スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウィークリー・ウィザーズ(スワッグ)

昨日、(おそらく今年初めて)順位表を見たんですが・・・

Standing130
なんでやねん!!


・・・と言わざるをえなかったっすね・・・さすがに。

なんですか、これは。
まじでTakeover(乗っ取り、の意味。今年のアリーナスの目標。)するつもりですか。

勝因を考えてみてもひとつしか浮かばないっすね・・・それは・・・

雰囲気。ただそれだけ。


ウィザーズほどチームの雰囲気がいいところは珍しい気がします・・・

次に、''スワッグ(自信満々の様子、威勢のいいこと)''

あと、おまけとしてオフェンス力。

いい成績を残すための大切なものは多分スター選手とかじゃないっすね。

★スワッグ
''スワッグ''は自信満々の様子、威勢の良さ、という意味。
アリーナスが今月何回かブザービーターを決めたときに、「俺のスワッグはすさまじいな!」と言ったときから、この言葉がよく使われています。僕の頭では適当な日本語訳が見つけられないので、いい日本語訳があれば教えてください。

以下、スワッグの記事。

ウィザーズの選手がスワッグ・コンテストをした。
新人のAブラッチェが白いスーツを着てかなり好評だったらしい。
以下、彼を見た選手の反応。

Aダニエルズ「おいおい、すごいな!(Ohh weee, look at that!)誰も何も言えない。これこそトップレベルのスワッグだ!」
ヘイウッド「これは鰐皮か?かっこいいな。」
アリーナス「スワッグそのものだ!」

★一言
とても優勝するチームの会話に聞こえません・・・・。
スポンサーサイト
[ 2007/01/31 01:15 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(4)

いろいろ2日分(主に芸能)

★画像&動画
以下、試合中にダンクをしてテクニカルやら出場停止やら社会奉仕活動などいろいろもらったNBDLチームのマスコット''ダ・ブル''のコメント。

Image_5064390「祝うためにぶら下がったんだ。・・・ボールは見ていなかった。」
本当の名前を聞かれて「言えない。ディズニーの方針みたいなものだ。」
罰について「奉仕活動か罰金を選ぶ必要があった。僕は時間以上にお金が好きなんだ。」
「僕は他のチームに飛ばされていたかもしれないな。」

アイバーソンの奥さんが離婚専門の弁護士と会っていたらしい。Hip Hop業界の女神との不倫が原因っすかね・・・。それよりそのソースの写真に女性と写っているのはティム・レグラーじゃないすか。

・スタッツもディフェンスもすばらしかったソニックスのフランス人ルーキーのジェラバルが緊張して話している様子(MP3)。このインタビューのあと汗がびしょびしょになったことについて、ジェラバル「君たち(記者)のせいだ。」

★ウェスト
・ナゲッツのYディアワラへのインタビュー記事。彼はフランスで生まれて、16歳のときにバスケを始めたらしい。フランス人最近多いな。

・カーメロに対してすばらしいディフェンスをしたのでチームメイトに''メロ・ストッパー''と呼ばれたことについて、ジャズの新人Rブリューワー「いや、頼むからそんなことを言うのはやめてくれ。次に会ったら60点取られてしまう。」

・オールスターでの采配について冗談で、ダントーニ監督「まず、ダークとダンカンには1日2回の練習をしてもらい、本番で48分出場してもらう。彼らの出番を一番多くする。」
ライバルチームの主力を疲労させるつもりなのか・・・。

★イースト
・トレードについて、MダンリービーJr「常に移籍する必要があると思っていた。とてもほっとした。」
地元ファンにブーイングされていたかららしい。ドラフト順位高かったからですかね・・・?

・新チームについて、ウェバー「ラシードとプレーするのはとてもいい気分だ。エネルギーを与えてくれる。・・・昔のようにダンクできなくても、俺の成績は昔と同じくらいだと思う。Kマローンのようなプレーを見れたことは幸運だった。彼らは年齢を重ねるにつれ、ディフェンスするのが難しくなっていった。常に2,3歩先を読んでいるからだ。」

ラシードは当たりに強いDデイビスとJマキシールのコンビに「the Goon Squad(暴力団、警察の意味。荒々しい人のこと)」というニックネームをつけた。

・FTについて、Iトーマス監督「我々はFTを決めることができない。もし決めていれば今頃7,8勝は多く勝っているだろう。」

★芸能
・Rミラー、Cバークリー、KスミスなどTVの解説者がガーネットをいらいらさせている模様。彼のキャリアや優勝の可能性について勝手なことを言っているから。ガーネット「彼らに対して出演前に薬物テストをするべきだ。アルコールテストでもいい。彼らを飲酒検知器で調べてくれ。・・・解説する立場にある人がなんでああいうことを言うんだ?テレビに出てる人は信じられないくらい馬鹿なことを言っている。あれが俺の引退後の仕事か。」

レブロンのパーティーの席で、コメディアンのAトーマス「メディアがレブロンの高校のゲームを放送し始めたときから、俺は彼の特別な部分に気づいていたよ。・・・''あのひげの生えたやつは誰の子供だろう?あの高校は監督をプレーさせている。選手の父親がプレーしている''って。」

★一言
・去年はYahoo NBAから選手のコメントを集めてました。
・当時の記事を今よく見ると・・・実は硬派だ。
・今季はSLAMやHoopshypeから集めてますが、ブログの内容が・・・
・激写真週刊誌的に。
・まぁこういうサイトがあってもいいよね・・・。
[ 2007/01/30 11:56 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(10)

マジック(Cパーカー、フロップ)

ホークスの新人Sウィリアムズについて、彼と同じデューク大学だったJJレディック「彼は(テネシー大学のスターの)Candace Parkerと付き合っている。他のみんなは知らないと思う。」

Candace Parkerって誰?と思って調べてみたら・・・美しかった(*´ω`*)

★画像&動画
Candace_parker1・女子のNCAAトーナメント史上初めてのダンクをした選手。そのときの動画
・高校生のオールスターが出場する''McDonald's High School All-American Game''の2004年ダンクコンテストで優勝した。現在ナゲッツ所属のJRスミスなど男子勢を抑えての優勝だった。(!?)そのダンクコンテスト歴代優勝者はレブロンとかVカーターとかカーメロなど。すげーね。
・現在ラプターズ所属のアンソニー・パーカーの兄弟でもある。(ウィキより)

フロップ
NBAやFIBAがフロップ(ファールを誘う演技)にテクニカルを出すことを検討していることについて。

記者「何年か前、VディバッツやBレインビアはフロップの達人として有名で、うまくやってきた。現在ではBヘイウッド、Mジノビリ、Jコリンズ、Sバティエ、Aノシオーニが何回も使っている。マジックのBヒル監督はDハワードに対するコールが不当だとして何回か抗議している。Sオニールと同じ内容だ。彼もまたキャリアを通じてビッグマンによるフロップに悩まされ続けている。」

フロップされまくって苦しんでいるDハワード「それはいいね。多くの選手がフロップをしている。1試合で最低2回は目にするから。」

Jネルソン「俺から見れば、フロップは物乞いのようなものだ。男なら男らしくするべきだ。(フロップは)いい作戦だと思うが、本当のバスケじゃないと思う。」

★その他
・Gヒルは''Sオニールはオールスターを辞退するべき''と考えているらしい。Gヒル「彼はすばらしいシーズンを送っていないと思うけど、それでもファンは彼を見たがっている。」

・2歳のときから幼馴染のジョシュ・スミスについて、Dハワード「いつか同じチームでプレーできればなぁと思っている。でも彼が成長しているのを見るだけでも楽しい。」
[ 2007/01/30 11:12 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(0)

お祭り前2(オールスター&酔っぱらい達)

★画像(お祭り関連)
・来たぞぉ〜!!MダンリービーJr.の変な写真第2弾!!(画像)第1弾はここ
酔っ払ったり、中指を立てたり、自由自在に顔の形を変えたり・・・楽しそうだ。
ぜ、全然アスリートに見えんぞ・・・大丈夫か。
2007年エア〜ボール・アウォードの画像部門受賞者は彼で決定な。まだ1月やけど。

紹介したサイトからいっぱい変な画像が出てきた・・・
・全然力の入ってないノイツキーの写真も見つかった。
・酔っ払っているナッシュとノイツキーの画像もどうぞ。
・デイモン・ジョーンズの場合、この画像の姿がデフォルト(自然な状態)ですから。俺は驚かない。彼は中国進出しているビジネスマンであり、ゲットー・ファビュラスの帝王ですから。

★オールスター関連
・オールスターのスタメンじゃないことについて、ノイツキー「オールスターが人気コンテストだということはみんながわかっている。俺は派手じゃない。ダンクもできない。誰も15フィートのミドルシュートなんか望んでいない。そんなことはオールスターゲーム的じゃない。でも、選ばれるのは名誉なことだ。もう一度出たい。」

・シューティング・スターズにまたスパーズの人たち(Tパーカー、カー、Kウェッカー)が出るらしい。

・ニックスのEカリー「俺は資格があると思う。毎晩多くのプレーができることを見せている。多くの選手が俺をガードしたくないと思っている。どうなるかな。」

・マジックのPGのJネルソン「もしドワイトがオールスターに選ばれないなら、誰か関係者は解雇されるべきだ。」

・オールスターウィークエンドで競走があるらしい。ラプターズのSミッチェル監督が審判のDバベッタ(67歳)をコンビの相手として選んだ。対戦相手はCバークリーなど。Sミッチェル監督「もし大食いコンテストだったらチャールズを選んでいた。」

・今日、レブロンは足の怪我で試合を欠場したが、試合後テレビのショーに出るためわざわざニューヨークまで行った。元気な人や。

★一言
今年のオールスターは何個種目があるんすか。ロドマンもハーレム・グローブ・トロッターズと試合するとか言ってたよな・・・。
[ 2007/01/29 12:15 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(3)

LOL(アーバンディクショナリー)

最近アーバンディクショナリーの記事に夢中です。一般人が作る俗語辞書って感じのものです。僕の場合、ラップの歌詞を訳すときとかには欠かせないものです。ただ、ところどころ凝った毒舌になってて、それを見つけるのが楽しみです。

僕の中ではこのサイトは、僕の好きな本「悪魔の辞典」の現代版、て感じです。(悪魔の辞典てのは「風刺と機知に富む社会批評で,19世紀末アメリカのジャーナリズムで辛辣な筆を揮ったビアス(1842-1914?)の箴言警句集」です。簡単に言えば毒舌の本です。)

今日扱うのは''LOL''です。これは「大笑い」という感じの意味で、Youtubeのおもしろい動画のコメント欄によく使われています。以下、LOLの項目の要約。

★LOL
元々の意味は「大笑いする(Laughing out loud)」で、チャットなどで楽しんでいる状態を示す言葉の頭字語として使われている。

過剰に使われすぎたせいで、現在ではそれほどおもしろくないときにも使われている。実際、これを使った人はおそらくあなたの書き込みに興味を示していない。より正確に言うなら、LOLは「おもしろくない(Lack of laughter)」の頭字語である。

会話の内容にもよるが、意味はいろいろある。意味は以下のものを含むが、これ以外の場合もある。
・このチャットに役立つような価値のある意見は私にはありません。
・あなたの書いた記事なんてめんどくさくて読めない。だから、''記事にこの人は興味を持っている''とあなたが思ってくれたらなあと思って、LOLとタイプしている。
・あなたの記事にはユーモアのかけらもないが、興味のあるふりはしています。
・これは私の文によく出てくる意味のない頭字語です。くせになっているので、チャットのとき私はこの無意味な言葉''LOL''を何が何でも使わなくてはいけないのです。

★一言
まぁ、でもYoutubeで使われているのはたいてい「大笑い」の意味ですよね・・・たぶん。おもしろくなかったらスルーされるかぼろくそにかかれますからね。
[ 2007/01/28 12:10 ] 英語 | TB(0) | CM(1)

いろいろ(ジャズ、スパーズなど)

★画像
311xinlinegalleryなぜか一般教書演説にいたムトンボ「喜びでいっぱいです。大統領からこんなにすばらしいお言葉を頂くとは思っていませんでした。」

★その他
・乗馬が趣味のホーネッツのマーク・ジャクソン「馬に乗っているときの感情を説明するのは難しい。本当の喜びというか幸せというか。馬の機嫌がどうであれ、彼らといると心が安らぐ。」

・ジャズの選手に外出禁止令が出されたことについて楽しそうな Rウォレス「若いチームならではの苦悩だな。監督はコントロールしようとしてるだけだろう。俺たちが知らない何かがあったんだな。」

時々外出禁止令を出しているサンダース監督「選手は外出したくなったら外出する。もし夜の12時に部屋をチェックするなら、12時半、1時、1時半、2時もチェックしないとだめだ。」

・今のキャブズのGMのダニー・フェリーに対して、昔のGMのWエンブリー「選手と10年契約は結ぶなよ。」
彼は選手時代のダニー・フェリーと10年契約をしたことがあるから。

・元ジャズのクリス・ハンフリーという若手の選手はスローン監督に「Bowflex(トレーニング用機械)」と呼ばれていたらしい。トレーニングばっかりしているから。

・結婚式の日について、エバ・ロンゴリア「トニーはとても縁起を担ぐ人なの。彼は07年07月07日が最も縁起がいいと考えているわ。」

・コービーがウォリアーズ相手に42点取ったことについて、Dimeのライター「今夜のコービーのディナーは、ステーキとポテトとマイケル・ピートルス。サルナス(ヤシケビシャス)と哀れなウォリアーズのゾーンディフェンスがデザートだった。」

・ダレル・アームストロングについて、カーライル監督「彼は身長5-10のガーネットだ。彼は勢いを与えてくれる。彼は何度も挫折を経験した選手だ。彼はコンセコ・フィールドハウス並みの大きさの心を持っている。」

・スパーズにきたことについて、ベテランEウィリアムズ「バスケットの神が愛をくれたに違いない。これまで俺は対価を払ってきた。クレイジーなチームを経てきた。セルティックスは別だが。時間がたつと、こうやって逆の立場に来ることもある。」

・FIBAとNBAがフロップ(ファールを誘う演技をすること)に対してテクニカルを出すことを考えているらしい。意外に大事件じゃ・・・?でもどうやって見分けるんだ?また文句がいっぱいでそうっすね。
[ 2007/01/27 12:51 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(0)

ウルブズ(意味不明)

以下、監督解任について

地元ラジオの名解説者「常識的に考えて、これはこの町のスポーツの歴史上、最もひどくて痛ましく、全く何とも言えない事件だ。」

ESPNの記者「最下位を争うと思われたチームを5割の成績にした上、厳しい地区でプレーオフスポットに導いている真っ最中の監督を辞めさせるなんていう話を聞いたことがあるか?」

ドウェイン・ケイシー監督は元ソニックスのアシスタント・コーチ。
Rルイス「汚い。経験が1年半で、プレーオフに導いたことのある監督を辞めさせるなんて。裏で何かあったんだろう。周りの人とうまくいってなかったのかも知れない。」

Dケイシー監督「解任の理由を聞くと、「不安定」だからだそうだ。彼らは正しいんだろう。我々は安定していなかった。だがNBAの90%のチームも不安定だ。決断は尊重するが。」

ボブ・ヒル監督「公平かって?ノーだ。」

仮にマクヘイルもやめるとすれば、後任候補はアシスタントGMのFホイバーグらしい。ところでマクヘイルの給料ってたった100万ドルなんすね・・・幹部はそんなものなのか。監督は300万ドルなのに。
[ 2007/01/27 12:33 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(0)

スリック・ワッツ(元祖?ヘッドバンド)

もうヘッドバンドの話題は個人的にどうでもいいんですが、この記事はちょっとおもしろかった。

★スリック・ワッツとのインタビュー記事
3347759086
ヘッドバンドをしていたことで有名な昔のソニックスの選手スリック・ワッツの話の要約。

Sワッツ「俺はどこでも汗をかいていた。一生懸命プレーするから汗が時々視界をふさいだ。」

汗の問題を解決するため、大学時代にダクト・テープ(水道管の補修などに使うもの)を使ったことについて「テープをとると頭皮も取れた。あれはかなりひどかったな。」

Wチェンバレンがヘッドバンドをしているのを見て、地元のスポーツ用品店で売っている女性用のヘッドバンドを買った。以後絶好調で、監督につけるように言われた。ワッツ「つけていると、気品みたいなものがあった。あれは良いものだった。どこにいっても俺は人気者だった。」

ヘッドバンドをしてプレーしようと思っている人に一言「ヘッドバンドをするなら最高のプレーをしろ。」

★一言
ダクトテープて・・・調べてみたらガムテープのようなものらしい。ただ粘着力はかなり強力らしい。ダクトテープに関するこの記事(日本語)はめちゃくちゃおもしろい。多くのアメリカ人に莫大な信頼を寄せられているテープの模様。「万物の修繕に役立つ、魔法のテープ」て。おもしろい記事だ。よくそんなもん頭に貼りましたね・・・。
[ 2007/01/27 11:05 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(1)

お祭り前(スーパーボウル、オールスター)

★画像&動画
・カーメロのマイスペース公式HP、会員は動画や着信音がゲットできるメロモバイル。メロのマイスペースを管理しているのはカリフォルニアにいる日系の女性らしい。この記事に写真が載っている。かっこいい。

・キッドの新しいフリースローフォームの動画。今までは妻に投げキッスしてた(ソース)けど、今は離婚の手続き中のせいかキスの後、お尻に手をあてている。「ふざけるな(Kiss my ass)」という意味なのかという議論(?)が起こっている。ま、どうでもいいですが。

★オールスター関連
・オールスターのスタメンについて、アリーナス「俺の居場所が確保されるなんてすばらしい気分だ。監督投票を気にする必要がない。俺をどう使うかで悩む人もいない。これはすごいことだ。」

・デューク大学との試合を想像してみたアリーナス「俺はたぶん84,5点は取れるだろう。パスはしない。パスなんて考えない。だからNBA LiveとかNBA 2K7みたいな試合になる。たった一人だけがシュートをするんだ。」

・オールスターのスタメンを知る数秒前のVカーター「興奮する。オールスターのスターターに選ばれるのは最高の気分だ。」
彼はスタメンに選ばれなかった。

★スーパーボウル関連
・ピストンズのサンダース監督はコルツのダンジー監督と大学のルームメイトだったらしい。

・マイクロソフトと提携したことなどについて、レブロン「俺はスーパーボウル(NFLの決勝)でもやることが多い。俺の顔をいろんなところで見れると思うよ。」

・スーパーボウルについて、レブロン「良いゲームになる。時間のコントロールがシカゴのキーになる。マニングの出場時間を短くすれば、シカゴは大丈夫だ。」

応援しているダラスの監督がやめたことについて、レブロン「カウボーイファンにとってがっかりすることだ。誰かいい人が来ると良いけど。」
[ 2007/01/27 10:43 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(0)

どうもおかしい(キングス、ブレイザーズ)

★ブレイザーズ
・ブレイザーズがウルブズにOTで勝った。前、リッキー・デイビスがブレイザーズをゴキブリの群れと呼んだことに対して、ランドルフ「リッキーはしゃべりすぎた。」

あるチームの監督「ザック・ランドルフはディフェンスをしないのでオフェンスのよさを台無しにしている。本当にすごいオフェンス力なのに。もし彼が調子を整えれば一流選手になるだろう。だが彼がそんなことをしないのはリーグの誰もが知っている。」

・NBDLにトロズというチームがある。そこのマスコットが試合中に乱入してダンクをした。終盤の2点差の場面だった。しかも焦っていたのかマスコットの頭の部分も取れた。そのときの動画。タイムアウトと勘違いしたのか・・・?

とにかく、その行為のせいで相手チームにテクニカルが与えられたり、マスコットに2試合の出場停止と50時間のコミュニティー・サービスが義務付けられた。

ブレイザーズファンのブログの管理人「これがポートランドのDリーグのチームだ。」

★キングス
・オールスターについて、ケビン・マーティン「俺のスタッツはそれっぽいけど、俺にはふさわしくない。活躍のほかにチームの調子も考慮されるべきだと思う。」

SLAMのライター「キングスのメンバーの成績表(ランク付け記事)は悪い評価が多いので、俺の高校時代の成績表のように見える。」

・今のキングスのチーム状況を見て、リック・アデルマンが幹部になりたくてうずうずしているらしい。
[ 2007/01/27 10:32 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(0)

ウィークリー・ウィザーズ(小ネタ)

★サンズ戦
サンズ対ウィザーズ戦について、SLAMの記者「サンズは7人のギルバートという感じだ。オープンショットを決めているあたりがギルバートと違うところだ。多くのNBA選手がダンク後本能的に叫んでいるが、その間にサンズはボールをコート中央まで運んでいる。」

音楽について、SLAMの記者「試合を見ていて俺は、Jay-Zとウィザーズは提携しているのではないかと考え始めた。・・・NBAはヒップホップ・カルチャーを排除しようとしているのに、アリーナではいつもヒップホップの曲が流れているのはおかしいことだ。本当に商業的だ。俺としてはもう少しいいヒップホップの曲がかかっていれば嬉しいんだけど。」

じゃれあい
着替え中は写真撮影やインタビューを受けない理由について、アリーナス「俺は裸を見せる趣味はない。(nekkidnism)」

Aダニエルズ「nekkidnismなんて言葉はない。」

その後、記者とアリーナスがスペルを書きあう展開になったけど、その最中に頭のよさの話になった。
アリーナス「修士号(Master's)は取ったか?」

Aダニエルズ「なんでだよ。お前は取ったのか?」

アリーナス「ああ。俺はタイガー・ウッズ相手にプレーしたことがある。あの時、彼はマスターズ(Masters)に出てた。」

Aダニエルズ「俺もお前も同じレベルだな。」
[ 2007/01/27 01:01 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(0)

ウィアード・アル・ヤンコビック(ヨーダ)

もうちょっとでヤンコビックネタは飽きると思います。というか聞きすぎてげっぷが出そうです。今日は替え歌歌手ヤンコビックの替え歌「ヨーダ」です。The Kinksというバンドの「Lola」が元ネタです。しかし1985年にリリースされたのに全然古く見えない・・・。この歌はいつもヤンコビックのコンサートの最後に演奏されるそうです。

★基本情報
歌手・・・ Weird Al Yankovic
収録アルバム・・・Dare To Be Stupid
歌の題名・・・Yoda(動画英語歌詞ウィキペディア
元ネタ・・・動画

★「ヨーダ」の日本語訳
彼とはドゴバの沼地で出会った。
炭酸水(ソーダ)のようなものが泡だっている場所だ。
ソーダ、ソーダ。

小さい生き物が切り株の上に座っているのが見えた。
彼に名前を聞いたら、しゃがれた声で彼は言った「ヨーダ」と。
ヨーダ、ヨーダ。ヨ・ヨ・ヨ・ヨ・ヨーダ。

経験は積んできたが、こんなものは見たことがない。
人形みたいで、しわがあって、緑色だ。
ああ、ヨーダ。ヨ・ヨ・ヨ・ヨ・ヨーダ。

俺は馬鹿じゃないが、理解できない。
どうして彼は手を上に上げるだけで俺を宙に浮かせられるんだ?
ああ、ヨーダ。ヨ・ヨ・ヨ・ヨ・ヨーダ。ヨ・ヨ・ヨ・ヨ・ヨーダ。

1週間前に家を出た。
まだジェダイじゃないが、
オビ・ワンが正しい方向に導いてくれた。
彼は言った「ヨーダのところへ行け。彼がフォースの力を見せてくれるだろう」と。
俺はベン(オビ・ワン)と口論するようなタイプじゃない。
だから一からやり直すような感じだ。
ヨーダと。ヨ・ヨ・ヨ・ヨ・ヨーダ。ヨ・ヨ・ヨ・ヨ・ヨーダ。

で、俺はフォースを使って、箱を持ち上げた。
逆立ちしながら岩も持ち上げた。
俺はヨーダの言ったことを忘れない。
彼は言った「ルーク、ダークサイドに近づいてはならない。もし道を踏み外したときはフォースに従うのだ。」
ヨーダ。ヨ・ヨ・ヨ・ヨ・ヨーダ。

「私はダース・ベーダーがお前を挑発しているのを知っている。だが、覚えておけ。もしお前が彼を殺せば、そのときは破門じゃ。」
ヨーダ。ヨ・ヨ・ヨ・ヨ・ヨーダ。

俺は友達の何人かが事件に巻き込まれたのを知った。
だから俺はヨーダの元を去ることになるだろう。たぶん。
でもいつか戻ってくると思う。
俺は老いぼれるまでこの役割をこなすことになるだろう。
サインした契約書には「君は一生この映画に携わることになる」と書いてある。
ヨーダとともに。ヨーダ。ヨ・ヨ・ヨ・ヨ・ヨーダ。ヨ・ヨ・ヨ・ヨ・ヨーダ。

ヨ・ヨ・ヨ・ヨ・ヨーダ。(ひたすら繰り返し)

★一言
・この動画はやけにヨーダへの愛にあふれている気がする・・・。
・それにしてもめちゃくちゃシュールな歌ですね・・・。
ヨーダがかわいく思えた。
[ 2007/01/26 12:54 ] 英語 | TB(0) | CM(0)

いろいろ(ランキング、リンク)

★ブログランキング
・というものに参加してみた。
・でもやっぱりこっそり書いてるほうがどう見ても自分に向いてる気がする。
・そのほうが暴れやすい気が楽だ。
・たぶんランキングを気にしはじめたらだめなんですよ。
・「ランキングなんてしゃらくせぇ〜」ぐらいの心構えのほうがいいんですよ。
だから僕の場合、別に参加しなくても良かったんですよ。
・ランキングは「リンク集」として捉えておきます。
・画像にリンクを張る方法がわかったことのみが収穫でした。
・パソコンに詳しくないココログユーザーは、絶対リンクの張り方がわからんと思う。
・ココログはタグに関する説明が全然ないもの。
・CSSの勉強が少し役に立ちました。

★リンク
・去年の夏あたりからうすうす気づいてたんですが・・・
・ひょっとして自分のブログのサイドバーに載せている「リンク」ってのは・・・
・基本的に相手の承諾をとるべきなんすか・・・?
・やっぱり。
・今まで外出先から「お気に入り」代わりに使用していました。
・それくらいの認識しかありませんでした。
・どうもすみませんでした。
・もし問題があればメールでお願いします・・・すみません。
[ 2007/01/26 01:39 ] 日記・コラム・つぶやき | TB(0) | CM(0)

ナゲッツ(カーメロ以外の人、音楽など)

・カーメロが戻ってくることについて、アイバーソン「月曜日はクリスマスだ。絶対いい日になるに決まってる。」

・カーメロ復帰前日のGカール監督「オールスターまで15ゲームある。とてもいいかんじだ。みんなはかなりいいバスケットボールを見れると思うよ。」

・カーメロについて、アイバーソン「彼に多くのアドバイスをして、必要なときに助けたい。彼を助けることなら喜んでする。俺には52歳の良い助言者がいて、彼にいろいろ教わっている。普段の生活でも相談している。彼の年でスーパースターでいることは厳しいことだから、そんな相談役が必要になるだろう。」

・マクダイスの顔にボールを投げたうえ、パンチをしようとしたガーネットが1試合出場停止になった。カーメロの15試合出場停止と随分差があることについて不満な、Gカール監督「パンチをしようとすると1試合出場停止で、当たると14試合停止だ。私の計算じゃそうなる。俺は馬鹿だし、微積分のテストに受からなかった男だが。」

・カーメロの復帰日、SLAMの編集者がその日のMVPにデロン・ウィリアムズを選んだことについて、記事のコメント欄「今日のMVPはデンバーのシーズンチケットを買ったやつだろ?しっかりしてくれよ。」

ここにカーメロが普段聴く音楽のプレイリストが載っている。いまいち感心してないSLAMのライター「(Jay-Zの音楽について)あ〜・・ビール会社のCMソングじゃないか。会社用のラップだ。・・・(Jamie Foxxなどの音楽について)あまりに落ち着きすぎだ、メロ。・・・(The GameのアルバムDoctor’s Advocateの曲が多いことについて)カーメロは明らかに4,5人の曲しか聞いていない。退屈になってくる。・・・(Busta Rhymesについて)わかった。言ってしまうが、バスタライムズは俺の一番嫌いなラッパーだ。彼のベストの曲でも、最低だ。」

カーメロの曲のプレイリストを酷評するコメント欄「バスタライムズはひどい。ベストの日でも。」「全部ラップ?」
[ 2007/01/25 12:50 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(2)

ウィークリー・ウィザーズ(50点予告)

★予告
次のブレイザーズ戦について、アリーナス「一番大切なゲームは2月11日だ。一番大切じゃないが、その試合が次の50点試合になる。彼らは(その日に向かって)カウントダウンが始まっているのを知っている。俺もそうだ。・・・注目してくれ。ESPNもTNTもこのゲームを放送する必要があると思う。」

サンズ戦
いっぱい点を取られてサンズに負けた。
アリーナス「スローなチームよりこういうチームのほうが好きだ。今夜は思い切りやるチャンスだったが、彼らにやられた。・・・最初の5分は思ったように走れなかった。俺たちはいつものようにやりたい放題のプレーをしていなかった。」

活躍したアマレ・スタウダマイアー「彼らが東のサンズになりたがってる、と聞いた。サンズはひとつだけだ。それに俺たちはウェストにいるし。しばらくはこういうかんじだろう。」

USA代表に入れなかったアリーナスがサンズやブレイザーズに復讐していることについて、ダントーニ監督「彼はやる気を高めるため言っているんだろう。彼はいいやつだ。・・・全員選ぶのは無理だ。だから結局、外れた誰かが50点を取るだろう。・・・彼とデュークとの試合があるなら楽しみだ。もしあれば彼はデュークをぼろぼろにするだろうな。」

ブルズ戦
ちょっと前のブルズ戦で、アリーナスは自陣で3ptのファールをもらった。相手ゴールから79フィートも離れていた。
Sスカイルズ監督「俺は20年リーグにいて、ファールを誘うシュートのモーションを数え切れないほど見てきたが、あんなものは見たことがない。」

★一言
あまりの自信満々ぶりに、人ごとながらはらはらしてくる。
[ 2007/01/25 12:26 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(0)

もやもやしている人たち(ジャズ、マブズなど)

★ジャズ(若者)
ジャズはしばらくの間、外出禁止令をしくことになった。それについて、Jスローン監督「今まで、シーズンを通してこんなことをしたことはない。だがルールが必要だ。若い選手が多く、ポートランドでの事件もあったので、コントロールしてみようと思った。」

あとキリレンコのできにオーナーがかなり不満らしい。

マブズ(ヒート戦)
去年のファイナルについて、キューバン「結婚をするはずだった彼女に振られた気分だ。それほどむなしかった。何ヶ月かたってもみんなが聞くのはその彼女のことだ。」

スタックハウス「最悪の感情だ。何週間かたつと気分も元に戻るが、克服はできない。」

Aジョンソン監督「ファイナルのあと、みんなは泣いた。感情的になっていた。最悪だった。俺はスピーチの準備ができていなかった。」

今週のヒート戦について、ノイツキー「勝っても負けても最悪な状況だ。(シャックと監督がいないから)」

その試合前の夜10時以降、外出禁止令がしかれたことについて、マブズのジャーニーマン、アンソニー・ジョンソン「外出禁止令なんてこのリーグに来て初めてだ。」

★その他
・得意なドライブをするよりもスポットシューターになってくれと言われていることについて不満な、ロケッツの新人Vスパノーリス「医者に、弁護士になってくれというようなものだ。」

・両手の中指を観客に向けて立てたことについて、ジョシュ・スミス「らしくないことをしてしまった。」
ただ、記者はとても彼らしいと思っている模様。

・ザック・ランドルフとBロイ。彼らのうちどちらがオールスターイベントに呼ばれないことがひどいことかと聞かれて、ランドルフ「どっちも重罪だ。」

・ステレオという場所でアーテストの誕生日パーティーがあった。彼らは30本のドンペリ、クリスタル、ヘネシーをあけた。アーテストとビビーは500ドルを1ドル札に両替してもらい、フロアに撒き散らして騒動を起こした。

スコット・ポラードのモヒカンは手間がかかりすぎるので、モヒカンをやめるらしい。
[ 2007/01/25 01:13 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(0)

アメリカのNBAブログの現状(そんな大げさな内容じゃないっす)

アメリカのNBAブログの管理人たちが、それぞれのブログの現状を一言で報告している記事。以下、管理人たちの言葉を適当にピックアップ。

★イースト
・セルティックス「最も記事の多いブロガーと最悪クラスのチームが出会ったとき、何が起こるか。精神分裂病だ。」

・シクサーズ「AI時代の後は2人の選手の名前で定義されるだろう。CウェバーとGオデン(来年のドラフト1位候補)だ。」

・ピストンズ「バックアップPGがいないことに悲しみ、ピストンズ・ディフェンスの死を嘆いている毎日だ。」

・ペイサーズ「ゴールデンステートが(問題児的な)スティーブン・ジャクソン獲得に喜んでいることを少し楽しんでいる。」

・ボブキャッツ「かなり楽観的だ。ささいなことで喜んでいる。2連勝とか。あと、誇大表現を使うこととか。(''マット・キャロルはすばらしいポテンシャルを備えた良い選手だ!''など)」

★ウェスト
・クリッパーズ「マゲッティはキープする価値があると思っている数少ないブログの一つだ。」

・サンズ「応援しているチームがサンズのようなレベルでプレーしているチームだと、トレード締切日とかロッタリー・ピックを心配することがない。心配することといえば、ファンがチームの勢いに喜びすぎてふぬけてだめになることだけだ。」

・キングス「アーテストのチームは、チームを破壊するトレードをしようとしている。そんなものは見たくない。」

・ロケッツ「ヘッド(ルーサーヘッド&地区の首位、の意味)を楽しんでいるよ。」

・ホーネッツ「俺たちはハードコアなNBAファンが本当に見たいものを心得ている。チアリーダーの写真だろ。」

・スパーズ「詳細なゲームのリキャップを書いています。(最近行ってきた)ラスベガスのストリップクラブへの旅行記事の半分くらいの質で。」

・その他「ゲームはスタッツだけじゃない、それ以上のものがあるということを主張しています。特にスタッツと試合のつじつまが合わないときなど。」
[ 2007/01/24 11:18 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(0)

マニング兄弟(ペイトン、イーライ)

スーパーボウルに進んだ兄ペイトン・マニング。
期待されながらまだ発展途上の弟イーライ・マニング。
たまたま記事が集まったんで、彼らについて。

★ペイトン・マニング(スーパーボウル)
Captnad17001220437afc_championship_footb
いや〜・・・コルツがまさかスーパーボウルに行くなんて・・・。
開幕25人くらい怪我人がいたコルツが・・・。
ランディフェンスめちゃくちゃや、とか言われてたコルツが・・・。
今日の試合は感激でした。マニングおめでとう。

でも今日はあえて弟のイーライ・マニングの記事で(えぇっ?)。
コルツってスパーズみたいなチームなんじゃないすか・・・?性格的に。
あまりおもしろい記事が・・・コルツの幹部の人はおもしろいけど。

★イーライ・マニング(カラオケ)
7
ニューヨーク・ジャイアンツの正QBのイーライ・マニングがクリスマスイブの夜にカラオケをしている写真5,6枚。
以下、この写真を見たジャイアンツファンのSLAMの記者の感想。

「ここまでの彼の出来に対する強い嫌悪、失望、怒り、悲しみ、落胆、激情は以前書いた。彼に会ったことはないし、彼も私を知らない。私たちは他人同士だ。・・・同時に敵でもある。私の心の中の悪にしてみれば彼はいらいらするようなヒーローだ。」

「このクリスマスイブ、私は恥ずかしい状態で過ごしていた。(その日の昼の)彼による試合にもならない茶番のせいだ。彼のせいで、道で吐いた。夜、彼のような男を応援していた自分を情けなく思っていたころ、彼はカラオケで、GreaseとかBon JoviのLiving on a Prayerを熱唱していた。」

「別にアスリートたちが余暇をどう使おうが気にしない。彼らは人間だし、我々同様リフレッシュも必要だ。でもイーライに関しては、私は許可を出せない。これは復讐のジャーナリズム記事だ。クリスマスイブにカラオケ?フランチャイズを代表するクォーターバックのすることじゃない!!もし彼が弱ったロスリスバーガー(Toothlessberger)くらいの選手だったら、私は気にしない。ああ、イーライ、君はプロボーラーの(ヒヒヒヒヒ)トニー・ロモのハッピー・ハンド(活躍、という意味かと)のせいで、みんなが君のことを忘れていると思っているのか?それは間違いだ。私の復讐がある。」

★補足
・記者はクリスマスイブ、酔いながらイーライの試合(NO戦)を見てて、実際に吐いた。
・ロスリスバーガーは、去年優勝したチームのQB。開幕前に怪我。
・トニー・ロモは大活躍の新人。ジャイアンツのライバルチーム、ダラスのQB。
[ 2007/01/23 01:56 ] 06−07NFL | TB(0) | CM(0)

ペイサーズ(みんな不満だったんです)

アル・ハリントンの記事
カーライル監督について「俺たちは目をあわさなかったと言っていい。本当にスローなオフェンスだった。彼は何でも正確に決まったやり方でやる男だ。あのやり方は選手にとって機会をつかむことが難しい。」

トレードについて「驚いたけど嬉しかった。本当のことを言うと、夏にウォリアーズに来たかった。希望の選択肢だったし、楽しみにしていたから。今怒っているのは俺の家のことだ。家も家具も買っていい感じに整えたのに、去らなければいけないから。」

ヤシケビシャス「インディアナでの出来事は奇妙だった。バードもウォルシュも速くてフリーなスタイルにあう選手を呼んでるのに、監督は独自のスタイルでやっている。このチームは俺をPGとして獲得したのに、実際にはSGでの起用だ。で、コーナーでじっとするだけだ。誰もが、ボールを運んだりピック&ロールするのが俺のスタイルだってわかっている。でもインディアナではそんなことはなかった。」

Jオニール「アル、ジャック、サルナス。みんな好きだ。特にアル。俺は夏に彼を獲得してもらうため熱心に説得したから。それなのに3ヶ月たつと、トレードだ。個人的には傷つく。それもビジネスだけど。」

・逆転を狙ったグレンジャーの3ptがエアーボールになったことについて、Iトーマス監督「息を止めてありとあらゆる祈りの言葉をとなえた。これ以上(ウィザーズ戦みたいな)ショックな敗戦に耐えられなかったからな。」

・ウォリアーズでの最後の試合でMダンリービーが大活躍したことについて、Dネルソン監督「最初の40ゲームでそれを私にアピールしてくれていたらな、と思う。」
[ 2007/01/23 01:26 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(0)

ウルブズなど

★ウルブズの新人Rフォイのインタビュー記事
以下、彼の言葉。

「俺は断固Xbox派だ。」

「もし有名人と一日だけ立場が入れ替われるなら、絶頂期のヒュー・へフナー(Playboyの創始者)になりたい。今の彼じゃなくて。」

内臓の位置が逆の位置にあることについて「知ったのは7歳のときだ。風邪になって、病院で検査をしたら、全部が逆だったことが分かった。「どうでもいいよ」というかんじだったな。」

願い事について「アラジンのランプを手にしたら、願い事のひとつは両親を生き返らせることかな。もうひとつは貧困が世界中からなくなること。だれも金持ちとか貧乏になってほしくない。みんな平等なのがいい。もうひとつは偉大な人になること。」

タイムマシーンがつかえるなら「1960年代に行きたい。マーティン・ルーサー・キングやマルコムXと話したい。あと若い祖母、おじ、おばに会いたい。おば達はいつも正しい事をしろって俺に言うんだ。おば達が俺の年の時には何をしていたかを見たい。」

★ガーネット&マクダイス
マクダイス「誰かが背中を押したようだったので、振り返るとKGだった。彼が何か言ったので、「え?ああそう」みたいな感じで答えると、彼はボールを俺の顔に投げた。・・・俺はパンチなんかしない。時間の無駄だ。でもしたかった。俺はお金のことを考えたのかもしれないな。それか俺がいなくても勝つだろうと思ったからかな。でもむこうはKGがいなくては勝てない。その取引ならいつでも歓迎する。」

その後コートサイドのファンに「ニガー」と呼ばれたことについて、マクダイス「本当にきれた。彼のところに行ってやろうと思った。俺たちが出場停止になるのに、なぜファンは退場にならないんだ?審判も聞いているのに。でも俺はその場から離れたよ。ロン・アーテストの真似はしたくないからな。」
[ 2007/01/23 01:07 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(0)

いろいろ(コーバー、ザービアックなど)

★画像
コーバーとかザービアックとかマイク・ミラーのファンサイトってありそうでないっすね・・・。

Korver_allstar1_254_050218_1Kコーバーの写真を何枚か。

A_korver_iさわやかなコーバー

1cj02lパンツ一丁のザービアック

★動画
・ボールが変わったことについて、デロンテ・ウェストが「靴下でもやるよ」と言っている動画。でも「sock」じゃなくて「suck(最低)」と言ってる。

・デロンテ・ウェストは昔はハンガーを曲げてゴール代わりにしてたという話をしてるんですが・・・おもしろい声だ(動画)。

★ミスって消してしまった記事。
・トニー・パーカーが「エバ・ロンゴリアは普段はグラマーじゃない」と言っていた記事。
・レイカースのKブラウンが通行人の男性からケーキを奪って彼の背中に投げた記事。Rトリアフの誕生日パーティーの帰りの出来事。その通行人の男性も自分の誕生日パーティーの帰りだったのでケーキを持って歩いていた。
・Jキッドの奥さんはおせっかいすぎるのでネッツの選手に「Five-O(警察、の意味)」と呼ばれていたらしい。

★一言
・やっぱりソースがないとなぁ・・・はぁ。
・なんか記事を貼り付けようとしたらぁ・・・
・下書きの記事が全部ハイライトされた状態になっててぇ・・・
・悲惨な結果に。
・記事が消えたときはストレス発散のためにグーグルのマイページで出来るテトリスに没頭してましたが、今よくよく見るとたいしたことじゃないっすね。
[ 2007/01/23 01:03 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(0)

画面の変更について

ふぅ、僕の力じゃこれが限界ですね・・・。

えぇ、おっしゃりたいことは、ちょっとならわかっております。

とりあえず
「ちょっとまって・・・なにから言うていいのかわからんけどなぁ・・・」
「まず聞きたいのは・・・その・・・なんでアマゾンなん?」
「君ももう、いい年やないか・・・」
「どうかな、俺間違ってるかな?」
「それに・・・その・・・やるんやったらもっとちゃんとせえよ」
「CSSの編集が難しいのはわかってるよ」
「でもなぁ・・・」
てとこでしょうか・・・。

★反省点
・「寄付する」のあたりをドラッグすると小さい白い文字で「エア〜ボール、NBA選手のコメント中心で」と出てくるのが間抜けですね・・・。
・忍びのバナーの下に「まじでヘルプ」の文字が隠れたのが残念です。

★一言
・普段から変えたいなとは思ってたんですが、なかなかきっかけがなくて・・・。
・メニューボタンが一番上にある、というのが理想なんです。
・ただそうする能力がないんです。
・アマゾンにしたのはアフィリエイトに入ってるから。
・少ししたらまた変えます。
・次は雑誌のページ風です。
・相変わらず文化祭ののりです。
・意見、罵倒、感想などはコメント欄でお願いします。
[ 2007/01/21 01:49 ] 日記・コラム・つぶやき | TB(0) | CM(5)

ウィークリー・ウィザーズ(ドーナツ、シューズ)

★画像(ドーナツ)
Ph2007011100557ドーナツを使った画像。ウォリアーズ時代、彼がドーナツにベビー・パウダーをまぶして先輩に渡したことをネタにしています。

★画像(大量の誕生日パーティー画像)
・アリーナスの誕生日パーティーに関する約150枚の写真。会場であるクラブの中、外の様子など。

・選手の写真中心。

・Getty imageの写真

・アリーナスが支援しているプロゲーマー「Final Boss」のメンバーの写真。アリーナスと同じくらいの年には見えない。

★画像(ニュー・シューズ)
019177_l_1

ニックス戦のハーフタイムでアリーナスはオールスター仕様のGil Zeroにはきかえた(画像)。緑色・・・?
その新しいシューズについて、ジェイミソン「普段はくやつかな。俺たちが緑色のユニフォームを着るなら話は別だけど。・・・俺たちは青と白のユニフォームなのに、彼は緑色のシューズをはいている。なんか・・・違うよな。でもいいんじゃないかな。」

★一言
・今シーズンのアリーナスをチェックするなら、DCスポーツのブログのチェックは必須です。というか誰か訳してください。そんな気持ち。あまりに記事が多すぎます。ダンクシュート、フープ、はやく流れに乗ってくれ。アメリカのNBAブログの管理人の80%以上はギルに夢中です。どう見ても。
[ 2007/01/20 10:20 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(0)

ウィークリー・ウィザーズ(ニックス戦・・・逆転ダンク)

★画像&動画
Ph2006041601100
カロン・バトラーが勢いをもらうためアリーナスをよく触ってることについて、バトラー「別に問題とは思わないけど・・・彼がそう思ってないなら、だけど。彼は今ゾーンに入っているから。だからいつも彼を触ってるんだ。彼の勢いがほしい。俺もそういう状態になりたい。」

そんなバトラーについて、Jヘイズ「俺もギルバートに触ってるよ。彼はすごいレベルでプレーしてるから。その不思議な力がもらえるなら、俺だってするよ。」
どこを触ってるか聞かれて、ヘイズ「全部だ。・・・ああ、いや、全部じゃない。」

・バトラーのインタビューの動画。インタビュー中バトラーが噛んでいたものについて、記者「ストローだ。マクドナルドのストローだ。」

Cバトラーがストロー好きなことについては、「ストロー」でこのブログを検索してもらえれば記事が出てくると思います。

ニックス戦
カロン・バトラーが残り2秒で逆転ダンクを決めた。

ダンクについて、バトラー「ギルバートにディフェンスが集中しすぎてたのでみんながオープンになることができた。デショーンがすばらしいプレーをした。俺たちはアイコンタクトをして、彼がボールを俺に渡して、俺がダンクで思い切り決めた。」

アリーナス「相手がシュートを打たせないようにしていたのはわかっていた。そういう時はグリルを消すしかない。今夜はHibachiグリルのスイッチはついてなかった。・・・俺は試合の間、毎回ダブルチームを崩そうとするつもりはない。そんなのはばかげている。」

決勝点を取ってめちゃくちゃ機嫌がいいカロン・バトラー「俺の威勢のよさはずっと前からすごいものだった。そういう貫禄みたいなものを俺は持ってるよ。」
冗談で言っています。

Jジェフリーズについて、アリーナス「ニックスが俺にダブルチームしてくるのはわかっていた。ジャレッドが「全力で行くぞ」と言ったから。だから何が起こるかはわかっていた。・・・いいんだ、今夜は50点取るつもりはない。他のチームから取るから。」
それはポートランドかと聞かれて、アリーナス「まあね。彼らがダブルチームしないなら。」

Jジェフリーズはワシントンのファンにブーイングされ、6点に終わった。

今、アリーナスは3pt数とFT数でリーグトップ。こんな選手はリーグ史上初。
[ 2007/01/20 10:11 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(2)

ウィークリー・ウィザーズ(ジャズ戦・・・正常性バイアス)

★動画&画像
Fullgetty717969464ml012_jazz_wiz_3_59_51
動画もどうぞ。


ジャズ戦
残り4秒くらいで同点。
アリーナスは2点を狙わず、3ptを打って、決めて、勝ち。なにそれ。
昼間のゲーム&ジャズ相手なのに51点も取った。

当然のように巻き起こったMVPの合唱について、アリーナス「MVP?トロフィーなんてシーズン後の話だろ。まだ37試合目だから、どうしようもない。・・・今はスティーブ・ナッシュが一番だ。(MVPを取るには)何かドラマティックなことをしなくてはいけない。コービーが平均35点を取ったのに、彼はMVPになれなかった。ナッシュがしたことを上回るには(平均35点という記録以外の)すごいことをしなくてはいけない。」

アリーナス「俺は楽しむためにプレーしている。勝者になるためにやっている。おもしろかったところは、俺が試合前にデショーン(スティーブンソン)に「今日、俺は37点取って決勝点も決める気がするな」と言って、試合後に「言っただろ?」と言ったことだ。彼は笑って「ああ、お前があってた」と言った。」

記録について、アリーナス「(ウィザーズの)記録は全部破るつもりだ。記録が若いマイケル・ジョーダンのじゃなくてそのあとのジョーダンのものでよかったよ。もし若いジョーダンのほうの記録だったら(記録を破るのは)先の遠い話になるからな。」

決勝点の3ptについて、アリーナス「OTになろうが、シュートが入ろうが、どっちに転んでも良いという感じだった。最後の3分間の俺は絶好調だったから、2点を狙う意味はなかった。ボールを持てばシュートが入るとわかっていた。最後のシュートはいいアーチで、リムに入るのは確実だった。だから俺はプリメイドのシュートを祝い始めた。俺が(シュート後)両手を上げたのは試合がもう終わったとわかっていたからだ。」

ディフェンスをしていたDウィリアムズ「残り4秒で彼はボールを持っていたから、俺はもう少し前に行こうとした。彼が少し動いたんで俺がほんの少し後ろに下がった。すると、彼はシュートを打った。手で防ごうと思ったけど遅かった。・・・スタジアムの観客全員が彼のシュートを予測していたし、おれたちもそう思っていた。その中で彼は決めた。」

アリーナスへの守り方を聞かれて、アリーナス「ワン・オン・ワン?それはうまくいかない。たった今証明したばかりじゃないか。それはだめだ。一番いいのはダブルチームだ。」

★一言
・なぜ僕はもっと派手な記事にしなかったのか。
・少し考えてみてください。
・ブザービーター、連勝、誕生日パーティー、ブザービーター、逆転ダンク。
・こんなコンボを1ヶ月で一気にくらうと、どんなことが起こるでしょうか。
正常性バイアスならぬアリーナス性バイアスが働きます。
・言葉の意味は「異常なことが起こっても、正常の範囲内だと思ってしまうこと」です。
・災害のときに大勢の人間がいると、意外とあわてない状態、みたいなかんじです。
・その結果、「ああ、たいしたことない。いつものことだ。」という状態になります。
・まさにその状態なんです。
[ 2007/01/20 09:53 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(0)

いろいろ(変な画像、ムトンボ特集)

★画像&動画
Moスコット・ポラードのモヒカン。ブレイザーズのファンにブーイングされたり、アウェー戦のたびに彼とファンが何か言い合っている、というニュースが出る。彼はキングスに戻りたい模様。大きな画像へのリンク先はこのページの一番下。言いたいことは何個かありますね・・・まず画像が大きすぎる件、あとこれ一枚っていう件・・・。
・Sテルファーは28カラットのダイヤモンドでできた腕時計を持っている(画像)。

・旅のときなど、貴重な小物を隠すための染み付きパンツ(画像)。1500円くらい。偽のシミとはいえ豪快やなぁ・・・。

・あの〜・・・Firefoxの拡張機能のページに載ってたんですけど、「中止ボタンがしいたけに見えて困る」ってアドオンなんすか?(画像

ムトンボ
40歳という年齢がよくテレビでジョークのネタになっていることについて、ムトンボ「俺は全然気にならないけど、(そのジョークで)妻が不快になるときは困る。娘も「お父さん、何でみんなお父さんの年齢のことを言っているの?」と言う。・・・子供はまだどこからどこまでが冗談なのか判断できない。」

SLAMのライター「彼のアクセント(方言)、クッキーモンスターみたいな(低い)声、殺人的なひじの使い方、指を振ること、その他コート上でのぎこちない感じ、これらについて俺たちがまだ冗談を言うかはわからないが、(また彼に関するネタがあったら)連絡するよ。」

・あとムトンボに関するネタと言えば、ジョージタウン大学の近くの生徒の間で人気のあるバー(The Tombs)で、学生時代のムトンボが「ムトンボとセックスしたいのは誰だ?(Who wants to sex Mutombo?)」というくどき文句を使っていたらしい。証拠などはないけどムトンボがインターネットの掲示板などで話題になるときはこのネタがよく使われる。(ウィキ

・参考までに、クッキーモンスターの声(動画

・ムトンボを特集したまじめな動画。ムトンボがかっこよく見える。彼のナゲッツ時代の映像を見たことがなかったので新鮮でした。
[ 2007/01/20 01:59 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(2)

キングス(ニックス)

ニックス対キングス
ニックス対キングスの試合について、SLAMのライター「ニックス・・・こちらはアイザイアが夏に考えていたとおりのスタメンだ。ステフがPG、QリチャードソンがSG、JジェフリーズがSF、CフライがPF、EカリーがC。スタータークラスのJクロフォードとDリーがベンチにいることを考えると、かなり実力のあるトップ7だ(とくにイーストでは)」

キングスについて「俺の友達でブルックリン出身&ニュージャージーのRutgers大学出身のQドゥービーがボールを持って第2Qは始まった。・・・ドゥービー、Fガルシア、ロンロン。キングスは3人のニューヨーカーがいる。ニックスは0人だ。ちくしょう。(NY出身の)マーク・ジャクソンやロッド・ストリックランドがいた時代が懐かしくなる。」

ケビン・マーティンについて「キングスのオフェンスで、ビビーやアーテストの不調でリズムが乱れてないときは必ず、だれかがポストにいるリーフやペリメターで仕事をするマーティンにボールを渡していた。(マーティンの場合)仕事というか・・・彼がしているのは「レジー・ミラーになる」ってことだ。多くの不思議な類似点がある。変なリリース、めちゃくちゃやせていること、肌が白いこと、走ってスクリーンを使うなど。一番強調するべきなのは、大げさなフロップ(ファールをもらう演技)だ。(類似点は)本当に多い。」

MSGについて「クォーターの間に、アナウンサーがアラン・ヒューストンを迎え、場内のスクリーンに映った。多くの子供や、試合の間大声で叫んでいたファンは、細々とした声で彼を迎えた。」
[ 2007/01/20 01:25 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(2)

NBA記事の見出しの読み方(出場確率編)

この記事の結論・・・8個の単語を覚えれば、選手が出場する確率がわかる。(miss、DNP、out、doubtful、questionable、probable、day-to-day、back)

★選手の状態を表す単語
miss(欠場する)
DNP、did not play(欠場)
out(欠場)
doubtful(うたがわしい)・・・欠場の確率が高い。
questionable(不確か)・・・はっきりしない。出場するかは全くわからない。
probable(90%程度)・・・出場の確率は高い。
day-to-day(その日次第)・・・1戦1戦様子を見て使われる。
back(復帰する)・・・確実に出場する。

注意・・・backやoutの前に推量を表す単語(would、should、may、might、willなど)がついていると「復帰する見込み」、「欠場する見込み」という意味。

★例文
Does Not Play(プレーしない)
Out for Saturday's Game(土曜は欠場)
Sits Out Saturday's Game(土曜の試合は欠場)
Sitting Out Another Week(さらに1週間欠場)
Questionable for Monday Night(月曜の試合に関しては不確か)
Day-to-Day With Wrist Issue(手首の怪我によりその日しだい)

★補足
長期にわたる怪我の状態を表している例文
Still Not Practicing(まだ練習をしていない)
Practicing Without Setbacks(ぶり返し無く練習をしている)
Remains Sidelined(ベンチのまま)
Cleared To(許可が下りる)
Back With The Team(チームに合流する)
Back At Practice(練習に復帰する)
Back in Action(プレーできる状態に戻る)
Back in Starting Lineup(スタメンに復帰する)

★例文のソース
NBA.com・・・選手の怪我、状態について。画像つき。
RealGM・・・怪我、状態、契約の噂など。
YahooNBA(Rotowireと書いている記事の見出し)・・・選手の怪我、状態について。

★一言
ニュースはとりあえずNBA.comがおすすめです。顔写真つきでわかりやすいから。1日分しか載ってないのが難ですが。特定の選手の状態を調べるならYahoo NBAの選手のページにあるNews&Noteがおすすめです。画像が少なくて軽いから。(例・・・僕が気にしてるデビッド・ウェストならここ
[ 2007/01/20 01:18 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(2)

いろいろ(オールスターなど)

★動画&画像
この記事によるとベガスのClub Iceというところでオールスター・ウィークの2月の15日から18日の間、セレブのパーティーが開かれるらしい。アイバーソンとレブロンがくるらしい。そのクラブのサイト

・バックボードを壊した高校生Kevin Love。来年UCLAに行くらしい。(動画

★オールスター
レブロンはダンクコンテストに出るつもりはない模様。かわりにスキルチャレンジに出るらしい。

ドワイト・ハワードがダンクコンテストに出る確率が高い模様。ドワイトとネイト・ロビンソンという巨人対小人の対決がうりになる模様。

★その他
アメリカ代表にキッドとブーザーが呼ばれる模様。アリーナスは・・・?

・審判のジャッジについて、ロッカールームで怒りまくっているジャーメン・オニール「俺はルーキーじゃない!俺は全然触ってなかったのに。・・・時々このチームがバスケットボールのチームとして扱われてない気がする。」

・NHK-BSで放送された「NEW ORLEANS 84 ORLANDO 78 OT」の試合について、SLAMのライター「これがオーバータイムのスコアか?ホーネッツのFG%は38%でマジックはそれよりひどかった。両チームアシストよりターン・オーバーが多かった。詳しく説明する必要はない。ひどい試合だった。」

・髪を切ったことについて、ケイマン「ああ、そうだ。実は散髪に行ったんだけど、美容師が少し切りすぎて女性みたいになったんだ。俺は鏡を見て「これはひどい、切らないとだめだ」と思ったんで、残りも全部切るはめになった。だれがやったかは言わない。彼女はわかってるし、俺は責めたくないから。」

・デビッド・スターンが困ってる模様。19歳のラッパーBow Wowがアトランタ・ホークスを買いたいと言ったため。オーナー問題でもめてるチームだから売ったほうがいいんじゃ・・・?それになんか楽しそうだし。
[ 2007/01/19 02:02 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(0)

スーツ(By マーク・キューバン)

マーク・キューバンのブログ
スーツについて、マーク・キューバン「なぜ俺はこんなにスーツを嫌っているのか。別に俺は嫌ってるわけじゃない。スーツを着る正当な理由が見当たらないからだ。スーツの目的はなんだ?なぜ多くの人が仕事場でスーツを着なくてはいけないのか。現代の西欧社会では人を身なりで判断しているのか?ネクタイをつけることによって熱心さや賢さが増すのか?服飾業界やクリーニング業界による陰謀か?・・・それとも俺たちは意味のない基準だとわかっているがそこから外れるのが怖いというレミングス(地味なゲームのキャラ)なのか?」

結論「こんなことで従業員に金を使わせずに従業員の給料を上げて、毎日をカジュアルデーにしろ。」

★補足
「人を身なりで判断しているのか( Do the clothes make the man or woman in the western world today ?)」というくだりについて・・・以下、アルクのClothes do not make the man(人を見かけで判断してはいけない、の意味)の記事
[ 2007/01/19 01:32 ] 06-07NBA | TB(0) | CM(4)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。