スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

嘘ニュース(米国国会議事堂に移転危機!)

NBAなどアメリカのスポーツのアリーナは、しょっちゅう移転の話が上がっている。それをネタにした嘘のニュース記事発見。題名は「国会議事堂に移転危機!」。補修工事だらけでつぎはぎだらけの国会議事堂を何とかしろよ、というネタとうまく合わさった毒舌&ばかばかしい記事に仕上がっています。

時間がなくなってきたのでとりあえず一部だけ翻訳。

国会議事堂に移転危機!
「現在の国会議事堂は「不十分な上に老朽化している」として、新たな議事堂設立の要求がとおらない場合、国会議事堂がシャーロットもしくはメンフィスに移転する可能性のあることが、月曜の声明で明らかになった。」

「「誤解しないでほしい。すきま風がよく入って風通しのいい、この歴史ある建物を我々は愛している。」と、下院議長Dennis Hastert(共和、イリノイ)は語った。「しかし現実は厳しい。世界を代表する立法府の建物としてはもはやふさわしくない。見た目にも良くないし、売店やトイレが不足している。駐車場はひどいものだ。胸が痛むことだが、この建物はもう役目を終えたのだ。」」

「「世界で勝ち抜くためにも、アップグレードが必要だ。」下院少数党院内総務Dick Gephardt(民主、モンタナ)は語った。彼は国会議事堂建替えのために35億ドルの予算が必要だとしている。」

Congress Threatens To Leave D.C. Unless New Capitol Is Built

WASHINGTON, DC?Calling the current U.S. Capitol "inadequate and obsolete," Congress will relocate to Charlotte or Memphis if its demands for a new, state-of-the-art facility are not met, leaders announced Monday.

"Don't get us wrong: We love the drafty old building," Speaker of the House Dennis Hastert (R-IL) said. "But the hard reality is, it's no longer suitable for a world-class legislative branch. The sight lines are bad, there aren't enough concession stands or bathrooms, and the parking is miserable. It hurts to say, but the capitol's time has come and gone."

"If we want to stay competitive, we need to upgrade," said House Minority Leader Dick Gephardt (D-MO), who has proposed a new $3.5 billion capitol on the site of the current edifice. "Look at British Parliament. Look at the Vatican. Respected institutions in their markets. But without modern facilities, they've been having big problems attracting top talent."

★一言
edifice complex(巨大建築コンプレックス)という言葉も発見したけど・・・NBAにこれが広がってるんじゃないかという気が。ちょっと違うか。言葉の意味は「政治家が税金を無駄遣いして必要以上に巨大な政府の建築物を造ろうとする傾向を皮肉った言葉。◆【語源】Oedipus complex をもじったもので、ニューヨーク・タイムズ紙が1946年に最初に使ったもの。」
スポンサーサイト
[ 2008/03/31 12:41 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

週刊シャック通信(ダメスパイラル)

活躍→喧嘩→移籍→活躍→喧嘩→移籍・・・のダメスパイラル
シャックとPライリーが最近お互いを非難しあっていることについて、記者「おかしな話だ。シャックがヒートを去ったとき、話題は彼の背番号が永久欠番になるだろう、ということだった。しかし現在の話題は、彼のジャージを燃やすべきかどうか、ということだ。もしくは彼の背番号を若手のアール・バロンに与えるか、ということだ。」

Pat Riley and Shaquille O'Neal have some parting words for each other. Ira Winderman of the Sun-Sentinel: "It's funny, when Shaquille O'Neal left the Heat, some asked about the team eventually retiring his jersey. Now the question is whether they will burn it. Or give the number to Earl Barron."

ダメスパイラルについて(本人談)
これまで4回移籍したことについて、シャック「それに関して、俺はちょっとしたスペシャリストだ。新しいチームに入って、仕事を4年ほどこなしたら、チームから飽きられる。で、俺はチームを変えるはめになるのさ。」

On his four career stops: "I'm sort of like a specialist. I go in, do what I do and every four years, they get tired of me and I have to relocate myself."

ダメスパイラル初期の謙虚な状態のシャック
Aスタウダマイアーがファーストオプションのチーム方針に従っていることについて、シャック「もう26歳のときのようなプレーができないのは明らかだし、それに挑戦するパイオニアになる気もないよ。・・・自分のスタイルをチームに無理やり押し付けてチームの調子を落として非難をされる、なんて目にあいたくない。」

O’Neal said he’s adjusted to the Suns looking for Stoudemire as their first option, and the Suns have been careful not to forget about O’Neal in the offense or go to him too much. O’Neal is fine with his new role.

“It’s obvious I can’t do the same things I could when I was 26 and I’m not going to try and be the first experimental case,” O’Neal said. “This team was winning 50, 55 games without me. I don’t want to come in and push my way, push my style on them and force us to possibly go down and really take the blame.”
[ 2008/03/31 12:23 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

嘘ニュース(またも中国製品に問題)

ブラックユーモア的なうそのニュース発見。怪我の多い中国人NBA選手や、問題の多い中国製品をネタにしている。以下、嘘のニュースを発信しているオニオン紙より。

中国製
記者「安くて脆弱な中国人選手はNBAのレギュラーシーズンによる消耗で、頻繁に故障してしまうことがNBAチームのレポートの中で指摘された。「数年前に獲得したが、足が故障しているんだ。」とロケッツのGMキャロル・ドーソンはヤオ・ミンについて語った。「あそこに座らせてるけど、彼はもう使われないよ。」と、バックスのMレッドは語った。「最初の数週間はイ・ジャンリャンとプレーするのが楽しかった。でも、強くあたりにいきすぎると、動かなくなってしまって、修理が必要になるんだ。安物だったせいかな。」しかし、GMの中には、中国製のものを買う価値はあると主張する人もいる。ヨーロッパ製のものが依然高価な上に、国産のものは信頼性がなく、言葉遣いがよくなく、たまに機能しなくなることや、発砲してしまうことがあるためである。」

HOUSTON?Reports from several NBA teams indicate that cheap, flimsy Chinese basketball players frequently break down and fall apart when faced with the normal wear-and-tear of an NBA season. "We got one a couple years ago, but the foot broke," said Rockets GM Carroll Dawson about Chinese center Yao Ming. "Now it just sits there. We don't even use it anymore." Said Bucks guard Michael Redd: "It was fun playing with Yi Jianlian for the first few weeks, but then it seemed like every time we got too rough, he stopped working and we had to get him fixed. Maybe we just got a crummy one." Some NBA GMs, however, claim that it is still worth it to buy Chinese players, as European players remain expensive and many domestic models are unreliable, unrefined, and occasionally malfunction and shoot someone.
[ 2008/03/31 12:04 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

週刊ブレイザーズ通信(リアリティー番組大好き、ごめんなさい)

リアリティー番組大好き
リアリティー番組が好きなことについて、チャニング・フライ「言ってしまうけど、俺はRock of Love, Flavor of Love, Me Amore, Shot at Love with Tila Tequila, Making the Band 4, and finally, The Road Rules Real World Challengeのファンなんだ。・・・リアリティー番組はあまりに準備がされすぎている。出演者はただで一日中酒を飲んだり、まともな仕事もしてないし。実際はよくわからないけど、俺は本当のドラマが見たい。今のリアリティー番組はわざとらしいものを見せられている感じだ。なにかと準備されすぎている。でもこんな不満を言っているけど、俺は(誰かが勝ったり、成功したりする)最終回まで毎週見るんだよな。」

我慢できなかった
手術から回復中のオーデンは、最近近所のジムで知り合いと簡単なバスケの試合を2試合した。そのせいで、監督に怒られたらしい。

その試合について、オーデン「一試合だけのつもりだったけど、最初の試合で負けたから。」

「ダンクは何回もしていない。でも少しした。9フィートの高さのゴールだったから簡単にできたんだ。ジャンプする必要がなかったんだよ。」

Oden, the top pick in last year's draft, is out for the season after microfracture surgery on his right knee. He said he played two games Wednesday night when he was at the fitness center with friends.

"I was going to play one, but I lost the first one," the 7-footer said.

Oden said he didn't dunk eight or 10 times, as was reported on an Internet forum. But he did get in a few -- and he didn't need to jump.

"It was a 9-foot goal, so it was pretty easy to dunk on," he said.
[ 2008/03/30 11:39 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

ウェストいろいろ(故郷で解雇、ブロガー立ち入り禁止)

ブロガーは立ち入り禁止・・・ってあんたNBAブロガーの先駆者だろーが
Mキューバンはブロガー(LA Timesでブログを書いている記者とかTruehoopの管理人とか)がマブズのロッカールームに入ることを禁止していた。でも、NBAがそれはおかしいぞ、と忠告している模様。

NBA tells Dallas Mavericks to allow locker room access to bloggers

何歳
レイカーズに負けた後、MキューバンはAジョンソン監督と少し喧嘩をした。その数日後、キューバンは彼と仲直りするため“Avery’s Team.”と書かれたTシャツを着てきたらしい。

Trying to emphasize his harmony with his coach, Mavs owner Mark Cuban wore a T-shirt that read, “Avery’s Team.” The two had a heated discussion in Johnson’s office after a loss to the Lakers earlier in the week.

復活
KマーティンがCボッシュに対して素晴らしいディフェンスをしたことについて、Gカール監督「すばらしかった。試合をこなすごとによくなっている。」

“Kenyon Martin’s defense on Bosh was incredible and got better as the game went on,” Karl said. “You win games with stops more than making shots. I thought Kenyon was the star of the game.”

急上昇
ソニックスの新人、Kデュラントは3ptを捨ててインサイドで勝負するようになった。その結果、今までFG%は40%だったけど、今月は53%に上がったらしい。

コーチキラー
Rアーテストが入ったチームは、頻繁に監督が変わってしまう運命にあるらしい。というか、監督は解雇されてしまうらしい。その詳しい図表。Rアデルマンだけが、解雇されなかった監督。あれは契約満了だったから。Tフロイド、Bカートライト、Iトーマス、Rカーライル、Rアデルマン、Eムッセルマン・・・これ多すぎだろ。

無職の王様
元ダンクコンテスト王者のGグリーンはロケッツに解雇された。ダンクコンテストに出て1ヶ月もたってないのに。ディフェンスがだめらしい。今は故郷ヒューストンでぶらぶらしているらしい。故郷で解雇ってひどいな。
[ 2008/03/30 10:45 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

イーストいろいろ(カレーライス、ハワードキラー)

Dハワードキラー
ウィザーズのBヘイウッドは、マジックのDハワードを3点に抑えた。

ハワード「(オフェンスファールのせいで)ベンチにいる時間が長かったが、それが最大の敵だった。相手が俺を叩いても何も起こらないのに、俺が相手に触るとファールになるんだぜ。」

Eジョーダン監督「ハワードと一対一でやりあえる男がここにいる。このリーグではとても貴重な存在だ。」

Howard sat much of the game in foul trouble, finishing with three points and 14 rebounds.
“I was on the bench?that was their defensive stop right there,” Howard said. “People can beat up on me and nothing happens. But when I touch somebody I get calls.”

“We have Brendan, who can match him eye-to-eye, which is pretty rare in this league when you have a veteran center who can meet Dwight eye-to-eye and knows how to really play him,” Jordan said.

天敵
キャブズの天敵はバックスらしい。レブロン「褒めるしかない。シーズン中ずっと、彼らにやられた。」

“I give Milwaukee credit,” James said. “They dominated us all year.”

カレーライスの子供
現在行われているNCAAトーナメントでレブロンが一番注目している選手はデビッドソン大学のStephen Curryらしい。あのホーネッツのカリーライスコンビの息子。レブロン「彼はめちゃくちゃいい選手だ。今年のドラフトに来るのかわからないけど、来たら指名されるな。」

Of all the players in the NCAA tournament, James singled out Davidson sophomore Stephen Curry as the one he’s most eager to see play at the next level. “He’s a very, very, very, very, very good basketball player,” James said. “I don’t know if he’s coming out (in the draft) this year. When he does, he has a spot.”

まだいける
プレーオフ進出の可能性などについて、ボブキャッツのRフェルトン「俺たちは毎年無視されている。俺がリーグに来たときからずっとだ。・・・プレーオフ進出は目標だから今でもチャレンジしている。他のチームが負ければ可能性はある。俺たちはイーストにいるんだから。」

Raymond Felton is finishing off his third season with the Charlotte Bobcats and for the third year he believes his team gets no respect.

“No question. We get written off every year,” said Felton, whose critical baskets in the final minute Friday lifted the Bobcats to a 96-93 victory over the Seattle Supersonics. “That’s what people have been saying ever since I’ve been a Bobcat.

“We’re still trying (for the playoffs). That’s still our goal,” said Felton, whose team is four games out of the final playoff spot with nine games left. “It’s possible some other teams lose and we slip in there. We are in the East.”
[ 2008/03/30 10:24 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

ライフステージ別プラン(練習について)

練習
ヒート時代、シャックはGヒルをチームに誘ったことがあるらしい。でもヒートの練習は厳しいのでGヒルは断ったらしい。Gヒル「練習はどうだ、長いのか?って彼に聞いたら「ごめん、俺は嘘はつけない」と言われた。俺は「そうか、ありがとう」と言ったよ。・・・ベテランが多いチームはそんなに練習をする必要がない。もう知り尽くしているから。ルーキーにはかわいそうな話だけどね。だって彼らには練習が必要だろ。」

Gヒル「これはBヒル監督への非難じゃないけど、去年のオーランド時代は今日みたいな日でもきつい練習をしたものだ。きつい試合の翌日とかさ。若いチームにはそれもいいけど、年をとるとこの時期にそれをやるのはきつい。マイク(ダントーニ監督)はそのあたりをわかっている。・・・例えば今日みたいに、シャックを使ったセットの多くは全く練習していないんだよ。試合が練習なんだ。だから理解に少し時間がかかる。・・・多くのことは試合を通してやっている。でも俺たちはまとまってきている。」

"I asked him, 'How are the practices? Are the practices long?' " Hill recalled. "He said, 'You know, boy, I can't lie to you.' I said, 'OK, thanks.' ''

One of the difficulties of acquiring O'Neal on Feb. 6 was that coach Mike D'Antoni didn't dare try to work him into the lineup with long practices. O'Neal is 36, Hill is 35 and Steve Nash is 34.

"When you have a veteran team, you don't need to practice so hard,'' Hill said. "We've seen it all, we've done it all. The poor rookies, they probably miss out because they need to practice.''

"In Orlando last year -- and this wasn't a problem, I'm not being critical of Brian Hill [who coached the Magic last season] -- we would have come in and practiced hard today. Even after a tough game last night," Hill said. "When you've got a young team [as the Magic had last season], that's good. But when you're older, it's hard during the grind of the season. Mike has a good read on his guys, and just understanding the big picture, understanding I need you for game time. Like today, he put in a new set and we didn't have to go against competition [in practice]. A lot of stuff we put in for Shaq, we don't even practice it. Our practices have been the games. That's why it took us a little while to figure it out.''
[ 2008/03/30 10:09 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

サンズのコンディショニング管理システムについてのレポート(シャック)

優秀なサンズのコンディショニング管理システムOptimum Performance Trainingについての記事発見。シャックとかヒルとかナッシュとかアマレとか怪我持ちだった選手が生き返った不思議な場所、サンズについてのレポート。もしシャックが生き返って、マリオンとかウェイドとかJウィリアムズがこのまま毎年怪我をずるずる引きずるようなら、この記事のシャックの批判に対してライリーは何も言えんよね。

サンズのコンディショニング管理システム

シャックの体の問題点について、サンズのトレーナー「彼のお尻の筋肉が問題なんだ。・・・これが彼のプレー全般に影響している。この筋肉は重要で、これが弱いと、多くの補完が必要になる。」

シャック「多くのチームのトレーナーは年寄りなんだ。俺はアナログ・トレーナーと呼んでいる。電気刺激とか超音波を使うようなトレーナーだ。でもそれはもう時代遅れだ。体は建物のようなもので、土台のどこかがおかしいと、全体がおかしくなるんだ。」

ヒートのトレーナーについて、シャック「彼らは何もわかってなかった。MRI検査では見つけられないことなんだ。何もわからなかったから、彼らは言い訳をしたんだ。「離婚したし、もうキャリアは終わりだ。」とか「彼はプレーしたくないんだ。うそをついている。」とか。・・・俺は尻の右側にひどい痛みがあった。俺はオールドスクールだ(年をとっている)から痛みが何日か続くんだ。で、そうなったら今までのトレーナーは注射を打つんだけど、毎度のことながら効かない。原因は別の所にあったんだ。カリフォルニアまで''専門家''とやらに会いに行ったりしたけど彼も原因を見つけられなかった。」

サンズに来てすぐシャックが元気になってきたことについて、サンズのトレーナー「彼が加入した当初はもともと、一日何時間か治療する予定だった。が、オールスターブレークがあけると彼はもう回復してきた。」

シャック「俺がここに来て1ヶ月になるが、薬は使う必要はなかったし、注射もする必要がなかった。ストレッチをしてもらったり、ウェイトリフティングをしているだけだ。」

"His butt muscles, that was the biggest thing,'' Suns athletic trainer Aaron Nelson said. "He knew that. We do manual muscle testing to show if a muscle is weak or strong, and it was pretty much nothing there.''

Shaq's base, Nelson said, affects "everything that he does, from being able to run straight ahead, to go side-to-side, to pivoting, stuff that he does normally. Rebounding and coming down, he's got to be able to stabilize. That muscle is a very important muscle, and if that's weak then you've got a lot of other compensations.''

Shaq credits the Suns' training staff with extending his career. It employs a system called Optimum Performance Training, based on a scientific understanding of how different parts of the body help or hinder each other.

"A lot of these teams have got the old trainers, who I consider 'analog trainers,' and they just go with the stim [electric stimulation] and the sound [ultrasound],'' O'Neal said. "But that don't really work no more. Your body is like a building, and if certain things are off [in the foundation] then the whole thing's going to be off.

O'Neal is bitter that the Heat didn't diagnose the relationships between his muscle groups.

"They didn't see that,'' he said. "That's the stuff that you can't see in the MRI. So they would take MRIs and they wouldn't see anything. Because of what was going on, they would make excuses -- 'Oh, he's getting divorced, his career's over, he don't want to play ... he's faking.'

"I had a freaking pain right here,'' O'Neal said, grabbing below his right hip. "I'm sort of old school myself, so I'll suck it up a few days. But then if it all hurts, give me a shot. And then usually when the shot don't work, something else is wrong. But we were taking MRIs and nothing else was wrong. I went to a so-called expert in California and he didn't know what was wrong.''

O'Neal showed improvement in the first days of treatment.

"Originally, we were doing a couple of hours a day [of therapy and exercises],'' Harris said. "He even came back from the All-Star break early to get some extra work in before we got into that week of practice, which was the week that he ended up playing [in his Suns debut]. He put a lot of time in early, and now we manage it anywhere from an hour to an hour and a half a day of a combination of the manual therapy and the corrective exercises.''

"I've been here a month, I haven't had to take no drugs, I haven't had to get no shots,'' O'Neal said. "They touch me, they stretch me and I do real simple weights.''
[ 2008/03/30 10:01 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

アスリートに対する薬物検査の現場から(ち★こだらけ)

Dリーグの選手、Rod BensonはYahoo NBAでブログを連載している。以下、彼がこの間、薬物検査をした感想。

薬物検査の現場から(誰かがトイレに入ってくると落ち着いてできない、とかそういうレベルの話じゃない)
「俺はパンツを脱いで、カップに小便をするように言われた。みんなが見ている前で、だ。小便は幸運なことにすぐに出た。去年は緊張しすぎて何分もかかったからな。係の人が何回もトイレの水を流したりしてくれたけど出なかった。出そうとしたけど、他の野郎に俺のオスカー・メイヤー(肉の会社の名前。ここではチ★コの意味。)をじっと見られると落ち着けない。今日は前回のように、じいさんの視線に気をとられることはなかった。俺は義務をしっかり果たした。」

「(スポーツ選手の薬物違反がニュースになっているけど)おかしいと思うのは、どうやったらあの検査をごまかせるんだ、ってことだ。PH(水素イオン指数)、体温、血色は検査される。パンツを脱いで、服もめくって、係の人の前でスリー・シクスティー(一回転ダンクのこと。ここでは真っ裸になる、の意味)をするんだぜ。Whizzinatorなんて使う余地はないぞ。ここで知らないやつのために説明しよう(俺が調べてやった)。Whizzinatorとはにせのペニスで、その中には他人の尿が入っている。だから一見、自分で小便をしているように見える。ありえないだろ。(この記事の上にある画像の人物で、NFLの選手)Onterrio Smithの事件を覚えているか?彼はこれを使ったせいで捕まったんだ。人生最大の恥さらしだったろうな。これを使って検査をパスしたやつっているんだろうか、と思ってしまう。ミゲル・テハダはどうなんだ?ビル・ロマノフスキーはどうだったんだ?Soumaila Samake(マリ出身の元NBA選手)は?あいつはステロイドで捕まっただろ。あいつ、黒色のWhizzinatorを使わずに黄土色のを使ったんじゃないだろうな(ちなみに黄土色のやつはLatinoという名前で販売されている)?あの検査をごまかすのは、俺には無理に思える。」

「検査が終わった後、そこの責任者と話した。彼が言うには、テキサスでの検査は拡大していて、高校生も対象になっているから、2008年はとても忙しくなるそうだ。44000回の検査が実施されるらしい。それで俺は思わず大声で言ってしまった。「スリー・シクスティーの嵐っすね」と。彼は笑っていたけど、そういうことだよな。選手のあれをひたすら見る仕事なんて誰がしたいんだよ。去年の係の人は、AスタウダマイアーとTダンカンのあれを見たって言っていた。そんなこと言わなくても、とそのときの俺は思ったけど、そこらへんにこのビジネスの魅力があるのかもしれないな。俺は責任者の人にこの仕事を選んだ理由を聞いた。彼は元トレーナーで、定年退職したけど働きたかったそうだ。で、これが一番簡単な仕事だったんだ。金がこの仕事の魅力なのかな。あと、「ウィルト・チェンバレンのあれを見たことのあるやつは俺と20000人の女性だけだぜ(*・・・チェンバレンは多くの女性と関係を持ったことで有名)」と言える所とか。でも、やっぱりこれは地球で一番最悪の仕事だ。俺の意見だけど。」

After that, I was asked to keep my pants down and to urinate into a cup while he watched. I was pretty lucky that I had no issues and it came quickly. Last year I was so nervous that I couldn't go for minutes. The guy kept flushing the toilet expecting that to help me along, but it didn't. Having another grown man stare at your Oscar Meyer while you attempt to go can be quite nerve racking. This time I was unfazed by the direct stares of the old man. I did what I had to do and it was done.

The funny thing about drug tests that I don't understand is how anybody could ever beat the system. They check the pH levels right there. They check the temperature right there. They check the color right there. The guy makes you drop your pants, lift up your shirt and do a 360 right in front of him, eliminating the possibility of a Whizzinator. For those that don't know (I looked it up), a Whizzinator is a fake penis that is somehow filled with someone else's urine and looks like you actually went #1 on your own. Crazy right? Remember Onterrio Smith (pictured above)? He was caught with one, which was probably the single most embarrassing thing to ever happen to him. It makes you wonder who has used this thing and passed? Did Miguel Tejada? Bill Romanowski? What about Soumaila Samake? He was caught with steroids. Did he use the "tan" colored Whizzinator instead of the "black" one? (By the way, they also have a color called "Latino.") Who knows? It would just seem that the test is impossible to beat.

When I was all done with my test, I was talking with the administrator. He told me that they expanded drug tests in Texas to include high school athletes and that they would be very busy in 2008 conducting over 44,000 tests. I said to him, almost accidentally out loud, "Wow, that's a lot of 360's." He laughed it off, but it's true. How could someone sign on to look at the privates of so many athletes? The guy last year said that he also checked out Amare Stoudemire and Tim Duncan. I thought it was odd that he would mention that. Maybe there is a certain glamour to this business. I asked him what led him to such a job and he said that he was a retired athletic trainer who wanted to stay busy and that this was the easiest way. Maybe it's a combination of money and the ability to say that only you and 20,000 women saw the real Wilt Chamberlain. Still, I'd have to think that the job is one of the worst on the planet, but that's just my opinion.

★一言
・whizzinatorに興味のある人、画像を見たい人はこちらの販売会社のページでご確認を。くれぐれも悪用しないように。
[ 2008/03/30 08:14 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(2)

週刊ナゲッツ・カー・マガジン(頭文字C)

Cアトキンス
ナゲッツのCアトキンスは車がめちゃくちゃ好きらしい。で、趣味が高じて、現在はメンフィスで車のカスタムショップのオーナーとして活躍している模様。

Mミラー「NBA選手がいるなんて、会社としてこれ以上の宣伝はないよね。素晴らしい仕事ぶりだ。信用しているよ。俺は今、'64 Lincolnをカスタムしてもらっているけど、どんな風になるのか楽しみだ。」

Dスタウダマイアー「顧客に親切だし、彼らの仕事ぶりは気に入っている。内装も外装もかっこよく仕上げてくれた。」

Sスウィフト「地元の人や地元出身の人相手に商売を始めていたけど、評判が広がっていった。だから彼らに仕事を頼んだんだけど、素晴らしかった。チャッキーは君のためにいい仕事をしてくれるよ。」

Miller says: "There's no better advertising for them than having NBA players. They do a great job. I trust them. Now I'm having a '64 Lincoln done and I'm excited to see what comes back."

Stoudamire says: "They cater to the customer. I really like the job they did. It's great, inside and outside. They really made it look nice."

Swift says: "They started out just by doing some local people, some of the guys from Memphis. But word got around how well they did stuff. So I let them do my car. It turned out real nice. Chucky is going to give you a real good deal and take care of you."

カーメロ・アンソニー
Cアンソニーも車のカスタムショップのオーナーらしい。キャンビーやSハンター、Kマーティン、JRスミスの車をカスタムしたことがある模様。カーメロはアトキンスと違って、出資だけしている模様。

キャンビー「3台くらいやってもらった。」

割引してもらったか聞かれて、ハンター「いや。高かったよ。」

Forward Carmelo Anthony has a majority stake in Capone Carmelo Kustomz in Lakewood. But he's not the hands-on owner. Atkins is, letting expert Vett Capone pretty much handle matters.

The shop has done work for Marcus Camby, Steven Hunter, Kenyon Martin and J.R. Smith.

Well, there's nothing basic about the price.

"Hell no," said Hunter - he had a 2006 Rolls-Royce Phantom hooked up with rims, tint and audio - when asked if Nuggets players get a discount. "They are expensive."
[ 2008/03/30 07:15 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

NBA動画(スプリー&ウェバー、ナッシュ、アーテスト新曲)

★動画など
・Sナッシュがサッカーをしたりスケートボードにのったり、テニスをしたり、いろんなことをしている動画。サッカーうめぇー。

・ウォリアーズ時代のCウェバーとLスプリーウェルが出演しているナイキのCM動画。散髪屋で、スプリーウェルがCバークリーの上からダンクを決めた時を再現している。

ダンクの真似をして、スプリーウェル「このときCバークリーはなんて言った?」
バークリーの真似をして、ウェバー「「ロールモデルなんてもの認めないが、君は俺のロールモデルだ」」

・Aボガットがフリースローを決めたのに、誰も「よくやった」というかんじで手を叩いてくれない動画。誰も叩いてくれないので、ひとりでなんかやってるのがちょっと笑える。

・Rアーテストの新曲のファイルが紹介されているページ。一曲目はMixtapeで、二曲目はオリジナルの曲、My Doe。

・レイカーズのメンバーのタトゥー紹介動画。トゥリアフの首の「家」マークは家族の意味らしい。

・ラッパーのLil Jonは、Dウィリアムズのジャージを着てジャズ戦を観戦していたらしい。生粋のホッケーファン&アトランタ・スラッシャーズファンということで有名なはずですが。で、相変わらずトレードマークである掛け声("Yeah!", "What?!", "Let's Go!", and "Okay!")を叫んでいたらしい。

Rapper Lil Jon sat courtside, wearing a Deron Williams jersey, and came out on the court and yelled a few of his trademark chants during a timeout.

・Lil Johnの公式ページを見てみた。もういかにも彼。彼丸出し。
[ 2008/03/30 06:54 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

NBA音楽会(Laker Rhapsody)

★Laker Rhapsody
ESPNの人が、Queenの''Bohemian Rhapsody''を元ネタに、パロディーを作った(動画)。 新しいレイカーズの誕生を祝った曲''Laker Rhapsody''。歌詞が怪しすぎて笑える。元ネタの歌詞を見ながら聞くと、韻とか歌詞が無駄に元ネタに忠実なので笑える。コービーがバイナムを批判したネタとか、オーナーの娘とPジャクソンの関係とか、ちゃんとネタとして使っている。「マンバ(コービーのあだ名)〜〜〜ウゥ〜ウゥ〜」のコーラスが個人的に一番好きです。



しかし、この曲の構成は怪しすぎますね。 ウィキによると

1. アカペラ
2. バラード
3. オペラ
4. ハードロック
5. バラードである2.の延長

っってなにこれ!あやしすぎる(笑)

★解読できた歌詞の一部
「ポウ(ガソル)が来た。バイバイ、みんな。過去のことは忘れてリングをとりにいくよ。」

「嘘は言わない。時々、ミッチ(カプチャック)がトレードしてくれれば、と思っていたよ。」

「俺はコービーだぞ。レブロンに投票するやつは酔っている。」

「グリズリーズのGMクリス(ウォレス)はミッチと電話で言っていた。「ガソルを出したいんだ。クワミはいらないい。PGも出したい。ドラフトの指名権がほしいんだ。ガソルを出したい。ガソルはどうだ〜(合唱)」って。」

「ラドマノビッチは3ptはうまい。3ptは。3ptは。3ptは〜(合唱)」

「ポポビッチはいつも抗議している」

「シャックは老いて、スローだ。」

最後は「悲惨なイーストでプレーしている選手なんてどうでもいい、コービーだけが僕には大事なんだ。」

★その他
この曲を作った、Dick Banksの曲のリスト。ここでMP3のファイルがゲットできます。この他の曲には、Randy Moss Song (I Didn't Hit No Woman)、The Pac Man Jones (Alledgedly) Song、Brady Brady Bradyなどアメフト系の歌が多いっすね。
[ 2008/03/30 06:24 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

ムトンボのごとく!(ものまね動画)

★ムトンボものまね
ロケッツの選手がムトンボのものまねをしている動画を発見。Aブルックスうますぎ(笑)



★恐竜ものまね
ロケッツの選手が恐竜の鳴き声をまねている動画。まねじゃないな、想像か。ムトンボ様はあいかわらず輝いておられます。


[ 2008/03/29 03:16 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

日記(土、日、月)

★土曜日
土曜日は一日中、NBAの英語記事を翻訳しました。1週間分のリキャップを一日で読むのに慣れてきました。Hoopshypeも2日分をまとめて読みました。

野球英語をさっさと訳し終えたいけど、Pの項目に80個くらい単語があるのでうんざりしてきました。訳す元気がなくなってきました。アイスホッケーのシーズンが終わる前にホッケーの単語リストを訳すつもりでした。でもこのPの項目のせいで激しくやる気がそがれています。

★日曜日
日曜日は自転車のブレーキの修理とチェーンの掃除をしました。苦戦しました。なんで自転車の説明書ってあんなにやる気がないんだ、携帯電話の説明書並みに分厚いのにしてくれたらいいのに、と思いました。

ブレーキのシューを買ったついでに、生まれて初めてサッカーくじのTOTOを買いました。自分で予想するタイプと、コンピューターに予想してもらうタイプがあるようでした。初心者なので調子にのらず、コンピューターに予想してもらうタイプのほうを買いました。銀行口座とか住所とか洗いざらい白状しないと買えないと思っていましたが、1秒で買えたので驚きました。

自分が並んでいる間、前で80代くらいの男性がtotoを買っていました。たぶん80代だと思います。あの腰の曲がり具合で、60代とは言わせねぇ。あの手の震え方で60代とは言わせねぇ。そんな男性がtotoを買っている姿を見てうれしくなりました。

並んでいる間、暇だったので、この男性、喜久雄(仮名)がなぜtotoを買うようになったのか推測していました。以下、そのとき頭の中で考えたことを書きます。

・・・ひょっとしたらこの男性の孫、隼人(仮名)は、高校時代を育英ですごし、その後プロからスカウトがかかるも大学進学を決意して上京、そしていろいろあって就職、そんな人生を送っているのかもしれない。「あの時プロの道に進んでいれば」と時々思いつつも現在は社会人として立派にやっているのかもしれない。隼人(仮名)は「育英で同期だった友達がJリーグのチームで働いててね、今はそのチームを応援しているんだ」と祖父に語ったのかもしれない。この80代の男性はそんな孫の話を聞いているうちにサッカーに興味を持ち、去年あたりからtotoを買う気になったのかもしれない・・・。

・・・もしくは喜久雄(仮名)が昔働いていた会社の元同僚で友達の邦夫(仮名、72歳)との、県立病院でたまたま一緒になったときの会話がきっかけなのかもしれない。そこの待合室で、邦夫(仮名)が「わし、囲碁の教室で子供らに囲碁を教えとるんですけどね、そこで一緒に教えてる方がね、サッカーくじにはまってるんですわ。toto言うやつでね。えぇ、スポーツ賭博ですわ、一言で言うたら。胴元?胴元は国です。国も借金かえしていかなあかんからいろいろやりよるんですね。それでね、(以下略)」という感じで話しかけてきたのがきっかけなのかもしれない・・・

・・・というようなことをレジで待ってる50秒の間に考えていました。つーか文章にしたら長っ。もはや日記じゃないよ。ジャンル変わってるよ。東京大学物語?

★月曜日
今日はハヤテのごとく働いてハヤテのごとく帰って来ました。そして昨日買ったハヤテのごとく8冊を読むことにします。ではノシ
[ 2008/03/24 10:20 ] 日記・コラム・つぶやき | TB(0) | CM(0)

週刊Dスティーブンソン通信?(レブロンとビーフ)

★発端
キャブズ戦後、ウィザーズのDスティーブンソンが「レブロンは過大評価されている」と言った。

後日
それについて、レブロン「おかしな話だ。(新参ラッパーの)Soulja Boyのコメントに答えるJay-Zの気分だ。よくわからない意見だ。」

James said: "With DeShawn Stevenson, it's kind of funny. It's almost like Jay-Z [responding to a negative comment] made by Soulja Boy. It doesn't make sense."

その後日
若造のレブロンに若造扱いされたことについて、スティーブンソン「クリーブランドとまた対戦したいな。そのときはSoulja Boyをコートサイドに呼んで、俺のジャージを着てもらうよ。向こうはJay-Zを呼んでくるだろう。・・・あと、レブロンに言っておいてくれ。そのひげをそれ、って。俺のひげの真似をするな、って。」

Remember, after Stevenson called James "overrated" folllowing a game between the teams last Thursday, James responded by saying he is above such mess because that would be like his hero, Jay-Z, lowering himself to respond to the rapper, Soulja Boy. So, in one neat quote, James dissed Stevenson and Soulja Boy. Well, Stevenson is embracing the Soulja Boy role. "I hope we play Cleveland," Stevenson said. "I'm going to get Soulja Boy courtside seats and have him wear a DeShawn Stevenson jersey. Maybe (James) can have Jay-Z there since LeBron's all on his (shorts) anyway." Stevenson wasn't done. "And tell LeBron to cut that beard off and stop copying me."
[ 2008/03/23 12:57 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

試合後のコメントいろいろ(ダンリービー、バティエなど)

この人を見よ
Sバティエがコービーへ素晴らしいディフェンスをした。それについて、マグレディー「もし彼がオールディフェンシブ・チームに選ばれなかったら抗議をするよ。ボイコットをする。俺は真剣だ。彼はリーグ最高のスコアラーに対して素晴らしい仕事をしたんだぜ。」

Houston forward Tracy McGrady was impressed by the job teammate Shane Battier did while defending Bryant. "If Shane Battier's not on the All-Defensive team, I'm protesting," McGrady said. "I'm boycotting the All-Defensive team, seriously, because this guy did a phenomenal job on the best scorer in our league."

誤植
ナゲッツが168点も取ったことについて、ケニョン・マーティン「みんな、このスコアは誤植だと思うんじゃないかな。」

Kenyon Martin couldn’t believe the box score, so he doesn’t expect anybody else to, either.

“A lot of people are going to think it’s a misprint,” Martin said.

どうしても越えられない壁
ペイサーズのMダンリービーJrは、またもやキャリアハイの36点の壁を越えれなかった。もうこれで今シーズン5回目くらい。ダンリービー「ラッキーナンバーなのかな(笑)よくわからないし、特に言うこともないよ。」

監督「36点試合を50回以上やってくれるなら何も問題はないよ。」

Mike Dunleavy doesn’t know why he keeps scoring 36 points in his best game, though he’s not complaining.

“It’s my lucky roulette number,” he joked. “I don’t know what that means, I don’t know what to say about that. It’s better than a career-high of six or something like that.”

“If he scores 36 points 50 more times in his career, that’s fine with me,” O’Brien said.

ブルズにそんな得点力が出てきたのね
ブルズは、ホーネッツ戦でせっかく大量リードしてたのに、4Qに24−4のランをくらって逆転負け。次のネッツ戦ではなんとか大量リードを守りきった。また逆転されるかと思いましたか、という質問に対して、ヒューズ「ちょっとね。」

Their 24-point cushion sliced to nine by the New Jersey Jets early in the final period Tuesday night, the Bulls responded, even if they were a little worried it was about to happen again.

“Somewhat,” Chicago guard Larry Hughes said after a 112-96 victory.
[ 2008/03/23 12:17 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

王の帰還(アイバーソン)

アイバーソンがナゲッツに来て以来、初めてフィラデルフィアで試合をした。イーストとウェストのチームの対戦は年2回しかなかったり、シーズン途中のトレードだったりで今頃になった模様。

ロッキーマウンテンの記事
記者「アイバーソンがウォームアップのためコートに来た。最初に彼は、コート上のシクサーズのロゴのSの部分にキスをした。」

シクサーズ時代について、アイバーソン「今振り返ってみると、(監督ともめたりしたが)あんなことしなきゃよかった、と思う。ひとつの町でずっとプレーを続けて多くのことを経験してきた。去りたくなかった。そこを出て行かざるをえなくなったような感じになったのは、つらいことだ。・・・醜い別れかただった、なんてみんなは言うが、離婚のときはだいたいこういう感じだ。」

シクサーズのアリーナについて、アイバーソン「アウェーのロッカールームには入りたくなかったな。・・・ボールボーイや警備員のやつらは知った顔ばかりだ。何も変わってないように見えるよ。」

When Allen Iverson stepped on the court for warm-ups, the first thing he did was kiss the "S" on the "Sixers" logo at center court.

"Looking back on it, I wish I didn't react the way I did," Iverson said of his exit. "Somebody lives their life in one place for so long, and goes through so many things there and not really wanting to leave and feel like you were forced out, it was tough for me to deal with.

"People can talk about how ugly things went toward the end, but I think when you have a marriage and you get a divorce, it's not peaches and cream in the end. You're not the same way you were when you got married. But, as time goes on, I still have kids with the organization."

Iverson had his own odd moment, being in the visiting locker room for the first time.

"That's a locker room I never wanted to end up in," said Iverson, who had wanted to play his entire career for Philadelphia.

But plenty else seemed familiar.

"Just seeing the ball boys and seeing the security, a lot of familiar faces," Iverson said. "Walking in here, it don't seem like nothing changed. . . . It even smells the same."

ロッキーマウンテンの記事
試合前について、アイバーソン「涙は出なかったけど、目頭が熱くなった。涙が出ないよう、顔をあげなくてはいけない場面もあった。泣いたらチームメイトにからかわれそうだったしな。でも今夜ホテルに戻ったらきっと出てくるだろう。」

"I didn't actually have tears in my eyes, but they were burning," Iverson said. "At one point, I was holding my head up so they couldn't fall because my teammates were telling me I was going to let it out and I didn't want them to tease me."

"But when I'm back at my hotel all by myself later tonight, they'll come out."

ESPNの記事
シクサーズ時代のプレーについて、アイバーソン「そのチャプターは終わったが、その本の最後が悲しい結末になる、ということじゃない。」

シクサーズのファンから試合前に約1分のスタンディングオベーションを受けたことについて、アイバーソン「感動的だった。ここでプレーできてよかったと思った。」

"That chapter is over, but it doesn't mean the book has to have a sad ending," Iverson said.

It wasn't sad.

Quite the contrary, it was a class act all around -- from Iverson himself, and from the Philly fans.

"It was emotional, and it made me feel like the time I spent here was worth it," Iverson said
[ 2008/03/23 12:07 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

週刊Dスティーブンソン通信?(Dグッデンとひげバトル)

発端(夏)
DグッデンとDスティーブンソンはオーランドに家があるらしく、お互いよく知っているらしい。そこで去年の夏に2人が会ったのがひげバトルのきっかけになった模様。

ひげを長く伸ばしている理由について、Dスティーブンソン「Dグッデンと賭けをしているんだ。彼のひげについてちょっと言ったら、彼が挑戦してきた。だから俺は「いいぜ」って答えた。彼が「どっちが最初にひげを剃ってしまうかな」と言ってきたんで、俺は「やろう」と言ったんだ。」

自分の外見について、スティーブンソン「映画''ティーン・ウルフ''みたいだろ。もしくはモーゼ。」

スティーブンソンについて、Cバトラー「彼はロッキーモードに入っている。ロッキーがロシア人と対戦するために特訓した場面を覚えてるか?すごいひげを生やしてさ。」

SLAMの記者はグッデンに「君はリンカーン大統領みたいだ」とメールを送ったらしい。

More importantly, uh, why the beard, DeShawn?

"I've got a bet with Drew Gooden," he said.

Yes, that's right, our very own DeShawn has made what we're calling an "undisclosed wager" with the formerly ducktailed Cavs forward Gooden, who began growing his own beard over the summer. Both guys live in Orlando, and they saw each other socially. Gooden had a beard, Stevenson made a comment, and so Gooden challenged him to grow facial hair of his own.

"So I said all right," Stevenson said. "He said 'who cuts it first,' I said let's do it," and the rest was history.

"Probably look like Teen Wolf," he said one time. "Probably Moses," he said another time. "Moses with an even cut."

Teammates came up with other metaphors.

"He's going into his Rocky mode, I guess," Caron Butler said. "Remember when Rocky was training to fight the Russian and he had the big beard and everything?"

SLAM's Lang Whitaker, of course, has already e-mailed Gooden to tell him he looks like Abraham Lincoln.

最近の両者
スティーブンソン「去年、彼はダックテイル(頭の後ろだけ髪を残す髪形)をした。で、次はひげで何か新しいことをやるつもりだ、と言ってた。・・・俺が試しに言ってみたんだ。まさかのってくるとは思わなかったけど。・・・彼のほうがひげの伸びるスピードが速い。理由はわからない。彼のは顔じゅうに生えてるよな。でも勝つぜ。」

グッデン「もうかゆいという段階を超えた。今は食の段階だ。食べ物がひげにからまるんだよ。」

Bulls forward Drew Gooden and Washington Wizards guard DeShawn Stevenson checked out each other's beards when they went to dinner Thursday. The high school friends have bet $20,000 on who will give in and shave first.

''He had the ducktail last year, he said he was going to do something new with a beard,'' Stevenson said. ''I didn't think he was going to do it, so I challenged him. His is growing faster than mine, I don't know why. His is everywhere. I've got to win.''

Gooden said he has passed the itchy/scratching stage. ''I'm in the food stage, where everything gets caught in it,'' he said.

今の目標
グッデン「俺の目標は、ハインリッヒにもひげを生やしてもらうことだ。」

Gooden has a $20,000 bet with Wizards guard DeShawn Stevenson over who will cut his beard first. Told that former college teammate Hinrich mocked its length, Gooden fired off this classic: "My goal is for him to try to grow a beard."

★一言
・最近、フル・バーズ・ナチュラルタイプのひげの持ち主がNBAに増えましたよね。レブロン、Bデイビス、アリーナス・・・この新たな風は何?

・もっと流行ってほしいな。ラシード、Bウォレス、Aジェイミソン、Vカーター、Rトゥリアフ、コービーはもっと本気出せるだろ。

9月にひげを研究したのがこんな所で役に立とうとは。
[ 2008/03/23 01:30 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

NBA(;´Д`)ハァハァ画像(レブロン、ダンカン、ロドマン)

★「私の場所」特集
創刊10周年、ということで雑誌ESPNはスター選手約10名にお気に入りの場所をインタビューした。

Gallery_lebronレブロンは学校の教室を選んだ(画像)。向こうの学校のイスは身長2メートルの人にも対応しているんすね。ちなみに今月号のESPNの表紙はレブロン(画像)。ついでにレブロンがインタビューされている動画

Gallery_duncanダンカンはホテルを選んだ(画像)。そういうのもありなんすね。ダンカン「あまりはまっていることはないんだけど、シカゴベアーズの応援と、Halo 3(ビデオゲーム)で遊ぶのが好きだ。あれは最高のゲームだ。アウェーで試合がある日はいつも持っていっているよ。」

Four Seasons Hotel; Boston
"I'm not into a lot of things. I love the Chicago Bears?and playing Halo 3; it's the best game around. I take mine everywhere I go on the road."

イチローは神戸を選んだ(画像)。イチロー「阪神大震災のあった日、僕はベッドからすぐ飛び出した。死ぬかもしれないという経験だった。恐怖、なくなられた方への気持ち、町の変わり果てた姿・・・今も忘れられません。」

Kobe Port Earthquake Memorial Park; Kobe, Japan
"I jumped out of bed when I felt the earthquake and had an experience where I felt the possibility of death. The fear, the crushed feeling form the lost lives, the cruel spectacle of what the city I knew so intimately had become?all those things I can't forget to this day.

ロドマン先生
Dロドマンは、海外旅行するたび、税関で引っかかるらしい。提出する用紙の、あの犯罪歴などをはい、いいえで答える箇所で。今回、オーストラリアの税関で引っかかったロドマン「どこに行っても、だぜ。やつらは俺がクレイジーで、行く先々でトラブルを起こすと思ってやがる。」

そのオーストラリアでの、ロドマン先生の画像。美女とたわむれておられます。

Things went from bad to worse at Sydney Airport, when the former Chicago Bulls champion rebounder was questioned by Customs staff about the truthfulness of his entry card in to the country.

A Customs officer asked Rodman's assistant whether Dennis had read the form before he filled it out, and double-checked the basketballer had not had any criminal convictions.

"That's everywhere that I go, they think that I'm just this wild, crazy nut - that I just cause trouble everywhere that I go," he explained.

★その他
・Cバトラーは自身の誕生日パーティーに有名人を大勢招いた。そのときの彼の顔の画像

・レブロンがSoulja Boyのダンスをしている動画。ダンスだけで会場を絶叫させるとは・・・さすがスター。
[ 2008/03/22 11:23 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

いろいろ(ハミルション、活躍、儀式など)

よくジャズに負けてたしね
テレビで、Cバークリー「リーグで、最高のチームはジャズだ。」

また君か
ガソルが足を痛めた原因は、ラドマノビッチの足を踏んだことらしい。ラドマノビッチ(笑)

活躍
ペイサーズのSウィリアムズはこれまで、マリファナの所持で捕まったり、自宅で殺人容疑の男が逮捕されたりと、コート外で18禁ネタを振りまいてきた。この日は久しぶりにコート上で活躍した模様。

なぜそんな重職に
いろんなチームがRカーライルを監督にすべく狙っている。しかし、今の彼はNBA監督協会のトップとしての仕事が忙しいらしい。今のところその協会は、監督経験者への年金給付額を上げるのが目標らしい。カーライル「弁護士にでもなったように思うときがあるよ。」

儀式になってんの?
マディソン・スクエア・ガーデンでは試合前に自分のチームの監督へブーイングをするのが恒例になっているらしい。

むしろそちらのほうが
ナゲッツ戦で、Rハミルトンのジャージの名前の部分が"Hamiltion"(ハミルション)になっていたらしい。

けつに何を
でん部(けつ)のあたりを強打したことについて、コービー「股関節のあたりが押し込まれた形になった。痛かったけど、しばらくすると楽になった。大丈夫だ。」

別にたいした文章じゃないけど、最初に英文を見たとき「なんでソケットにけつを入れるの?」とわけがわからなかったこの気持ちを大切に残しておくため、ブログにしたためておこう。socketには窩(関節などの骨にある丸い穴)という意味があるんすね。

“I’m good. I’m straight,” Bryant said. “I jammed my hip into the socket. It hurt for a minute and then released. I’m fine.”
[ 2008/03/22 10:39 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

週刊ホーネッツ通信(サンズ、ボンジなど)

サンズ
ソニックスのオクラホマ移転計画についての、サンズの人のコメント。

シャック「あの町には伝統がある。スペースニードル(ワシントンの名所のタワー)もあるし。水もきれいだ。・・・オクラホマシティーは学生の町だ。テレビ局にとって、市場はそんなに大きくない。・・・シアトルと言えば、G.P.(ゲイリー・ペイトン)、レインマン(ケンプ)、シクマ、レニー・ウィルキンスだ。オクラホマシティー・ソニックス?子供にそんなことを聞かれたら、俺は「そんなものはない」って言うよ。」

Gヒル「(オクラホマで試合をしたときは)最悪だったよ。寒かったし。実現してほしくないな。シアトルにはいいマーケットがある。いい町だ。資金もあるはずだ。残念な話だ。・・・今の状況は見ていられない。俺がリーグに入った時はとても活気があったのに。・・・被害者は誰かといえば、それはもちろんファンだ。」

"Seattle has tradition, the Space Needle, and there's water here," Shaq said. "Oklahoma City's a college town. You're not going to have the TV market there." He was just getting warmed up. "When I think of Seattle, I think of G.P., the Reign Man, Sikma, Lenny Wilkens," Shaq said. "The Oklahoma City Sonics? When my son asks me about that, I'll say there's no such thing." Seattle Post-Intelligencer

When you listen to Hill and Shaq, you determine that most NBA players prefer Seattle to Oklahoma City.

"That's a bad road trip," Hill said of Oklahoma City. "It's cold. This shouldn't happen. Seattle's a great market, a great city, and I would think there's a lot of money in this city. It's a shame. They had a good product."

"When I think of Seattle, it's hard to see what's going on now. When I came into the league, it was rockin'."

Hill summed it up better than anyone, saying, "The people who get shortchanged here, of course, are the fans."

ボンジ
PFのDウェストが怪我で3試合欠場の間、ボンジが活躍。PFやってるんじゃないでしょーね。

古巣ロケッツ相手に爆発したのはトレードされた恨みかと聞かれて、Bウェルズ「もう5回チームを変えてきているから、それは関係ない。・・・そういうもののために戦っているんじゃない。毎試合やる気を高めることができない選手は、このリーグにいられない。」

Wells denied the trade?which sent him and Mike James to New Orleans for Bobby Jackson?had anything to do with his effort to take over a game that was tied at 59 after three quarters.

“I’ve been on five different teams so it doesn’t really matter,” Wells said after helping New Orleans (46-21) pull even with the Los Angeles Lakers atop the Western Conference. “We’re really fighting for something here and if you can’t get motivated every night you shouldn’t be in this league.”
[ 2008/03/22 10:12 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

週刊ポポビッチ通信(私が外人フェチになった理由、シードなんていらない)

私が外人フェチになった理由
スパーズのポポビッチ監督は大勢の外人選手を起用している。その理由について、記者「セルビア系移民の孫であるポポビッチは、エアフォースアカデミーでソビエト研究を専攻した。1970年代初期に彼は軍人としてヨーロッパで過ごした。「多くの優れた選手がいることに驚いたよ。」とポポビッチは語った。Lブラウンのアシスタントとして過ごした後、1988年に監督としての道を歩み始めた。そしてドイツでの世界選手権でスカウトをするべく、フロントにかけあった。彼とドン・ネルソンだけがそこにスカウトに行ったNBAの幹部だった。彼らは(Vlade Divac, Drazen Petrovic and Toni Kukocを擁する)ユーゴスラビアのドリームチームのプレーに度肝を抜かれた。ヨーロッパのチームの、自己主張がなく、熱心で、基礎がしっかりしたところにポポビッチは感銘を受けた。彼は言った。「彼らがNBAでも通用するのは誰の目にも明らかだった。私はわくわくしたよ。」」

The grandson of Serbian immigrants, Popovich majored in Soviet studies at the Air Force Academy. He then spent the early 1970s touring Europe with the Armed Forces team. "I couldn't believe how many great players were over there," says the former guard. In 1988, after landing his first NBA coaching gig as a Spurs assistant under Larry Brown, Popovich convinced the front office to let him scout the world championships in Cologne, Germany. He and Warriors coach Don Nelson the only other league exec who showed up sat wide-eyed as they watched a Yugoslav dream team that featured Vlade Divac, Drazen Petrovic and Toni Kukoc. Popovich was taken by the Euros' low-maintenance, hardworking, fundamentally sound game. "You didn't have to be a genius to know these guys could play in the NBA," he says. "I was like a kid in a candy store."

シードなんてどうでもいい
現在、スパーズはウェストで6位。ただ、首位と2ゲーム差、8位とも約2ゲーム差、というありえなくらい均衡した状態。それについて、ポポヴィッチ監督「首位が8位になることもありえるし、8位のチームも首位のチームと同じくらい素晴らしい。大げさに言っているわけじゃない。皆横並びなので、今シーズンに限っては、プレーオフでのシードなんて意味が無い。」

Noting the balance of the Western Conference, Spurs coach Gregg Popovich said before the game: “We’re two game out of first and we’re two games out of eighth.” With the conference so close, he predicted that home-court advantage would not be as big a factor in the playoffs. “The first seed could be the eighth and the eighth seed is as good as the first and that’s no exaggeration,” he said. “None of us is better than the other. So the seeds are really irrelevant this season more than any other time.”

1. * LA Lakers --
2. * New Orleans 0.5
3. Houston 1.0
4. * Utah 3.0
5. Phoenix 1.0
6. San Antonio 2.0
7. Dallas 3.5
8. Golden State 4.5
9. Denver 6.5

★一言
・ポポビッチはセルビア系だったんすね。なるほどという感じです。だから名前の最後がビ★チなんすね(そこかよ!)

・「今シーズンのウェストに限ってはシードなんて意味ない」というなら、プレーオフのカードはファン投票できめちゃおうぜ。俺の場合、とりあえずシャックとコービーが見たいからサンズ対レイカーズは決定。去年のスポーツ界最高のカード、ウォリアーズ対マブズの再戦も決定。CポールとDウィリアムズのライバル対決も見たいからホーネッツ対ジャズも決定。最後のシーズン、ということで古巣デンバーに戻ると若返りそうなムトンボ様を見たいからナゲッツ対ロケッツも決定。スパーズは・・・今年はゆっくり休みなよ。
[ 2008/03/22 09:56 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

野球英語・・・N

もはや読み手を全く意識しない文章量&勢い&更新量。自分の世界に入ってます。土日だけで20個くらい記事をアップしたな。野球英語記事は金曜の夜から土曜日にかけて一気に5項目くらいやったな。NBA記事は普段からこつこつ集めてたのを日曜の午前に一気に訳しました。

野球英語
・NA or N.A.
National Associationの略。3つの組織をさす。
?the National Association of Base Ball Players(1857-1870)
?the National Association of Professional Base Ball Players(1871-1875)
?the National Association of Professional Baseball Leagues(1901-to-date)。現在のMinor League Baseball。

・ nail-biter
接戦。爪を噛んではらはらしながら見守る、というようなニュアンス。

・ nailed
?死球。drilled, plunkedなども同義。
?勝ち試合の最後を締める投球。
?走者をアウトにすること。例・・・"Sizemore nailed him at the plate."(Cサイズモア、彼をアウトにしました。)

・ nails
勝利を決定付けるような、素晴らしいパフォーマンスをした投手。例・・・"As the season has progressed, you can see that he looks forward to that 9th inning and he has been nails lately."(シーズンが進むにつれ、彼が9回を楽しみにしていること、そして最近のっているのがお分かりでしょう。)

・ nickel curve
スライダー。回転の輪がニッケル(5セント硬貨)サイズだから。

・ nightcap
ダブルヘッダーの2試合目。

・ Nintendo
3回の投球で三振を取ること。

・ NL or N.L.
National Leagueの略。

・ NLCS or N.L.C.S.
National League Championship Seriesの略。

・ NLDS or N.L.D.S.
National League Division Seriesの略。

・ no decision
先発投手に勝ちも負けもつかないとき、こう呼ばれる。

・ no-hitter
ノーヒット試合。迷信から、ノーヒット試合を達成しそうな投手に対して、他のチームメイトは試合中話しかけないし、ノーヒットのことを話題にもしない。実況者も、ノーヒット試合が達成されるまで試合中は話題にしない。もし試合中にこれを話題にした人はまわりから非難されることがある。

・ no man's land
?守備範囲の中で、一人の選手が届かないゾーン。守備のうまさの評価(zone rating)に使われる。またはフライが上がったときどの野手も届かないゾーン(Bermuda triangle とも言う)
?挟殺。

・ no room at the inn
満塁で、四球を出せない状況。ホテルの部屋は満室、というニュアンス。

・ no-no
ノーヒット試合や完封試合。

・ northpaw
右投手。サウスポーの逆。

・ NRI
スプリングトレーニングに召集された未登録の選手。Non-Roster Inviteeの略。若手やベテランが多い。

・ nubber
ゆるいゴロ。
[ 2008/03/16 10:57 ] MLB | TB(0) | CM(0)

野球英語・・・M

野球英語
・magic number
マジックナンバー。

・ make-up call
審判がある投球に関して誤審をしたと思った場合、そのあともう一回わざと誤審をして埋め合わせること。例えば、ある投球にストライクの判定を出したとする。しかしそれが実はボールだと審判が思った場合、そのあと、ボール球に対してあえてストライクの判定を出すとする。その2回目の判定をmake-up callという。普通、審判はこういうコールの存在を否定する。

・ make-up game
雨天順延の試合。普通、シーズン後半に行われる。両チームのプレーオフ進出に影響が出ない場合は、中止になる。

・ manufacturing runs
盗塁やヒットなどでこつこつ点を重ねること。small ballと同義。

・ masher
スラッガー。

・ matchsticks
スコアボードに1が並ぶこと。

・ meat
?新人。
?簡単に取れたアウト。三振など。
?簡単にアウトになった走者
?野手の、ボールを投げるほうの手。例・・・“Glavine started to reach for the ball with his meat hand but then thought better of it.”(Tグラビンはボールを取ろうとしたが、そうしないほうがいいと判断した)

・ meatball
ど真ん中の打ちやすい球。

・ Mendoza line
2割以下の打率のこと。通算打率.215ながら9年間守備力で生き残ったショート、Mario Mendozaから由来。

・ men in blue
審判のこと。メジャーリーグではもうあまり使われていない言葉。

・ metal bat swing
大振り。木製のバットに慣れる途中の、大学を出たての選手に対して使われる言葉。

・ middle infielders
セカンドとショートのこと。

・ middle innings
イニングの4,5,6回の総称。

・ middle of the inning
イニングの表と裏の間。攻守入れ替えの準備時間。テレビ中継だとCMがはいる時間。

・ middle reliever
ミドルイニング(4,5,6回)あたりに出てくるリリーフ投手。1、もしくは2イニング、投げることが多い。

・ miscue
エラーのこと。ビリヤードから由来。

・ miss some bats
何人かの打者を三振に取った投手に対して"miss some bats,"した、と表現する。

・ mistake
ミス。エラーとは区別される。間違った塁に投げたり、打者の得意なコースに投げてしまう、など間違った判断をさす。

・ mistake hitter
厳しいコースに来た打球はあまり打てないが、投手の失投は逃さない打者。

・ mitt
ミット。キャッチャー用、一塁手用、など。

・ money player
大事な場面に活躍できる選手。

・ Moneyball
よく誤用されている言葉。もともとはMichael Lewisが2002年に出版した本のこと。"Moneyball player"といえば、出塁率が高く、盗塁はあまりしない選手を指すことが多い。しかし、この本の主題は、効率の悪い点を発見したり、市場で過小評価されている選手を発見することによる、効率的な組織運営である。例を挙げると、いまやマネーボールチームと呼ばれる球団はディフェンスと機動力に重点を置いている。もう現在では、出塁率を過小評価するチームはない。"Moneyball"はスモールボールの反対語としても使われるケースがよくある。伝統的な価値観の人のあいだでは、この言葉を使うとあざけりの対象になる。

・ moonshot
?ホームラン。月まで飛んでいくようだ、というニュアンス。
?ドジャースがロサンゼルスに最初に移転した年、Wally Moonが打った特大のホームラン。

・ mop up
敗戦処理。

・ mound
マウンド。

・ movement
球の変化。速球、変化球に対して使う。

・ mow them down
得点を許さない投手をさすとき、"He mowed them down"などと表現する。草刈り機で干草を刈る、というニュアンス。

・ muff
エラーをすること。特に簡単そうなプレーにおいてエラーをしたときに使われる。例・・・"He muffed it. The ball went right through his legs."(エラーです。ボールは野手の股間を抜けていきました。)

・ murderer's row
?強打者ぞろいのラインナップ。殺人打線。1918年のヤンキースのラインナップを形容するために使われたのが最初。
?1927年のベーブ・ルースを軸とするヤンキースのニックネーム。

・ mustard
豪速球。投手、野手、両方に対して使われる。速い球を投げると"He puts some (extra) mustard on it,"などと表現される。リーダーズ辞書によると、目を覚ますような、とか、投球パターンに刺激をつける、などというニュアンスがある模様。
[ 2008/03/16 09:47 ] MLB | TB(0) | CM(0)

画像など(ビーズリー、ドーナツおじさんなど)

★SLAM
Beasley117今回のSLAMの表紙は3バージョン。Mビーズリー、Eゴードン、Dローズ(画像)。僕の家に届いたのはこのビーズリーバージョンだった。しかし袋に入って届いたのに、雑誌の裏表紙が少し破れてるのは・・・不思議だ。ま、それくらいどうでもいいです。届けばいいんです。

それよりそろそろSLAMの定期購読を更新しないと・・・しかしSLAMは雑誌よりネットのほうがはるかにおもしろいからな・・・更新する必要あるのか、という気が無きにしもあらず。

★ドーナツ
Da0aa87e88_dunk_03142008現在ルイズビル大学の監督で、元ケンタッキー大学のリック・ピティーノは、ダンキン・ドーナツのポスターに起用されるらしい(画像)。ダンキン・ドーナツがケンタッキーにいくつも店舗を出すつもりだから。
共演するのはケンタッキー大学時代の教え子のウォルター・マッカーティーとジャマール・マッシュバーン。この3人はダンキンドーナツに出資しているオーナーらしい。それにしても今頃このチョイスはどうなの。

★ネイト・ロビンソン
カワユスなぁ(画像)。

★ブランドン・ロイ
私服姿、子供との画像
[ 2008/03/16 04:00 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

いろいろ(俺とシャック、フィールド効果、移転OK)

シャックと俺だけかよ
オフェンスファールはよくもらうのに、フリースローはなかなかもらえないことについて、マジックのDハワード「もらうことはもらうけど、レブロンやコービー並みにもらえるようになるにはあと何年か、かかりそうだ。パトリック(ユーイング)といつも話してるんだけど、彼はいつも「ファールをもらうには常にリングに向かうのが大切だ」と言う。彼ら並にファールをもらうには毎試合全力でプレーしないといけない。・・・審判に「オフェンスファールをよくとられる選手トップ5は?」と聞いたら「シャックと君」だって。2人だぜ(笑)」

Howard might be an All-Star starter and the NBA's Slam Dunk champion, but he still is far away from getting the kind of calls superstars Kobe Bryant and LeBron James get, he said.

"I get some calls, but I guess it's still going to be a couple of years before I get those calls," Howard said. "I talk to (Magic assistant coach) Patrick (Ewing) about it all the time and he tells me that if I want to get those calls I have to attack the basket. And if I'm going to get the calls that Kobe and LeBron do, I have to play the same way every night. The refs know how those guys are going to play every night."

"Me and the ref were talking and I asked him to name the five players who he calls the most offensive fouls on," Howard said, breaking into a laugh. "He could only name two of them . . . Shaq and me.

これでいいっすか
ジャズはホームで28-3なのにアウェーで14-19。それについて聞かれて、Jスローン監督「うちが高地にあるからだろう。ユタは海抜4200フィートだからな。・・・この答えはどうだ?納得したか?したなら、これからそう言うことにしよう。」

その理屈だと、勝ってるのはチームが強いおかげじゃなくて、アリーナのおかげ、ということになるんすけど・・・。

The Jazz were 28-3 at home and just 14-19 on the road entering Tuesday’s game, and coach Jerry Sloan had an explanation for the disparity. “I think it’s the altitude,” he said. “We’re at 4,200 feet.” He laughed. “Does that sound like a good reason? If it is, I’ll use it.”

いいよ
ソニックスのオクラホマ移転計画がいよいよ現実味を帯びてきたことについて、Kデュラント「Big 12トーナメントでプレーできたのは幸運だった。多くの人が来てくれた。あれを見れば、オクラホマシティーの人がスポーツをどれだけ愛しているか、ということがわかる。プレーするにはいい町だ。・・・でもどこでプレーしようと結局、メンバーは変わらないからね。」

After a game against the NBA-leading Celtics, Seattle SuperSonics star Kevin Durant said Wednesday night that Oklahoma City could easily support pro basketball. "I was fortunate enough to play there for the Big 12 Tournament,” said Durant, the presumptive Rookie of the Year, after an 111-82 loss to Boston. "A lot of people came out, and that shows a lot; it's a sign of how much they love sports in Oklahoma City. It was a great place to be for basketball.” Oklahoman

"But wherever we do end up, we're still the same team.”
[ 2008/03/16 03:44 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

週刊ウィザーズ通信(Nヤング祭り)

ニック・ヤング祭り
ウィザーズの新人スコアラー、Nヤングが22点取った。

それについて、ヤング「Bヘイウッドにずっとpractice dunker(練習のときだけしかダンクできないやつ)とか言われていたんで、うんざりしていたんだ。・・・今日俺が活躍したのは、俺がこのチームにいるということ、そしてジャンプ力もあるということ、それを証明したかったからだ。」

NヤングはAボガットに試合中吹き飛ばされたのがきっかけで、ボガットの上からダンクをやりかえしたり、そのあと挑発するような言葉を言って初めてのテクニカルをもらった。それについて、Nヤング「彼のおかげだよ。あいつらに「(お前はがりがりだから)ウェイトルームに連れて行ってやる」とか言われた。」

Nヤングについて、Aダニエルズ「彼は生粋のスコアラーだ。いつもからかっているよ。お前リングしか見てないな、って。」

Nick Young had just that kind of night Tuesday, scoring a career-high 22 points to lead the Washington Wizards to a sorely needed 105-97 win over the Milwaukee Bucks.

“I’m tired of (teammate) Brendan Haywood calling me a practice dunker and all kinds of stuff,” said Young, who shot 9-for-15 and had pair of three-point plays in the decisive fourth quarter. “So it was my way to kind of show them that I belong here?and I can jump a little bit.”

Young even picked up his first technical foul for going at Bogut after a dunk. Young didn’t get his money’s worth?the big center knocked the rookie guard aside like a rag doll.

“He got the best of me,” Young said. “They say they’re going to put me in the weight room.”

“He’s a natural scorer,” point guard Antonio Daniels said. “We kid him about it all the time. He has blinders because all he sees is the rim.”
[ 2008/03/16 03:37 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

いろいろ(オーデン、ライリー、ウォレスなど)

だって言われたもん
NCAAのスカウトに行くことについて、ライリー監督「(オーナーの)ミッキーの要望だ。独断ではない。上司が言うことなら、私はそれをやるよ。」
"This is something that Micky wanted me to do," Riley said. "It wasn't just a popular decision on my part. I do say, if the boss asks me do something, I'll do it."

もういやだ
もうPFをやりたくなさそうなボブキャッツのGウォレス「(SFなどに)ポジションチェンジをしてくれれば脳震盪になる可能性も減る。」

SLAMの記者「とりあえずまず聞きたいんだけど、なんで彼はPFなんかしてたんだ?」

Wallace doesn’t want to play power forward anymore, and feels the position change will limit his exposure to concussions. Which sort of begs the question: Why was he playing power forward to begin with?


アトランタは現在強烈な嵐のせいで、バスケどころじゃないらしい。ホークスの会場は無事だった模様。

The same couldn’t be said for downtown Atlanta, which was hit with a severe windstorm that tore a hole in the roof of the nearby Georgia Dome but apparently missed hitting Philips Arena.

こら、ほたえたらあかん!
練習を始めたGオーデンについて、Mウェブスター「プレーしたがっているよ。おもちゃの工場に来た子供みたいだ。全然落ち着きがない。・・・今はプログラムをゆっくり正しくこなしている。大切なことだ。」

"He's so eager to play," Webster said. "He's like a little kid in a toy factory. He's antsy, fidgety. He wants to get out there and play so bad. He's taking it slow right now, taking the right measures, and that'll be vital for his comeback."

上から下まで
現在のニックスについて、レジェンドのオスカー・ロバートソン「あのチームはだめだ。上から下まで抜本的な改革が必要だ。・・・上から下、というのは文字通り、上から下までだよ。あのメンバーじゃどこが相手でも勝てない。勝つのに大切なのはディフェンスだ。あのチームはオフェンスはできる。オフェンスはもう教える必要ない。ディフェンスを教えることが必要だ。」

"Just stick a fork in them, they're done," Oscar Robertson told the Daily News when asked about the Knicks on Wednesday night at the Garden. "They need an overall transformation, from top to bottom."

Was Robertson - like so many other Garden visitors this season - calling for Thomas' head?

"When I say top to bottom, I mean top to bottom," Robertson said.

"Oh, man," he said. "You're not going to win with these guys. With what they got today, you're not going to win basketball games."

"You win with defense," Roberston said. "Sure, guys can score, you don't have to teach them how to score.

"Sometimes you have to teach them how to play defense - that's how you win basketball games."
[ 2008/03/16 03:35 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

週刊ラプターズ通信(ブリゼッチLove)

ソニックス対ラプターズ
以下、ソニックス対ラプターズ戦に行ったSLAMの記者のレポートよりおもしろかった部分抜粋。

試合前について、記者「ケヴィン(デュラント)は、「僕の人生はブログで知らせるほど華々しくないからギルバート・アリーナスのようなことはしないよ」と言った。」

記者「ニック(コリソン)と話した。話によると、日本の奇妙な番組''ニンジャ・ウォリアー''のことについて、ラング(SLAMの記者)が彼にメールを送ってきたそうだ。でも彼は何の話かさっぱりわからなかったって。」

ニンジャ・ウォリアーとは筋肉番付のこと。アメリカでやけに昔の回が放送されていて、アメリカのオタクの間でやけに人気らしい。詳しくはここで。

記者「一方、トロントサイドでは、サム・ミッチェルがヒラリーとオバマのどちらが勝つか記者と話していた。彼はとても興味があるようで、選挙に関するデータを調べ上げていた。」

記者「ラプターズでは政治の話が人気のようだ。Jカルデロンが今日行われるスペインの大きな選挙について話していた。」

記者「ここでブリゼッチが俺たちのそばを通り過ぎた。ラップを(でかい声で)歌っていたんだけど、それが“She said she wants a hood ni**a!”という内容だった。俺たち記者は当惑した。すると(GMの)コランジェロが「うちのスロベニア人ギャングが申し訳ないことをした」みたいなことを言ったんで、みんな笑った。」

記者「ところで、コランジェロは内密の話で、ということでいろいろ話してくれた。この5分間で、俺はNBAの見えない部分での力関係に関して多くのことを知った。これからの記者人生を通して知るはずだったこと、いや、それ以上のことを知った。本当に目が飛び出るような内容だった。」

記者「Pブリゼッチがシャワー室から出てきたので、音楽について少し話した。彼が好きなのはDMXとかT.I.とかの歌や、スロベニアヒップホップ(!?)だそうだ。それを聞いて試合前にテンションをあげるそうだ。スロベニアヒップホップって全然知らないんだけど、と俺が言うと「クールだ」と答えてくれた。」

記者「プリモ(ブリゼッチ)はめちゃくちゃいいやつで人当たりがいい。同じ国のラショー・ネステロビッチと同じチームなのは最高だ、と語ってくれた。」

Kevin tells me that his life isn’t glamorous enough to start a blog, and that he could never keep up with Gilbert Arenas and the like.

When I tell him that I write for SLAM, he mentions that Lang recently sent him a text message telling him about some strange Japanese gameshow called Ninja Warrior. Nick had no clue what Lang was talking about.

Over on the Toronto side, Sam Mitchell, dressed in athletic shorts and a t-shirt, is chatting up a couple of writers and discussing the battle between Hillary and Obama to win the Democratic Party’s nomination. He’s really into it, and is spouting off all kinds of stats and percentages.

Politics are a popular topic for the Raptors today, as I find Jose Calderon discussing some big election that’s taking place in Spain today.

(As Brezec passes our group, he raps (loudly), “She said she wants a hood ni**a!” We all stare at each other for a few seconds trying to decipher what just happened, leading to Colangelo apologizing for the Slovenian’s gangsta ways, and everyone doubling over in laughter.)

Colangelo, by the way, made it explicitly clear that our chat was strictly off the record. But know this: In those five minutes or so that we spoke, I learned more about the NBA and some of the juicy League wide back-office politics than I could have ever hoped to glean in a lifetime of following and covering the sport. Really eye-opening stuff.

Primoz Brezec emerges from the showers and we begin discussing music for a little bit. He tells me that he usually listens to DMX, T.I. and … Slovenian hip hop (!!!) to get himself pumped up before games. When I confess that I had no idea that such a thing as Slovenian hip hop existed, he claims that it’s actually pretty good.

Primoz, who is exceedingly nice and accommodating, says that it’s great having a fellow countryman (Rasho Nesterovic) on the team.
[ 2008/03/16 03:23 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)

リック・フォックス(俳優)

元レイカーズの選手、Rフォックスはまた映画に出るらしい。今度の作品は''Meet The Browns''(画像)。

彼の今までの出演作は“Dirt,” “One Tree Hill,” “Ugly Betty,” “Love Inc,” and Spike Lee’s film “He Got Game.”など。

ついでに、彼のインタビュー記事も見つけた。遊びで俳優をやってるのかと思ってたけど、本気だったんすね。申し訳ございませんでした。以下、その記事よりかっこいい文章。

俳優
俳優としてのキャリアを本格的に歩み始めたことについて、リック・フォックス「もう一度最初からやり直す、ということにみんなはすくんでしまうものだ。まだ新人だと、その実力はみんなが作品を見に行きたくなるというようなレベルじゃない。新人であることを受け入れ、成長しなくてはいけない。」

「俺はNBAで素晴らしいキャリアを送った。引退した今は、新しい人生を送らなければいけない。多くの選手は苦しむ。「また上を目指すための充分な時間はあるのか」「失敗したらどうするのか」「また批判に耐えたりそれを見返したりしないといけないのか、」と。俺の場合、なぜ俳優をしたいかを考えたことが大きな助けになった。出た答えは、表現者でありたい、ということだ。」

「俺はこの新しいキャリアをマラソンのようなものだと考えている。敬愛するMフリーマンやデンゼル・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソンの年齢を見て、俺は「今から20年後、俺はこのキャリアを選んだことを後悔するか」と考えた。答えは、ノーだった。」

You’re a new actor. How do you approach this new career after being a seasoned veteran ball player? Is it tough to star over?

People get paralyzed because of the fear of beginning again. You’re a rookie, so you’re not as good as you want people to see you. I say, allow yourself to be a beginner and allow yourself to grow. I had a 14 year career as a ball player ? won 3 NBA championships, made a great living. Retired at 36. Now I have to begin my career again. A lot of athletes struggle because they wonder a) do I have enough time to be great again? b) what happens if I fail? Am I willing to face the criticism and go back at it again and again and again? Truthfully, the thing that helped me was examining why I wanted to act. My answer was ? to be expressive and create a message. So I accept this as a marathon, not a sprint. And when I look at actors I respect, the Morgan Freeman’s, the Denzel’s, Samuel L. Jackson and I looked at their ages, I said ‘if I’m 36 now, twenty years from now would I be unhappy to look back and reflect on having had to begin again? The answer is no.
[ 2008/03/16 03:16 ] 07−08 NBA | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。