league and I’ve never been to the playoffs, but we finally did it. Now the hard work begins.”
[ 2008/04/08 12:50 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

デリック・ローズ(針が怖い)

デリック・ローズ
メンフィス大学のスター、Dローズは怪物並みのプレーを見せているが、針がめちゃくちゃ怖いらしい。小さい頃、自転車で事故を起こしたのが原因らしい。ローズ「針を見るとぞっとする。」

・ミシガン州立大学との試合中、彼は目の上を切って8分ほど休んだ。そんなに治療に時間がかかったのは、ローズが縫い針を怖がって抵抗していたから。

監督「この話でわかるだろ。彼は子供なんだ。」

Jカリパリ監督「最初、まだ縫っている途中なのかと思って、医者に怒ったんだ。なんでこんなに時間がかかるんだ、医療スタッフに急げと言え、って。」

・ローズがウイルス性腹痛になったときの模様について、カリパリ監督「彼は嘔吐した挙句、脱水症状になった。点滴をすれば、1日でよくなるものだった。彼はテーブルの上に寝ていて、こわばっていて、汗をかいていた。脱水状態だったから、血管が細くなっていた。だから点滴せざるを得なかったが、最初は失敗した。彼は「もういやだ!」と言っていた。俺はコートから出て、彼と話をすることになった。彼の手を握ると彼は「監督、俺には無理です!」と泣きながら言った。俺は彼の腕をつねって、「点滴の痛みはこんなものだ」と言った。俺は彼の腕をさすって、手を握っていたよ。点滴がうまくいって、24時間後に彼は回復したんだ。」

・しかしなぜかタトゥーは入れている模様。

"I'm terrified of needles," Rose said.

The freshman standout -- a virtual lock to be an NBA lottery pick in June -- sat out almost eight minutes of the Tigers' victory over Michigan State in an NCAA South Regional semifinal last week, resisting stitches after he was cut above his right eye.

"I thought they were stitching him, and I was mad at the doctors," Memphis Coach John Calipari said. "How can it take you that long to stitch him? Go tell them to hurry."

Scared and upset, Rose kept resisting until doctors finally glued the wound closed instead, and he returned to the game.

"That shows you," Calipari said. "He's just a young kid."

Rose's needle phobia might stem from a childhood bicycle accident, although for some reason it hasn't prevented him from getting tattoos. But rest assured, Calipari said, it is real.

"When I tell you terrified, I mean, like if there's something that scares you where your heart races," he said. "Like snakes, or a spider or mice, whatever fear you have, that's his. Sweat pours from him. He's deathly afraid of needles."

A stomach virus this season nearly undid Rose.

"He threw up, so now he's dehydrated," Calipari said. "If they give him the medicine through the IV, you're good in 24 hours.

"He's laying on the table. He's tight. He's sweating. His veins are small because he's dehydrated. So they go to do it, and the first one, they miss. Now he's like, 'No!'

"So I've got to come off the practice floor, and I've got to talk to him. . . . And I'm holding his hand. He's saying, 'Coach, I can't do it!' Tears coming down. So I start pinching his arm, telling him, this is what it's going to feel like.

"I'm rubbing his arm. I'm holding his hand. Finally they get it in, and 24 hours later, he's fine."
[ 2008/04/08 12:28 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

アル・ジェファーソン(マッドドッグ怖い)

ウルブズの新スター、アル・ジェファーソンとのインタビュー記事発見。でもチームメイトのマーク・マドセンの話ばかりなんですけど。いまだに健在なようでなによりっす。

マッドドッグ怖い
記者「君の好きな俳優Eマーフィーとマッドドッグ(Mマドセン)、どちらがおもしろい人?」

ジェファーソン「Eマーフィーだな。でもマッドドッグはクレイジーだ。すごいよ。彼のコメントを聞くと「これこそマッドドッグだ!」と思ってしまう。彼は自分がジョークのネタにされると、言い返すんだ、絶対。」

記者「そういう言い合いの最後で、彼が(レイカーズで手にした)優勝リングのことを持ち出すことは何回くらいあった?」

ジェファーソン「えぇ・・・25回か40回・・・いや、25000回か40000回は聞いたな。」

Mike Trudell of Timberwolves.com interviews Al Jefferson.

Well, I was going to ask you who's funnier: Your favorite actor Eddie Murphy, or Mad Dog?
I have to go with Eddie Murphy, but Mad Dog is crazy. He'll surprise you. He'll say something and you're like 'Wow, that's Mad Dog!' Every time someone makes a joke on him, he can reverse it. Every time.

How many times has Dog mentioned his two championship rings to close an argument?
Oh man. (Thinking). I've heard it probably, 25 to 40 ... thousand times.
[ 2008/04/08 12:03 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。